人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マリーナに会いに、パドヴァへ

パドヴァの建築家、マリーナとは、以前建築業界雑誌に特集をしてもらって以来
連絡を取り合っている仲。

とっても優しい彼女の愛情は、いつもその丁寧なメールに
微笑んでしまうほど感じられる。

ボローニャに来るたびにお土産を持って立ち寄ってくれる彼女は、
いつもパドヴァに誘ってくれていた。
今日はパドヴァの先、ヴェネチア(のさらに先)に用事ができ、
この機会にお邪魔することになった。


バラの咲く中庭を通って階段をあがった1階にある彼女の家は、
こじんまりしているものの、細部にこだわりが見られる素敵なおうち。

入り口をはいってすぐ、廊下には几帳面に雑誌やCDの収納が。
a0142810_3192467.jpg

見るもの見るもの指差しまくるゆま。

L字型になっていて、奥はオフィススペース。
a0142810_3181796.jpg


a0142810_3191956.jpg

丁寧で愛情深くてチャーミングな人柄が見て取れる。
a0142810_3191534.jpg


a0142810_3191353.jpg

真似したいアイディアがたくさん。
a0142810_3194187.jpg



そしてあちこちに私の作品が。
a0142810_9495891.jpg

ボローニャに来るたびに持って帰ってくれているのだ。
a0142810_319950.jpg


a0142810_3193638.jpg


新作の魚は今日の記念にプレゼント。
a0142810_3195455.jpg


上の階に住む仲良しのパパも一緒にテーブルにつく。
a0142810_1002538.jpg


「料理は得意ではないんだけど、パパに手伝ってもらって作ったの」
a0142810_3173035.jpg

ナスのラザニアにビーフソテー、付け合わせのポテトも
2人の合作と思うと格別に美味しい。
a0142810_318732.jpg


そして私がパドヴァで是非食べたかった、Pasticceria Graziatiのミルフィーユ。
a0142810_318985.jpg

オーダーがはいってからクリームとパイ生地をあわせて組み立てるという
ここのミルフィーユは噂通りの美味しさ。
パパいわく、「パドヴァにいきてここのドルチェを食べなければもぐり」らしい。
今度はお店でいただきたい。

食後はのんびり、テラスでおしゃべり。
a0142810_3181938.jpg

アプリコットとビワの木をながめながら、
そしてはだしで探検するコミカルなゆまに目をほそめながら。

パドヴァまでひたすら北に120キロ。1時間ほどのドライブで到着。
ボローニャより小さいけれど見所たくさんの街、
今度はマリーナとチェントロ散策&おしゃべりしに、
またゆっくり訪れたい。


マリーナが記者をする雑誌
>> Acciaio Arte Architettura

パドヴァ―二(パドヴァ人)おすすめのパティスリー
>> Pasticceria Graziati
Piazza Della Frutta, 40
by grazia_chizu | 2012-07-14 18:17 | amici / friends