ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

和食、スシ、サシ~ミ以外

先日、ドードリサーチでディナーにお邪魔した一家とその友達を招いて
和食を振舞うことに。

a0142810_8164169.jpg

朝8時半に市場にいって、魚の買出し。
火曜日は、月曜の夜に漁にいった魚が街の市場に並ぶので、
いちばん新鮮な魚介が手に入る日なんだとか。

ほんとかなぁ~と疑問をもちながらもカツオ、スズキ、アジほか
切り身のサーモン、小イカ、あさり、シラス(っぽい小魚)などを調達、
帰宅早々準備にとりかかる。

カツオ。
a0142810_8195755.jpg

マグロも食べたいのかなーみんな。とぶつぶついってたら、
「同じようなもんだよ」と魚屋。
ぜーんぜん違います!!
と心の声。

アジやサバ以外の魚を丸ごと一本おろすのって
はじめてかも。
ネットでおろし方を確認しながら挑戦。
a0142810_8222027.jpg

カツオは3枚におろしたら、一部はたたきに、あとはなめろうに。

a0142810_825557.jpg

スズキは、和食が苦手かもしれない12歳のドードー用に
カルトッチョ(包み焼き)とムニエル用に3枚におろしておいた。
a0142810_830338.jpg



アジは3枚におろしたら片栗粉(お菓子コーナーで売っている)をつけて揚げ、
甘酢にカリフラワーやタマネギとともに南蛮漬けに。
a0142810_8351612.jpg


結局ほぼまる一日キッチンにいた。

20時半、ゲスト登場。
アトリエの紹介をし、ヴーヴクリコで乾杯したら、料理を並べはじめた。
次から次へテーブルに並ぶ、はじめての家庭料理に、みんな大騒ぎ。

a0142810_8391125.jpg

茄子の田楽味噌、味付けたまご、カツオのたたき、白魚と大根おろしなど。
ガリも手作り。
a0142810_844334.jpg
アジの南蛮漬け、キュウリのゆかり和え、小イカの甘辛煮など。
スズキとカツオのアラは大根と生姜と
煮付けに。

最後はアサリ汁とざるうどん。
汁物とごはんもので〆る和食、
イタリアとは逆。


a0142810_8481048.jpg
和食どうかなー?だったドードーも全部食べていた。
結局みんなおなかいっぱいで、オーブンに入っていたカルトッチョの出番はなかったけど
私も大満足。


そしてデザート。

ジェラートマニアなゲストがボローニャ1、2を争うジェラテリアとして推薦する
Scirocco(シロッコ)と、GROM(グロム)を食べ比べ。
a0142810_856916.jpg

どちらも材料にとてもこだわっていて、フレーバーも週変わり。
面白かったのが、リコリス(カンゾウ)フレーバーの一本勝負。
リコリス特有の、ちょっと薬っぽい甘みとスースーした感じが口のなかにひろがる。
そのトーンが”レ“と”ファ“くらい違うかんじ。
・・って分かりにくいけど、、甲乙つけにくいっ!どっちもおいしいっ!!

大量なジェラートも7人でほぼ完食。
拍手で終わったディナーの最後には、作品のオーダーも入って私も拍手。

和食付き受注会もいいかもね、と新たな可能性をおもいながら
0時すぎ、みんなを見送った。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-04-27 23:11 | buono!