人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ナターレ 2011 in カンパーニャ 2

日本の大晦日〜元旦よろしく日付がかわってから寝たゆま。
いつもよりは寝坊して、元気にお目覚め。
a0142810_1101146.jpg

「おはよううさぎさん♪」

きのうの夜バッボナターレに会えなかったけど
ゆまにもプレゼントをいただいた。
このセーターもそう。

今日は昼から宴会。
なので午前中ごなしにお散歩に。

街角にはおおきな薪のあとが。
a0142810_243283.jpg

きのうは切り株が高く積み上げられていた。
東方三博士がキリストが誕生した場所までの道しるべに
火をともしていったことが由来だそう。
このあたりではあちこちで行われ、
夜中に山手をみるとぽつぽつ火がゆらいでいるのが見えるとか。

ちなみに手前に停まっている三輪車APE、
あちこちに出没し、違法なくらいの大音量で昔の歌謡曲を流しまくる
名物おやじのものとか。
今日は静かだったけどどう見ても違法な駐車をしていた。

あまり知られていないこのエリア、
地形や地質が少しいくと変化し、
自然がゆたかで古い村や崖の上の修道院など小さな宝石がたくさんあって
地味ながら楽しめる。

断崖絶壁の岩場にある、いまは使われていない修道院まであがった。
a0142810_1101636.jpg

まわりは野生の動物が草をはんでいた形跡が。
犬たち、大興奮。
今回唯一の家族写真。
a0142810_325552.jpg


帰るとすっかりテーブルがセッティングされて、
親戚一同そろっていた。

さっそくいただきます♪
a0142810_1102053.jpg

この立派なオリーブは、自家製。
とーっても美味しかった!

クレープの中身はベシャメルにマッシュルームやパンチェッタ。
a0142810_110208.jpg


巨大なターキーは6時間オーブンで焼かれて皮はパリパリ、身はジューシー。
a0142810_1102448.jpg

ターキーからでた汁に酢漬けの小玉ねぎとレーズンをあわせた
アグロドルチェのソースがよくあう。

このターキー、レシピは昔のカレンダーに載っていたもので、
何十年もナターレの定番になっているとか。

さらに暖炉で焼いた肉のグリル。
a0142810_1102738.jpg

私は羊派。

そしてきのうの続きのドルチェ。
a0142810_312367.jpg

左のドーナツと奥のチュロスみたいなのは、ゼッポラ。
南イタリアのお菓子で、醗酵生地を油で揚げたピッツァの一種。
左はじゃがいも入りで揚げたタイプ。
奥はゆでてから揚げたタイプ。
どちらもオレンジのかおりがした。
クリームが入っていたり、あるいは海藻が入った塩味のものもある。

右手前はストルッフォリ。
これぞナポリのクリスマス菓子で、揚げドーナツの小粒版といったかんじ。
揚げたてを熱したハチミツにからめてあるからベットベト。
たべはじめたら止まらないタイプのたべもの。

自家製食後酒いろいろを飲みながら
バッボナターレが持って来たらしいwiiでもりあがる。
a0142810_1103156.jpg

ナポリ人のクリスマスは揚げ物を食べまくり
昼から夜おそくまで宴だと聞いていたので覚悟していたけれど
思いのほかライトで楽勝だった。
by grazia_chizu | 2011-12-25 23:09 | amici / friends