ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

ピッツァ大会 試作レポート

a0142810_18332870.jpg
昨年10月、伊勢丹新宿店の
イタリアフェアで、
ピッツァを売りに売っていた
アンドレアに会いに、
トリノのピッツェリア
Il Pensiero(イル・ペンシエロ)に。

アンドレアは、2007年マドリッドであった
ピッツァ大会のチャンピオンなのだ。



a0142810_1834597.jpg
このたび、パリである
ピッツァ大会に出場するにあたり、
星つきレストランとのコラボを目論み、
フェアで知り合った一ツ星、
ラ・フェルマータのテツに声をかけた。

今日は試作会。
(ゆずも見守る。)



a0142810_18353080.jpg
生地には大豆の粉を練りこんである。
大きいほうは普通の大きさ、
小さいほうは1/3。
今後レストランでも
デグスタシオン・ピッツァを
この大きさで出すことを思案中とか。



a0142810_1836249.jpg
この生地は1週間寝かしたもの。
普通の生地でも最低3日は寝かすそう。
このプロセスで、
おなかにたまらない
軽やかなピッツァができる。



アンドレアは学校でもピッツァを教えている。
でもナポリには行ったことがないそう。
ナポリのピッツァと自分のピッツァは
似て非なるものだとか。
(ナポリのピッツァ協会とは仲がよろしくないらしい。)

たしかに、アンドレアのピッツァはナポリピッツァ協会が定める規定には全くあっていない。
けれど、世界大会で問われるのは別のこと。

いままでピッツァはナポリでしか食べない!くらいに思っていた私。
目からうろこ。

a0142810_18365118.jpg

トッピングの材料いろいろ。

a0142810_18371516.jpg
オイルや酢いろいろ。
クルミオイルやアルガンオイル、
バローロのお酢や
ホワイトバルサミコなど
まずピッツェリアでは使われないものばかり。
これも(星つき)レストランとの
違い。



a0142810_18382281.jpg

カラスミはボラ、マグロ、カジキマグロの3種類を使い比べ。
香りがぜんぜん違って面白い。

a0142810_1839493.jpg

今回テツが考えてきたのは3種類。
それを微調整しながら、大会で勝負する
最高の1枚のピッツァに仕上げていく。
これは1/3の大きさ。

a0142810_18393825.jpg

うまくいったら、通常のサイズでトライ。
これはみんなが大絶賛だった、羊のリコッタ、バジルソース、ルッコラ、
プンタレッラ(苦味のある春の野菜)、いくら、カラスミ、スペシャルドレッシング、の
大会候補ナンバーワンのピッツァ。

アンドレアは、自慢の生地の上にテツが施すトッピングの組み合わせや
生地に乗せる順番など、感心しっぱなし。
「感動した!涙がでそうなくらい。」

a0142810_184040100.jpg
二人とも手ごたえありの
ピッツァができ、満足の試作会。
それぞれ課題を持ち帰る。

大会は一週間後。
エッフェル塔の下でバンザイしてきてね。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-02-28 18:29 | buono!