人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年 05月 31日 ( 2 )

マルゲリータ公園で

暑い日が続いている。
週末にかけて、最高気温29度の予報がでている。

わりとしっかり歩けるようになったゆまを
できるだけ連れ出すようにしているけど、
ゆずもいると置いて行くのはかわいそうで、
(出かけ際にはとってもあわれな顔をしてこっちをじーっと見る。)
ゆずも連れて行けるところに行くことになる。

マルゲリータ公園は、池もあって動物もいるし、
子どもの遊び場も犬の遊び場もあるので
2.5キロ、運動がてらベビーカーを(文字通り)ガンガン押して出かける。

公園には休日か?というくらい人がいーっぱい。
地震で学校が休校だったり、
建物のなかにできるだけいたくない人が集まっているよう。
ビキニで日焼けする姿もたくさん。

まずは犬エリアでゆずを走らせ、

キッズエリアに。
a0142810_12394857.jpg

私のバッグを引きずりながら行ったり来たり。
(やめてくれー)
a0142810_12392941.jpg

ふたりして振り向きポーズ。
a0142810_12393977.jpg


おやつ。
a0142810_12392749.jpg


中学生たちがハンドボールしていたところ。
女の子たちがコートのボーダーをやっていた。
a0142810_12394794.jpg

なんかいい風景。
a0142810_12401177.jpg
by grazia_chizu | 2012-05-31 18:39 | day 2 day

また地震

日本でも報道されたように、29日また北イタリアで大きな地震があった。

午前9時ごろ(イタリアは日本時間−7時間)、実家とスカイプ中のことだった。
震源地は前回と同じエリアで、ボローニャから50キロほどのところ。
縦横両方に、強い揺れを感じた。
と同時にあちこちの教会の鐘が鳴り響いて、これまたドキッとした。

1時間後、買い物に出かけると、
道りには避難する学生の行列が。
また家から飛び出してきた人たちが右往左往していた。

近所のサン・フランチェスコ教会の広場には毎週火曜日、花市が立つところ、
早々片付け中。
どうやら落下物があったとかで、広場は閉鎖、警察が調査中だった。
a0142810_1332842.jpg

安全調査のため閉鎖中。
こんな表札と赤白しましまのテープが
いまもボローニャチェントロの歴史的建造物のいたるところに張ってある。

地震のあと、学校も会社も店もクローズされ、
(このあたりの学校はいまだに休校中)
大学のテストも延期になり、
多くの人が別荘やエミリアロマーニャ州外の親戚宅に避難している。
実際、街には人がいつもより少ない。
駐車場にも困らないくらい。


代々歴史的建造物の修復を生業とするパオロは、
あちこち呼ばれて見に行っているけれど、
チェントロでは大きな被害は特に見られなかったって。

2本の塔の目と鼻の先、パパガッロという有名なレストランが入っている
メルカンツィア広場のこのたてもの(写真左)。
a0142810_12214378.jpg

12世紀までに徐々に増築されたものだけど、
建物に被害はなかったそう。

ボローニャだっていままで大きな地震を経験していないわけではない。
1929年には大きめな地震があったし、それまでもあっただろう。
何百年も経った建物がちゃんと残っているところをみると、
昔の建物のほうがよっぽどちゃんと作られていたのかもと思われる。


地震を怖がっている人はかなり多い。
○日○時に大きな余震が来るとう噂が流れたりしている。
市が、そんな予報は出ていないと説明しているけど、
どうやら留守宅にどろぼうに入ろうというやつらがいるよう。
10日前の朝4時の地震のあとは、
家から飛び出して街をさまよう人が多かったけど、
車に避難して、さてどうしようとドライブにでた友人は、
(1人、2人の話ではない。)
早朝からやっているバールに人だかりができていて、
カフェにブリオッシュ、
もしくはジェラテリアでジェラートを食べる光景をあちこちで見たとか。
(もちろん本人も。)
さすがイタリア人、何はなくともとりあえずカフェ、そしてジェラートなのだ。
by grazia_chizu | 2012-05-31 01:32 | day 2 day