人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

東京見物

実家で3日間のんびり過ごしたら、都内に移る。
思えば高校~社会人はじめの数年は、実家から(よくもまぁ)片道2時間で通っていた。
都内に引っ越してきたのは25のとき、代々木上原だった。
それからは、自転車通勤。
代々木公園の坂道がはじめはきつかったものの、
あっという間に鍛わった。笑

東京初心者と一緒に東京再発見のごとく、東京散歩。

まずは東京の全貌を眺めるべく、六本木ヒルズ53階東京スカイビューへ。
a0142810_144938.jpg
前回同行したイタリア人には、
東京タワーは「えせエッフェル塔」だと
酷評されていた。
えーいいじゃん。
ウルトラマンカラーで好きです。
ちなみに1958年竣工、
高さ332.6 m。


タワーといえば、建設真っ最中の東京スカイツリー。
わたしがイタリアに渡った2ヵ月後に着工したらしい。
父に熱く説明されるまで、その存在さえ知らなかった。

「いま記念撮影しておけば、その高さでいつ東京に来ていたか分かるから」と
カメラに収めるよう熱く語られ、あちこちからそっちの方面をみたりした。
いちばん絵になったか?ショットは、現場近くの浅草にて。
a0142810_15467.jpg

現在448メートル、2012年の春までの完成時には634mと、
自立式電波塔としては世界一の高さになるとか。

手前はご存知アサヒビールの本部ビル。
隣接するスーパードライホールの上には、
「躍進するアサヒビールの心を象徴する“炎のオブジェ”」byフィリップ・スタルク。


ところかわって銀座。
ショッピングのほか、仕事やギャラリー巡りによく訪れていた。
a0142810_151993.jpg
銀座1丁目の奥野ビルは、
お気に入りに場所のひとつ。
1932年のこの建物は、
昭和初期の時代のにおいがいっぱい。
かつては銀座アパートメントと呼ばれ、
界隈でも屈指の高級アパートだったとか。
現在はギャラリーを中心にした
テナントが入っている。


今回銀座のギャラリーで面白かったのが、
資生堂ギャラリーの石上純也展
「建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」
建築家の展示の中でもとても共感が持て、多くの人が楽しめる展示になっていた。
~10月17日まで。
(9月25日にはギャラリートークあり!)

オープン時間中のはずが閉まっていて残念だったのが、現代美術ギャラリーの
Gallery Koyanagi
~9月11日まで束芋の「ててて」展開催中。
来年6月から開催のアートの世界祭典ヴェネチア・ビエンナーレ美術展の日本館出展作家に
選ばれている束芋。
東京では逃したけどヴェネチアでは待ち伏せするぞ。

ちなみに前回のヴェネチア・ビエンナーレの日本館出展作家だった、やなぎみわ。
日本のデパート独特の「エレベーターガール」をテーマにした作品は、
写真は日本で見たことがあったけれど、映像版はモデナの美術館で初めて見た。
エレベーターガールの存在を知らないイタリア人にもかなりのインパクトだったよう。

銀座はメガブランドの新しいビルも見ごたえありだけれど、まだまだ残る猫の小道のような路地や、
隠れ家のような店をのぞくのが面白い。
a0142810_154588.jpg
そんな店はこんな建物の間に
あったりする。
(そういえばボローニャで日本のような
カラスを見たことがない)
たとえば8丁目、かりんとうの
「たちばな」、
銭湯の「金春湯」、
深夜まで営業のパティスリー
「ピエモンテ」、
ホルン印の「月光荘画材店」
などなど。


あっ、着物のギャル(古い!)発見!
a0142810_155877.jpg


8丁目は並木通りに勤めていたときは、夜な夜な高級クラブのお姉さんたちや
黒塗りビカビカの高級車をよく見かけたものだ。

そんな姉さんたちのところにも届くであろう一万円以上の高級メロン。
イタリアにはまずない、高級果物の贈り物文化。
どこで耳にしたのか、イタリア人でも知っている人は知っている。
a0142810_162335.jpg

四角いスイカは?私にはおいしそうには見えないけど。

あと、「免許がある人だけが扱える危険な高級魚」として有名な、フグ。
イタリア語ではペッシェ・パッラ=ボール魚。
a0142810_164770.jpg

たびたび「食べたことある?おいしいの?」と聞かれる。
(クジラもよく聞かれるけど。)
私はフグだったら揚げ物と雑炊が好きです。

イタリアにないもので、日本独特?であろうものをもうひとつ。
a0142810_184238.jpg

議員グッズ。
失礼ながらすごーーーーくクダラナイ。と思うのは私だけではないはず。
議員会館に勤める友人のはなしでは、
いま鳩山内閣グッズが買い時だとか。(もちろん生産中止だから。)
日本の内閣総理大臣は長続きしないのでも有名。
ちなみにイタリアの首相、ベルルスコーニーは1994年から現職。
それもどうなの・・・
by grazia_chizu | 2010-08-30 22:54 | viaggio / travel