ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ミミとキッチュな昼下がり

ジャーナリストや役者やミュージシャンや教授や学生や骨董屋やエンジニアや建築家や
通りでアコーディオンをひいている人、、、
と、多種多様な人があつまる小さなバー、マウリッツィオ。

行くといつもいろんな人を紹介してくれるバーのマスター、マウリッツィオが
「これ見てごらん」と指をさしたのが、クリスマスの日めくりカレンダー。
a0142810_18544841.jpg


12月1日から25日まであって、一日ひとつ、扉をひらくと、
キリスト誕生までのストーリーが描かれている。
それに、ひとつぶのチョコレートが入っているものがあって、
子供のとき私もこれが楽しみだった。

この手作りクリスマスカレンダーを作ったのは、
子供の絵本作家&イラストレーターのミミ。
マウリにミミのことを聞いているあいだに、なんとミミが「ciao!」と登場。
なんてうれしい偶然!
a0142810_1935653.jpg

ミミといっしょにカプチーノとブリオッシュで朝食をして、
意気投合してランチの約束をしたのが先週末。


そして、きれいに晴れた昼さがり、小さな中庭があるミミの家にお邪魔した。
a0142810_18383916.jpg


子供が描いた絵や、色鉛筆、絵葉書、洗濯物を干すカラフルなコードをつかったオブジェなど、
ポップな色であふれるミミの家は、ミミの人柄をそのまま表しているよう。

a0142810_19104125.jpg
スイス人のミミ、イタリア人のパパは
スイスでパティシエをしていて、
15年前には国際お菓子大会の
審査員として日本に来日したこともあるとか。



そんなおしゃべりをしていると、ふと「あっ!」と声をあげるミミ。
a0142810_1915295.jpg


ハートのモチーフに目がないミミ、テーブルの上に偶然できたハートを発見して
とってもうれしそう。

トマトソースのパスタのあと、キッチュなトレイにのったツブツブに目をやり、
「食べてみて!」
a0142810_1920286.jpg
もちろんいただきます♪

ずっと気になっていたツブツブ、
ナッツかと思いきや、
ナポリの揚げ菓子
ストゥルッフォリ。
小麦粉の生地を揚げ、
ハチミツで合えている
スーパー高カロリーなお菓子。
カラフルな砂糖のツブツブには
フェンネルシードがまざっていて、
あまあまスースー、
ちょっとはまりそう。



バーテンのマウリから、ミミがボローニャにきた理由と
落ち込んだ時期の話を聞いたけど、
そんなことはひとつも口にしなかった。

イタリア人全般なのか、ボローニャが特別そうなのかはわからないけど、
たいてい「最近どう?」の挨拶でかえってくるのは、
トラブルや愚痴やネガティブなことがとっても多い。
けっこう残念な気持ちになる。
噂話やアンハッピーなことをシェアすることで築かれた(ように思える)友情は
ネガティブなエネルギーを強くするにすぎないと思う。

ミミのちいさな体からあふれるピュアでハッピーなエネルギーにふれたら
誰もが幸せな気分になるに違いない。
と、改めてこの出会いに感謝。

楽しいコラボレーションができるに違いない!とひとりうなずき、
午後のアポに向かった。
[PR]
by grazia_chizu | 2009-12-09 16:35 | amici / friends