人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010 estate コルシカヴァカンス -5

a0142810_271099.jpg
昨日の晩みた傘かぶりの月の
サインの通り、今日はぐずついた天気。
それでもこのテラスからみる風景は
格別。



今日はカルヴィとは反対側、東の町リル・ルッス(L’lle Rousse)まで足をのばす。
a0142810_1554364.jpg

フランスにきたら、パン・オ・ショコラ!
の美味しいのが食べたーい!
と、カルヴィでもあちこちパン、お菓子屋を巡った。
ここでも数軒のぞいたけどパリパリ具合が好みとちがーう!
東京だったら見つかるんだけどなー
日本人はえらいなー
とぶつぶつ。

でもここの全粒粉のフィセルやパン・ド・カンパニュ。



今日の目当てはおいしい魚。さっそく市場へ。
a0142810_156483.jpg


a0142810_1561851.jpg
魚屋の手前にずらり並んだ
サラミに誘惑される。


a0142810_1564162.jpg
なんとか前進し、魚屋へ。
今夜も料理隊長はわたし。
さんざん悩んだすえ、
地元のムール貝に、
エビ、スズキに決めた。


a0142810_1565878.jpg
コルシカはオリーヴの栽培のさかん。
レモンのマリネ、唐辛子入り、
ハーブ入りなど5種類、おつまみに。


a0142810_157699.jpg

市場に入ったとたん、雨がふりだした。
黄色いパラソルは雨の日が楽しくなる。
マダムの靴もナイス。

たっぷりの買い出し荷物をかかえたジジ。
a0142810_1571775.jpg

「今日はいいサカナはいってるよ!」と市場のおじさん風におどける。

いったん止んだ雨はふたたび降りだし、
雷が鳴り響く本降りに。
帰りに寄り道して、パオラお気に入りの陶芸家、アントワンのアトリエを訪問。
a0142810_157285.jpg

● Poterie de Corbara
Carbunaghja - 20256 Corbara
04 95 60 23 37

パオラ&ジジの家で見た食器がたくさん!
藍色、水色、あわい草もち色、砂色の食器は和ものを思わせる形が多い。
窯の前には愛犬メーレが小さく震えている。
雷が怖いんだそう。
ゆずも車のなかで小さくなっていた。

a0142810_1574361.jpg
お昼は、市場のエビで
ヴェトナム風春雨サラダ。
コリアンダーたっぷり。
半熟たまごのとろとろ具合に
ひとりにんまり。

ちなみにこのボールは
先ほどのアトリエのもの。


雨はいつの間にかあがっていた。
雲の切れ目から差す光がなんとも美しい。
a0142810_1575172.jpg



今夜は仲良しご近所さんのドンピェール&バベット夫妻をおもてなし。
パオラ&ジジが留守の間、家の管理もしていてくれている。

パオラと4キロのムール貝を掃除したあとは、
スズキの紙包み焼きを仕込む。
a0142810_2144969.jpg

アペリティーヴォをするころ、オーブンへ。

20時近くになって、二人がにこにこやってきた。
ちょうど沈みかけの太陽が少し顔を出したので、
テラスで乾杯!
a0142810_23535.jpg


アペリティーヴォには、市場で買ってきたオリーヴに、
ヒヨコ豆のクレープにフランス版リコッタチーズ、ブローチュ。
a0142810_232485.jpg


エビのタブレ(クスクスサラダ)は香草たっぷり。
a0142810_21816.jpg

そしてドンピェールのスーパートマト。
a0142810_234197.jpg

この立派なトマトは、ドンピェールが丹精込めて育てたもの。
牛の心臓という名のトマトで、初めてパリの市場で見たときは
ちょっとぎょっとした。
見入っていると、隣にいた老人から話しかけられた。
「このトマト、最高においしいよ。小さいときから食べ続けてるおかげで
いまでもこんなに元気だよ。」
と、両手で抱えるほどのトマトをひとつ、選んでくれたのは今でも忘れられない。
ドンピェールのそれは、あのときのトマト以上、今まで食べたことがないほど
力強くおいしい。

という話しをしたら、ドンピェールの目がキラキラ。
トマトにかけるアツい想いを語ってくれた。

a0142810_241680.jpg
ソムリエ風ジジ。
今夜のシャンパーニュは
ニコラ・フィアット。
(フランス語読みだとフォイアット?)
日本で少しPRをしたことがある
という話しをしたので、
ジジが冷やしておいてくれた。
フランスでは一般的に知られた
銘柄だけど、
イタリアではほとんど出回って
いないそう。


苦労して掃除したムール貝のワイン蒸し。
a0142810_253829.jpg

掃除さえしてしまえば簡単でとっても美味しい。
たまに無性に食べたくなる。
ほんとはフライドポテトがほしいところ。

スズキの紙包み焼きもそろそろ出来上がり。
a0142810_2629.jpg

フェンネル、タイムをおなかにつめて、
トマト、ズッキーニ、ポテトをしいた。
付け合せは、新ジャガと小たまねぎをたっぷりのオリーブオイルと
ローズマリー&ガーリックでオーブンで焼いた一品。
オーブン焼きは大好きな料理法のひとつ。

園芸、釣りほか、多趣味のドンピェールのもうひとつの趣味は、狩り。
明日は朝4時起きでイノシシ狩りに出かけるそう。
仕留めた獲物の現場での処理の仕方を熱く語るドンピェールは
ハンニバルを思わせた。
いつかドンピェールのイノシシのオーブン焼き、やってみたい。
by grazia_chizu | 2010-08-14 23:13 | viaggio / travel