ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

2016年 12月 24日 ( 2 )

イブ

そんなわけで急な仕事がはいってイブの夕ご飯に取り掛かったのは19時をとっくにまわてから。
なんとかタラとカルチョフィのフリット、ポレンタ、煮豆、タコサラダを作った。
a0142810_07105977.jpg
イブは魚料理と決まっているのだ。

それにカルツォラーリのパネットーネ。
a0142810_07113297.jpg
「ねずみが食べたトンネルなの」って。そう、このうち、ねずみが運動会するほどいる、のだ。田舎のねずみでかわいいもんなんだけど何でも食べられて困ったものだ。部屋のイルミネーション2本とも食べられてつかなくなったし。

それからテーブルにサンタクロース用にビスケット、ミルク、それにトナカイ用にニンジンを。
a0142810_07484028.jpg
でも意外にこのプロセスはゆまみうにはそう興味ないらしい。こういうのが楽しいんだと思うけどな〜。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-12-24 20:48 | day 2 day

いつも満開リースと

クリスマス最後のデリバリーは、イタロスエーデン人モニカから、ママ80歳の誕生日プレゼント。
a0142810_07070182.jpg
お花が大好き!というとっても明るいママに、いつもいつまでも咲いている花リースを。

これをデリバリーして14時もまわって森にやってきてホッとするもつかの間、友だちから電話が。
「いま友だちといるんだけど、友だちが今夜大事なプレゼントあげないといけないんだけど何にしたらいいか悩んでるんだ」。
…えっ今夜?!
リクエストは詩人の肖像に「わたしが持っているのはわたしが与えたもの(だけ)だ」の一文。

結局やりました。
a0142810_07120335.jpg
ガブリエレ・ダヌンツィオ。(1863-1938)
依頼主は1時間かけてディナー前に取りにきた。ごくろうさま。プレゼントはお舅へだったそう。喜んでくれたっていうから、まーよかったわ。




[PR]
by grazia_chizu | 2016-12-24 07:06 | art & design