ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ボローニャのおへそ、マッジョーレ広場。
さまざま催しが行われてきたこの広場に、
今年のクリスマス、サンタクロースの家が登場する。


プロジェクトにはエコ素材が使われ、
クリスマスツリーのイルミネーションは、
設置される自転車をこぐと点灯する仕組み。
ホンモノのサンタクロースにトナカイもやってくる。
市としてもはじめての試み。
注目度は高い。






建築家として指揮を取るのは、ピエールルイージ・モルテーニ(通称Pg)。
9月にボローニャであったエコフィエラで、エコハウスPlug-In Houseを発表して
大きな反響をうけたボローニャ在住の人気建築家。

いつも作品のアドバイスやらギャラリーに売り込みまでしてくれているPg、
Plug-In Houseではインスタレーションを頼まれ、作品を提供した。
おかげで私にも問い合わせが多数。

今回のサンタの家プロジェクトでも、インスタレーションの指名をいただいた。
それでPgといっしょにラジオのインタビューを受けることに。

今年2月のヴァレンタインには、J-WAVEのMODAISTAに出演させてもらうも、
スーパーカミカミでニガい思いをした。
今回も編集マジックでどうにかなるか、と、どうにでもなれと出演。
結局和やかに終わり、一安心。放送は日曜日。

こちら、サンタハウスに登場予定のトナカイのアタマのミニチュア。



収録後、自転車をこぎこぎ、冷や汗がただの汗になってきたところで、
マッジョーレ広場に到着、ばったり友達のチッチョに遭遇。
一緒に近くのオステリア・デル・ソーレで一杯。


1700年代からあるこのオステリア、
飲み物しか置いておらず、
食べ物は持ち込み。
昔は24時間開いていて、
作家、学生、教授、俳優など
仕事をこえて談義を交わしていた
歴史ある場所。




いつも大混雑。
行くと必ず知り合いに出会う。

このグラスに並々一杯2ユーロ。




サクっと飲んだらキラキラした通りを走り、
自宅方面へ。
ボローニャのシンボル、2本の塔は
去年に引き続き1本しかイルミネーションがされていないのが
不景気っぽくてちょっとさびしい。
[PR]
# by grazia_chizu | 2009-12-02 22:25 | day 2 day

クリスマスもの

11月も下旬になると、あちらこちらでイルミネーションがはじまった。
a0142810_640885.jpg
通常クリスマス準備は12月8日の
聖母無原罪の御宿りの日(祝日)にはじめるのが、
年々早くなっているよう。



a0142810_641572.jpg
ボローニャのシンボル、
2本の塔からほど近くの
インテリアショップ
カメラ・コン・ヴィスタ
(眺めのある部屋)。
アンティークがメインの
サント・ステファノ店の姉妹店で、
こちらはインテリア雑貨が中心。
フランスものも多い。



a0142810_6464248.jpg
壁には'Joyeux Noel'と、
フランス語のメリークリスマスのオブジェ。
パンドーロに刺さっている'Buon Natale'は
イタリア語。

実はどちらも私が作ったもの。



a0142810_6492336.jpg
流れ星(ベツレヘムの星)も
クリスマス定番アイテム。



a0142810_6503463.jpg
トナカイは、ボローニャの
あちこちに出現予定。



a0142810_6513093.jpg
王冠。
羽モチーフもたくさん作った。



a0142810_653756.jpg
カエルは幸運モチーフらしい。
「キスするとプリンスになる
カエルでしょ?」と反応も上々。



a0142810_6551628.jpg
ティーポットのカゴは、先月末まで開催の
不思議の国のアリスモチーフの個展
に作ったもの。



とってもセンスのいい雑貨がたくさんのこのお店。
姉妹店では、1月に個展を開催予定。
もう一軒の紹介は、また改めて。

----------------------------------------------------------
Camera Con Vista 'Fabrics'
Via Luzzo 4/C
月~土 10:00-13:00, 16:00-19:30
日、木午後休
[PR]
# by grazia_chizu | 2009-12-01 22:03 | art & design