ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

A Perfect Day (後半)

ウェディングフェア、1、2Fの会場にはケータリングやウェディングドレス、
プランナーなどのブースが。
a0142810_861011.jpg

どのブースもモロッコ風?の
カーテンで仕切られていて、
通常創造するフェアとは違っていて
感心。


a0142810_7532046.jpg

パッケージの提案。

a0142810_7551247.jpg
ケータリングの提案。
フードのプレゼンテーションは
あえてせず、
長いハシゴと鏡を使った演出が
面白い。


a0142810_7563883.jpg

会場ではライブの音楽も。
心地いい太陽のした、生演奏が楽しめるガーデンパーティー、悪くない。

1Fの会場と隣接しているレストランで、ブランチ。
a0142810_802490.jpg
クロワッサンやパン・オ・ショコラ、
パンケーキ、チーズの盛り合わせ、
そして豚のロースト、パンナコッタまで。
充実の内容。

ホテル朝食&ブランチ好きが、
ふとよみがえった。
[PR]
# by grazia_chizu | 2010-02-14 16:51 | art & design

A Perfect Day (前半)

イタリアでは毎日誰かしら聖人の日になっている。
今日はサン・ヴァレンティーノの日。
“愛し合う人たちの日”でもあるこの日(とはいえ、女性が男性にチョコレート、という習慣はない)、
ボローニャの4ツ星ホテル、I Portici(イ・ポルティチ)でウェディングフェアが開催された。

その名もA Perfect Day。
招待券を持っていた友達と潜入。
真っ先に、地下のCamera Con Vistaのブースへ。

a0142810_215145.jpg
ドーム型の高い天井の空間には、
クールでロマンチックな世界が。


a0142810_2114435.jpg
ドレスの袖には、
パティスリーで使われる
レースのナプキンが。


a0142810_245428.jpg
フレンチアンティークを扱う
Camera Con Vista、
フローリストのGrazie dei Fiori
とのコラボ。


a0142810_2133083.jpg
壁にもコケやシックなブーケが。


a0142810_2145455.jpg
この教会のオブジェは
私が作ったもの。


a0142810_2162542.jpg
実はここ、もと製氷室だった。
空間は透明なフロアで仕切られている。


見下ろすと、一面に土が敷かれ、劇場的空間が広がっている。
a0142810_2181190.jpg


ディスプレーを担当したCamera Con Vistaのレベッカに
“オフィシャルフォトグラファー”N0.2を指名され、
特別に地下の空間へ。
a0142810_2234050.jpg


グリーンを多様したフラワーアレンジは
まさにツボ。
a0142810_2445910.jpg


a0142810_2433452.jpg


ウェディングほか、ランウェイや各種プレゼンテーションの演出でも売れっ子の
レベッカのセンスに脱帽。
3月には一緒にイベントを行う予定。
楽しみ!
a0142810_234325.jpg
[PR]
# by grazia_chizu | 2010-02-14 15:13 | art & design