ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

バスで

パスクァ休みの最終日、ひとり朝7時半のバスに乗った。風が強く灰色の雲が青空を覆いだした。こんな日に出かけるのはおっくうだけど約束だからしかたない。学校は休みだけど平日なので通勤客でバスはそこそこ混み合っていた。1年に数えるほどしか乗ることのないバスにゆられて思い出すのは日本での通学生活。高校、大学と片道2時間弱でよく通ったもんだ。でも電車はたくさんあったし最終は新宿23:30発。いまでもたまに最終電車に間に合わなかったとか乗り換えでホームを走る夢をみる。
もし森の家に引っ越したら、最寄りのバス停まで徒歩15分、それから1、2時間に1本あるボローニャ中央駅いきのバス1時間でボローニャ旧市街に着く。無理ではないけど1時間に1本あるかないかのバス、ボローニャから帰りの最終は19:30発だもんな。アペリティーボもできやしない。
a0142810_15023170.jpg
小雨で濡れたまちうぃ眺めながらそんなことを思った。片道15分のバスのなか。
[PR]
# by grazia_chizu | 2017-04-18 15:01 | day 2 day
パスクァの翌日も祝日で今日もぞくぞくお友だちが美味しいものを持ってきてくれた。
a0142810_17001172.jpg
山のおうちからいったん戻ってきたというベアは、朝揚げたてのクレシェンティーニをカゴいっぱいに!
a0142810_17005660.jpg
これにフレッシュチーズやリコッタ、いちじくやさくらんぼのマルメラータをはさんでいただく。そういえばサラミがなかったけど充分だった。
ラヴェンナの実家帰りのフランチェスカは厚手のピアディーナやほうれん草やチーズを二つ折りで挟んで焼いたカッソーネ(これはリミニのほうでの呼び方だったっけ)をたっぷり持ってきてくれた。もうおなかいっぱーい!

子どもたち5人は四方八方駆け回り、まぁ賑やかなこと。パパたちとオタマジャクシがどうなったか見に行った間ママたちはお茶とおしゃべり。3人とも78年生まれで偶然状況が重なっていたりしてあ〜よく笑った。
オタマジャクシは子ガエルになってたって!来週は見に行こう。

[PR]
# by grazia_chizu | 2017-04-17 16:59 | amici / friends