ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
7年ぶりくらいにサイちゃんに会いに月島へ。ほんとうはゆまみうと来ようかと思っていた。そしたらもんじゃかね、子どもにはきっと楽しいよ。なんていってたけど、子どもたちは動物園にいったので1人で楽々やってきた。そしたら貴重な一食、わるいけどもんじゃじゃぁもったいない。(だって、ねぇ。)そしたらうちで冷汁にする?と粋なご提案、はいお願いします!
a0142810_14165237.jpg
昔ながらの船と近未来的な船が行き交う隅田川を見下ろすマンションで、料理家の橋本彩子ちゃんはお料理教室ほか様々なメディアでレシピ提供やテーブルまわりのスタイリングをしている。
a0142810_14184467.jpg
ウェルカムドリンクにお手製梅ジュースをいただきながら、ノンストップでおしゃべりしまくり。
a0142810_14314101.jpg
その間、ごまにアジの開きをすり鉢ですって炙った味噌にちゃんととっただし汁を加えて…レストランでしか食べたことなかった宮崎料理の冷や汁に麦飯、薬味がきいたカモ料理完成。
a0142810_14202479.jpg
幸せな食卓とはこのことぞ。美しい料理のうらには丁寧な仕事があるのだ。おしゃべりしながらもきゅうりのタネをスプーンでさっとこそげ取る一瞬に美しい職人の姿を見た。この箸置き(骨董市で見つけたタイルだって!)といい、金継ぎがされた器といい、なにもかもお見事。
a0142810_14213946.jpg
この間に小学校からすっかり少年になったヒロくんが帰ってきたかと思いきや、お腹がすいたときゅうりのぬか漬け一本食いをしてテニスに出かけていった。かっこいいぞ。

あっという間に5時間がすぎ、夜の約束があったので再会を約束して月島をあとにした。

後日、お礼とエールをかねて、屋号の贈り物。
a0142810_14480734.jpg
いつかなにか一緒にできる気がする。いや、するのだ。

[PR]
# by grazia_chizu | 2017-07-06 14:15 | amici / friends

東京ライフ

2年前、最後に一時帰国したときにはゆまみうは一時も私から離れず、ひとりでぶらり東京なんてぜーんぜんできなかった。

2年もたつといろいろ変わるもので、身内の協力のおかげでかなり自由に動くことができた。ありがたや。

ゆまみうがおばあちゃんたちと水族館にいっている間にお昼前から銀座へ。
a0142810_03474214.jpg
いつもすてきなエルメスのウィンドーに
ご縁があるかもかも?だった銀座SIX。
a0142810_03461212.jpg
銀座にいくといつものぞく江戸小物の平つか。
a0142810_03492468.jpg
うちのおひなさまはここの。ちいさなおじいさんがささっと包んでくれる完璧な包みにいつもうっとり。来年の干支の置物は10月から並び始めるそう。戌年。欲しい。
a0142810_03531331.jpg
このあたりはかつて会社員をしていたエリアで馴染みの場所。平つかと同じ通りの金春湯、用はないけどなんとなくいつものぞいてはまだあってよかったーと思う場所。

魚河岸銘茶でお茶のデグスタシオンと3世代午年女がおしゃべりに夢中になっている間に外はにわか雨。
a0142810_14075806.jpg
このあと表参道で夜の部の待ち合わせ。東京ライフ満喫也。
a0142810_14135069.jpg


[PR]
# by grazia_chizu | 2017-07-05 03:44 | day 2 day