人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 34 )

キッチンクリエイション

以前ルームメイトと2年住んでいた家のキッチンの写真。
a0142810_1004873.jpg

細長いキッチンで、壁付けで細長いテーブルが置いてあった。
ここに横に並んで食べたり飲んだり語り合ったりしたもの。

少ないスペースを有効に使うべく、こんなカゴを作って吊るしていた。
ボローニャにきて初期の作品といえばそうなる。

グラスを吊るせたのが自慢。
(バナナも。)
趣味なんじゃないかと思われるくらいグラス(だけじゃない)を割る私、
いまでも割ったグラスのステムはとっていて、
キャンドルホルダーなどにしている。

テーブルの下にはペーパータオル吊るしも。
我ながらナイスアイディア♪



こちら我が家。
打ち合せ時間が夕方だったので、そのままアペリティーヴォ。
a0142810_9583283.jpg

ともだちがパシャッとした、久々の一家の写真。
あー、でもゆずは足下だった。
by grazia_chizu | 2012-05-16 09:39

イブイブボロネーゼ

今日はヴィジリア(イブ)、いよいよナターレ前日。
ナターレのために最後のショッピングをする人たちで、
街中大混雑。

a0142810_8372787.jpg
ヴィジリアには肉は食べず
魚料理をたべる。
肉屋にもサーモンマリネなど
魚ものが並ぶしまつ。

魚屋には長蛇の列。
番号札をとったら、85人待ちだった。。


老舗のデリ&食材ショップ、Attiのウィンドーは
いつもPRのPOPが楽しい。
a0142810_836537.jpg

ボローニャのナターレに必要不可欠のトルテッリーニ。
「うちのトルテッリーニなしでは私たちとナターレはできない!」
「肉のラヴィオリ、それに私たちの芸術をつめる」

a0142810_8363522.jpg

イタリアのクリスマスケーキのスタンダードは、
ミラノ生まれのパネトーネ(右)とヴェローナ生まれのパンドーロ(左)。
上段のpanespeziale(パーネスペツィアレ)はボローニャのクリスマスケーキ。

a0142810_8371137.jpg
巨大なパネトーネ、5キロで110€!
リボンがかかった本には
「ナターレの新作
 ボローニャ流マーケティング」とある。
一体何が書いてあるんだろう・・・


a0142810_8404696.jpg
チェントロで買い物をすませたら、
いつものバー、マウリッツィオに。
最高のカプチーノと
マウリ&常連とのおしゃべりで
心もからだもあったまる。


急いで帰ってランチの準備。

今日はイワシのパッケリ(巨大なパスタ)。
a0142810_84325.jpg

これ、超簡単でとーーってもおいしい。
この料理はぜんぜんボロネーゼじゃないけど
とりあえずヴィジリアの伝統にのっとって魚料理ってことで。

夜は日本から届いたうなぎの蒲焼♪
これも魚料理だエヘン!ってことで・・・
by grazia_chizu | 2010-12-24 08:28
a0142810_1641947.jpg
無事夫婦となった
アレッシア&アンドレア、
式を挙げた教会を背に200m、
パーティー会場となるお城、
カステッロ・キオラへ。


a0142810_16432153.jpg
お城の脇のプールサイドで
アペリティーヴォ。


a0142810_16481853.jpg


a0142810_1650079.jpg


みんなと一通り乾杯する間もなく、主役の二人はプールサイドから姿を消した。
お城のあちこちで写真撮影しにいったらしい。
「衣装変えするの?」と聞くと、
「まさか!このドレスを着倒さなくちゃ。
 じゃないと、ヴェネチアのカーニヴァル以外に着ていくとこないもの!」
ごもっとも!

その後お城の中に移動すると、ホールとレストランスペースが巨大ビュッフェ会場になっていた。
a0142810_16504866.jpg
改めて乾杯をしたら、
カキの山から攻める二人。

ここ、ロレート・アプルチーノは
海から25キロほどの距離。
漁港もあるので新鮮な魚介が
このあたりのウリのよう。
ビュッフェはリッチに魚介尽くし。


アペリティーヴォとビュッフェで身も心も満たされ、
プールサイドにもどって一休み。
a0142810_1651385.jpg

さっきまで夕日に染まっていた街は、
すっかりイヴニング色に。
a0142810_16534152.jpg



お城の中からなにやら拍手が聞こえてきたので戻ってみると、
先ほどの会場の脇のレストランスペースが賑やかに。
a0142810_16565521.jpg
先ほどまでの食事は
アンティパストにすぎず、
これからディナーがはじまる
らしい。

カメリエーレに名前を告げると、
“ティファニーで朝食を“のテーブル
に案内された。


プリモは、ファロのような形をした焦がし麦のパスタに
ひよこ豆クリームとシーフード、
ハタのラヴィオリにアカザエビとフレッシュタイムの2品。
メインはソラマメのクリームを巻いたスズキ。

すでに満腹だったけど、もちろん三皿ぺろり。
ワインの産地でもあり、地元のワインのデグスタシオンも美味。
a0142810_1658597.jpg
デザートは圧巻のビュッフェ。
一口サイズのトルタやホールケーキ、
さまざまなフルーツが2会場にずらり、
さすがにリミットが近かったので、
味見程度に。


ジャズバンドがはいり、会場はスイートなダンスホールに。
a0142810_1703961.jpg

宴はまだまだ始まったばかり!

(つづく)
by grazia_chizu | 2010-07-30 16:38

ゆず

週末、あたらしい家族がやってきた。
a0142810_1656514.jpg

ボーダーコリーの女のコ、ゆず。
3日で、お座り、伏せ、待てを(ほぼ)覚えたおりこうさん。

a0142810_1793778.jpg

ご近所の友だち、ワイマラナーのアンナと。
どちらも生後2ヵ月。
いまは勝るとも劣らず一緒に遊びまくっているけれど、
ワイマラナーは大型犬なので、そのうちゆずは降参するかなー。

a0142810_17125489.jpg

アンナのママ(人間)、マヌのレストランでも遊びまくり、
最後はこの通り。
by grazia_chizu | 2010-01-11 16:21