人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガブリエッラの庭訪問

森の家にいくとき必ず通るGiardino del Casoncello(カゾンチェッロの庭)。
a0142810_13593551.jpeg
べべことベネデッタがガーデナー友だち経由で予約してくれたガーデンツアー。庭は春と秋の週末だけ公開、予約は1、2年待ちなんてこともあるくらい大人気。近所だけどオーナーのガブリエッラはもと舞台女優。受け継いだ荒れた土地を何年もかけて手を入れ、戦時中爆破された廃墟を直し、20年前から一般公開している。
a0142810_14032216.jpeg
道の両端ともガブリエッラの庭なので、花がたくさーん。ここを通るときはいつもわくわく。

「食べられる野草」の図鑑でしか見たことがなかったニセイラクサ(オドリコソウ)はゆまがすぐ見つけた。
a0142810_14060834.jpeg
通りに黄色く咲き誇っているこの花は、花が抜けたあとが星型でかわいい。
a0142810_14074514.jpeg
べべのサングラスもお花ばたけ。
a0142810_14092831.jpeg

「複雑なバラ」なーんて名前なの。
a0142810_14112931.jpeg
ガブリエッラに続け!
a0142810_14133452.jpeg
触って嗅いで発見がいっぱい。

庭の外からも見える「死んだ塀」というこの塀は、杭と杭のあいだに森の枝や葉っぱを積んでいって作る。目隠し、動物避け、鳥や小動物、虫などの住みかにもなる。
a0142810_14162029.jpeg
去年の雪で倒れた桜は支えられてさくらんぼもなっていた。
a0142810_14191728.jpeg
竹林。タケノコ採りにきたいな。
a0142810_14213941.jpeg
この庭は寄付やボランティアで運営されている。日本人の多大な寄付によって建物の修復もできた。日本でも講演ツアーをしたこともあって、ガブリエッラの日本への想い入れは強い。
a0142810_14243959.jpeg
山椒もあった!日本のより香りが弱いけど確かに山椒。
a0142810_14272690.jpeg
日本のメディアにも取り上げられてる。

さて2時間強のガーデンツアー。本当はおこちゃまお断りだったようでみうゆまを連れていったもんだからしょっぱなブーイングされた。午後の部だったのでみうは眠いわ暴れん坊になるのでパオロと早々に退散。
a0142810_14290188.jpeg
毎日植物や自然の図鑑を持って登園するゆまは、(大半はアンドレアに肩車されてだけど)最後まで満喫。
a0142810_14305909.jpeg
帰ったら夕日を浴びながらアペリティーボ。
a0142810_14331012.jpeg
イラクサとアカシアの花のフリット。
うちでも摘み草料理ツアーしたいな。ゆまにエキスパートになってもらわなくちゃ。

by grazia_chizu | 2016-05-22 13:57 | casa nel bosco