ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

本場のナターレ (翌=Santo Stefano)

今日はサント・ステファノ、聖ステファノの日で、祝日。
イヴのヴィジリア・ディ・ナターレから、今日まで3日間、
クリスマスのお祭りは続く。

a0142810_0495474.jpg
今日はフェラーラから
親戚がやってくる日。
テーブルには、どこに誰が座るかを
ブドウのチャームに記してある。

それならと、持っていたワイヤーで
9人分名前を綴ってあげた。

これは、姪っ子ルドヴィカの席。



a0142810_0573733.jpg
13時、ゲストがそろい、
ダンテがワインを準備。
マグナムのプロセッコを開けたら、
噴出してきた!

すかさず私とサラは、
こぼれたワインを指で
耳たぶの後ろにつけながら
幸運を願った。

こぼれたワインは縁起がよいのだ!
(よくこぼすので、
 言い訳にもしている・・)



a0142810_16620.jpg
グラスにそそいだら、乾杯!


a0142810_172954.jpg

さっそくランチ開始!

マリーザのラザニアは抜群においしい!
手作りの生地には、ほうれん草が練りこんであって緑色。
a0142810_192268.jpg
a0142810_1105970.jpg

                                     小さいルドヴィカもぱくぱく食べる。

メインはローストビーフ。
a0142810_1115851.jpg

下味をつけた肉を一晩寝かせ、オーブンではなく、テラコッタの鍋で
小たまねぎ1個とオリーブオイルで弱火でくつくつ、45分ほどだろうか、
あとは余熱でじっくり。
すると、見事にピンクでやわらか~いローストビーフの完成!
a0142810_1231771.jpg

付け合せは、ズッキーニとブロッコリーをオリーブオイルでじっくり炒めたもの、
それに、ピリっと辛いマルメラータ。

実はローストビーフにそそられたことがなかった私。
でもマリーザのローストビーフに開眼!!
テラコッタの鍋とオリーブオイル&たまねぎの組み合わせ、
是非ためしてみたい。

a0142810_1274888.jpg

イヴから続くドルチェと、フルーツ&ナッツをポリポリ、
食後酒をいただき、暖炉の前でしばしマッタリ。

ついつい目の前のたべものに手が伸びてしまうのを阻止すべく、
ワイヤーとペンチをもってテーブルに。
リクエストに答え、エッフェル塔と王冠リングを作ってあげた。

a0142810_1301298.jpg

でもキッズはもうまてない!
そう、お待ちかねのクリスマスプレゼントタイム♪

a0142810_1332178.jpg
OKサインが出ると、
クリスマスツリーの下にいちもくさん。
自分の名前のプレゼントをみつけて、
早速オープン。
真剣そのもの!



バービー好きなマチルダには、バービーの着せ替え塗り絵セット。
台に、あたま、上半身、下半身と異なるファッションの凸型をセットし、
紙を載せて、上からクレヨンでこするとその絵が浮き出るようになっている。
私が子供のときもあったような・・・
a0142810_1341973.jpg

マチルダより20歳も大きいサラも、「こういうの、はまっちゃうのよねぇ」と、
はいつくばって塗り絵タイム。

小さいルドヴィカのプレゼントは、音に反応してハイハイするベビー人形。
でも逆ハイハイをしだして、「こんなの間違ってる!」と泣き出したルド。
それより”チーチーパー”となにやら低い声でうめいていることのほうがコワイ。。

にぎやかなファミリーにほっくりしながら、ババナさんとミカンくんたちを作った。
a0142810_1412553.jpg

こうして3日間のナターレは、笑顔いっぱいおなかいっぱいで過ぎていった。
[PR]
by grazia_chizu | 2009-12-26 21:45 | day 2 day