人気ブログランキング |

ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010 estate コルシカヴァカンス-3

コルシカでは道端で犬がのんきに道路を歩いている風景をよく見る。
(ヤギや牛も。)
みんな自由。
パオラ&ジジのご近所犬たちも、朝集合して一緒にひと散歩。
それからまた家に帰っていく。

ジジの朝の楽しみのひとつは、ご挨拶にくるお隣の犬、タンギーノに
ビスケットをあげること。
a0142810_19185396.jpg

シャイなタンギーノ、ゆずが来てから積極的にやってこなくなってしまった。
遊びたいざかりのゆずに、タンギーノ引き気味。

テラスで朝食をとったら、坂をてくてく下ってルミオを散歩。
a0142810_1919751.jpg


a0142810_19191826.jpg
石造りの家々。
路地の名前はVia Stretta (細い通り)
などイタリア語と同じ綴りのものも多い。


a0142810_19193171.jpg
この教会の塔がルミオの顔。


地元の新聞を買って、コーヒーを飲んで一休みしたら、
今日は海へ。

ルミオから東に5キロほど、アルガジョーラ(Algajola)は小さな庶民的リゾート地。
a0142810_19194391.jpg

ペンションや小さなレストランが並ぶ向こう側は、すぐ砂浜。
a0142810_19195856.jpg
大粒の砂はべたつかず気持ちがいい。
フランス語、イタリア語、ドイツ語圏
の人が多いよう。

顔見知りのカラメルがけナッツ売りの
男の子によると、
ドイツ語圏の人たちは愛想が悪く、
試食してもありがとうもいわず、
ゴミを残していくなどエチケットが
なっていないことが多いそう。
イタリア人は声はでかいけど
フレンドリー。(笑)

今年はフランス本土からと、
ドイツ人旅行客が去年より
圧倒的に少ないとか。
と、地元事情を調達。


a0142810_19201117.jpg
デッキチェアx 2とパラソルx 1を借りて、
ゆずに日陰を確保。

犬を連れていける浜辺が多いのも、
コルシカ旅行の決め手のひとつ。
イタリア、フランス本土、スペインは
ここまで犬welcomeではない。

泳ぐかなーと期待したものの、
はじめての海にとまどうゆず。
砂に穴を掘ったりふて寝したり、
デッキチェアの下からほとんど
出てこなかった。


ランチはブラッスリーで、山盛りのムール貝とフライドポテト。
a0142810_19202471.jpg

ムール貝はクラシックな白ワイン蒸しのほか、カレー風味もあり、
私はカレーに挑戦。
グリーンペッパーがゴロゴロ入っていて、辛激だった。
フライドポテトがすすみます。

日がかげってきたら、海辺の通りを散歩。
a0142810_19203815.jpg

18時をすぎて浜辺に水着で出てくる人たちも多い。

海岸通りのパオラお気に入りの焼き物ショップ、Atelier Caruliでは、
子どもの陶芸教室を開催中。
a0142810_19205182.jpg


a0142810_1921235.jpg
20時をまわって、夕日を眺めながら
恒例のシャンパーニュアペリティーヴォ。

今夜はグリーンカレーに
春雨エビサラダ。
ほてったカラダにいいみたい。


by grazia_chizu | 2010-08-12 19:17 | viaggio / travel