人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

2011年 05月 27日 ( 1 )

ボローニャから北上すること45分、フェッラーラにある
オリヴィア&アルベルト宅へ。

おととし買った広大な敷地のこの家、
改装工事中の6ヶ月は庭にとめた
キャンプカーに寝泊まりしていたそう。
a0142810_5334582.jpg


早速おたく拝見。

入ってすぐの大ホールの左にあるキッチン。
a0142810_534327.jpg

天井のフレスコはオリジナル。
大理石のシンクに、なんといってもこの立派な火まわり。
a0142810_534574.jpg

薪のストーブもある。
いいなぁー。

家具も小物も世代をこえて受け継がれてきたものばかり。
アペリティーボのテーブルにあった楊枝入れもいいかんじ。
a0142810_5351756.jpg


足付きバスタブも金色の額も、受け継がれてきたもの。
a0142810_535079.jpg

壁の色も素敵。

いくつかあるベッドルームのなかのひとつ。
a0142810_5345113.jpg

いい夢みれそう♪ 

2Fからひろーいガーデンをのぞく。
a0142810_5353484.jpg

奥にはプールを作り中。

この家、もとの家主はサンドロ(中)。
a0142810_53525100.jpg
オリヴィアたちがこんなに素敵に手入れしたのをみて、
「友達の手にわたってよかった!いつでも来れるし。」と
大喜び。


風が若干強めだったものの、ガーデンで食事。
a0142810_535547.jpg

テントの下にはローマ近郊の工房でもとめた
大理石のテーブルや鉄のガーデンチェア。
そのこだわりぶりに拍手。
うちだったらイケアだろうなー。

今夜は料理上手のオリヴィアが魚介のトマトスープ、カチュッコをふるまう
・・予定だった。
前夜に12人分、大量に作ったものの、
なかなか冷めず、就寝前に冷蔵庫に入れ忘れて、
翌朝にはちょっと様子が変になっていたとか。
見せてもらうと表面があわあわになりつつあって、
どうやら発酵していた。
あまりにもったいないし、オリヴィアの健闘をたたえて
勇気ある(?)わたしとパオロと家主のアルベルトが毒味。

強靭な胃の持ち主のわたしたち、ではあるものの、
アルベルトの「・・やっぱりやめたほうがいい」という判断で、
さようなら。
残念!!

結局宅配ピッツァがふるまわれた。
それに、リクエストされて作ってきた和食。
新作の、イタリアにきてずーっと作ってみたかった豆腐。
a0142810_536982.jpg

オーガニック大豆と、日本から届いたにがりで作った。
軟水じゃなかったからか、イメージしていたなめらかな豆腐にはならなかったけれど
まずまずの出来。
わさび醤油で。
大量にできたおからで、これまたずっと食べたかった卯の花を。
あとはメルカートでみつけたつるむらさきのおひたしに、
しっかり味の肉じゃが。
和食に慣れている人たちではないからどうかな、と思ったけど、
意外なくらい大好評。

ピッツァと豆腐とシャンパーニュ。
たまにはこんな夜もいい。
by grazia_chizu | 2011-05-27 23:37 | amici / friends