人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2011年 10月 24日 ( 1 )

オリーブ収穫祭

冷たい雨が降ったあとの晴れ間に、
モンテカルヴォのオリーブを例年より一足はやく収穫。
a0142810_849556.jpg

斜面にあるオリーブの木、はしごでとどかないところは木登りで。
軽々昇っているのはひろみさん。
わたしもゆまを預けて久々に木登り。
(楽しい〜♪)

まる一日の収穫は300キロ強。
a0142810_8491493.jpg

去年の数倍とか。

翌日、ボローニャから南東へ70キロほどいったラヴェンナ近くの街、
ブリジゲッラ(Brisighella) のオリーブ加工工場まで運び、しぼってもらう。

翌日、絞りたてオリーブオイルを楽しむアペリティーヴォにお邪魔。
a0142810_8531226.jpg

前日に友人が持って来てくれた作り立て水牛モッツァレラを持参。
翡翠色のオリーブオイルは、青くてピリカラで絞りたてならではの美味しさ。
モッツァレラといっしょだと辛みがマイルドになり双方の美味しさが引きたつよう。

オイルを満喫すべく、ゆで&グリル野菜にたっぷりかけていただいた。
a0142810_8531720.jpg

栗の粉&栗のつめもののラヴィオリはブリジゲッラのパン屋さんで。
これはバターであえていただいた。


こんなに強い味なのは、絞ってからせいぜい15日ほど。
そのあとも美味しいけれど、絞り立ての味わいはいまだけ。
おおいに楽しみたい。



さて、オイルを絞ってもらう間にブリジゲッラの街散歩。

「イタリアの最も美しい村(I Borghi più Belli d'Italia)」の1つに認定されているこの街、
ここで生産されるオリーブオイルは、統制原産地呼称DOPに認定されている。
a0142810_8544445.jpg

曇り空、なんてったって、寒い。
朝は3度だった。
つい先日まで半袖で過ごしていたのが遠い昔のよう。

a0142810_8541212.jpg

半円型の窓があるところは長い通路になっていて、
かつてはロバが飼われていたとか。
a0142810_9111883.jpg


見上げると、時計塔。
a0142810_9274693.jpg

坂を上ってブリジゲッラ城からみる街。
a0142810_8545213.jpg

時計塔の下がそう。
石灰質の地形はモンテカルヴォと似ている。
まわりはオリーブとぶどう畑。

ブリジゲッラはオリーブ、栗のほかにカルチョフィも産地とか。
5月にはカルチョフィ祭りもあるほど。
そういえば柿とキウイ畑もたくさんあった。
このあたり、きっとまだまだたくさん知らない美味しい街があるんだろうな。
by grazia_chizu | 2011-10-24 08:34 | buono!