ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Casa Orni ~ オルニの家で

オルニことオルネッラから、シチリアはモディカのレジデンス
Casa Orni (オルニの家)に作品をオーダーされたのは
みう出産直前のこと。
a0142810_95693.jpg


ベッドのヘッドボード
a0142810_10485575.jpg


テラスから見えるドゥオーモと、B&Bロゴ入りのキーホルダー
a0142810_1075224.jpg


6月25日にフォトグラファーを連れてモディカに飛んで
ウェブサイト用に撮影をするというので大急ぎで作って、
仕上がったのは6月22日、陣痛がはじまる30分前。

いよいよ病院に向かうとき、深夜だったけど
「作品はできたからいつでも取りにきてね、ではいってきます」と
道中SMSを送った。

そしてその2時間半後、みうはするりと産まれ、
朝には出産報告をした。

というわけで、私にもオルニにとっても、なんだか記念すべき作品になった。

そのオルニのボローニャの家に招待された。
今夜はオルニ&チェーザレ夫婦、マルコ&アナクリ夫婦、
フォトグラファーカップル、とわたしたちの4組。

そこはひろーい庭のなかにたつ、立派なヴィラだった。
a0142810_9541334.jpg

ピンクペッパーの席は女性、
ペペロンチーニの席は男性。
素敵なアイディア。

テーブル中央のクスノキの枝は
「暗い庭から手探りで折って来た」って。笑

シチリアらしく、ボッタルガとピスタッキオのパスタ
a0142810_9542360.jpg


ブランジーノ(ヨーロピアンシーバス、スズキっぽい魚)のオーブン焼き、
オレンジと赤玉ねぎのサラダ、
巻き寿司は持って行った。
a0142810_9535731.jpg

ミラノにデリバリーして帰って来たのはもう真っ暗になってから。
圧力鍋でお米をたいて、その間に卵焼きを焼いたりほうれん草ゆでたり
にんじんマリネしたりアボカド切ったりして、
40分でむりやり作った。なんとかできるもんだ。。
日本のお米じゃなかったので固めだったけど、みんな喜んでくれた。

オルニを紹介してくれたのは、農場B&Bをしているご近所のマルコ。
長男同士が同じ中学校に通っていて、友達になったそう。
a0142810_954449.jpg

右はマルコとオルニのサイト用に写真を撮った
フォトグラファーのロバート
(マルコのB&Bサイトはこちら
リニューアルしてさらに素敵に!
私の作品もあちこちに。)

オルニは長男Pgとロバートの間、鏡のむこう
とってもセンス良く撮ってくれた。
a0142810_1061388.jpg

トップの写真とヘッドボードの写真もロバート撮影。

クロアチア出身の彼、
来月にはパートナーのシモネッタと
オーストラリアに1年移住するそう。

そのシモネッタは、私も仲良しのベベことベネデッタの幼なじみだって!
世の中狭いわ〜。
a0142810_954182.jpg


シモネッタお手製ティラミスはパリパリのチョコが入ってとっても美味。
a0142810_954690.jpg


たくさん笑った夜だった。

作品を通してすてきな友達の輪が広がって
私は幸せもんです。
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-01 23:52 | amici / friends