ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ロイアーノの休日 ストリーゴリにキノコに

イタリア統合記念日の明日にかけて平日の今日も連休にしているところが多い。ゆまみうの園もそう。この連休に山の家にいっている山ご近所はるかちゃんたちのところにお邪魔。
a0142810_1739529.jpg

この間一緒につくったオルティーカ(西洋イラクサ)のパスタソースが語り継がれるほど美味しかったそうで、同じく摘み草料理でストリーゴリのパスタソースを作ってくれた。
a0142810_1739773.jpg

ほんとに雑草みたいだけどロマーニャやヴェネトのほうでよく食べられる。ロマニョーラのヴェロニカがストリーゴリとトマトのパスタソースを作ってくれたっけ。にがみがあってねっとりして美味しい。うちの森にもあるかしら。でも茎から葉っぱだけ取らないといけない。オルティーカみたいに(上のほう、柔らかそうな)茎ごとざくざく切って使えなそうなのでちょっと面倒。
a0142810_01280229.jpg
こんなふっくらしたかわいい花が咲くの。花が咲かないと見分けにくい。

サルシッチャとビーフの串焼きグリル。と、家主で敏腕車整備士のフランコ。
a0142810_1739956.jpg

今年はじめての野外グリリアータ(BBQ)。夏のはじまりだ。

ご近所の画家で料理人マルコは名キノコハンター。ちょっと散歩にでて出始めのガッレット(アンズ茸)やちびポルチーニを取ってきた。このあたりは栗林で美味しいキノコのメッカなのだ。
a0142810_17391023.jpg

何十年もの経験でこのあたりの森はどこに何が生えるか知り尽くしている名人。はるちゃんたちもキノコ狩りするけど、キノコハンター同士キノコスポットは絶対ひみつ。マルコは森で会うと、この巨体にして一瞬で姿を消してしまうそう。キノコ辞典がクリスマスプレゼントだったゆま、マルコにせがんで数分キノコ狩りにいっただけでガッレットをにぎりしめてにこにこ帰ってきた。マルコのライバルはるちゃんのお舅さんは「またうちの森のキノコを!」とぶつぶつ。
a0142810_17391168.jpg

これはルッソラ(ベニ茸)。食べられないこともないけどってキノコ。にょきにょき生えててかわいい。掃除したうちの森にも今年は何か生えてくれるといいなぁ。
a0142810_17391326.jpg

マルコのお友達が監修したここロイアーノの伝統料理本「思い出のかおり」。ルイーザのところで飲んだVOVのレシピもあった。
a0142810_17391445.jpg

うちのキッチンにも一冊欲しい。
a0142810_17391741.jpg
森の恵み、小さな幸せがいっぱい。

[PR]
by grazia_chizu | 2015-06-01 20:42 | buono!