ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

一年の終わりとはじまり

イタリアでcapodanno (年あたま)というと、元旦ではなく大晦日。大晦日どうするの?とはナターレがおわると始まる会話。

今年はいつもの犬友と森の家でという案もあったものの、みんな予定がばらばらで、結局去年もお邪魔したボローニャの山の手のロベルタの家で新年を迎えることになった。
a0142810_04225183.jpeg
オリーブやサラミ、サーモンのアペリティーボにはじまり手作りトルテッリーニにレンズ豆煮込み、ボッリートミストのほか持ち寄り料理がずらり。
a0142810_04235583.jpeg
薪を運んだりして疲れていたゆまはドルチェの前にダウン。たっぷり昼寝したみうは踊って年越し。


ボローニャの家で迎えた元旦はベネチアのコンサート中継を見たあと即席おせちにトルテッリーニをたべてから森へ。
a0142810_04251322.jpeg
さっそく暖炉に火をいれて、ナターレにもらったコッチョで豆を炊いた。
a0142810_04350064.jpeg
後ろの壺がコッチョ。

ひよこ豆と赤いんげん。乾燥のままたっぷりの水とローリエ、ローズマリー、にんにくを入れて火のわきに。
a0142810_04371556.jpeg
かきまぜながら数時間。半日で出来上がり。炭火でじっくり煮た豆は格別。
a0142810_04311052.jpeg
あとはジャガイモのチーズがけ、焼きおにぎりなど。

ドルチェはお菓子の世界大会クープドゥモンドで優勝したボローニャのパティスリー、ジーノ・ファッブリのパネットーネ。さすがの美味しさ。パン屋のパネットーネとは別物。
a0142810_04325543.jpeg


明けましておめでとうございます。
今年もたくさんのワクワクと笑顔に出会えますように。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-01-01 04:18 | day 2 day