ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

<   2017年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ウェディング

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-30 23:28 | amici / friends

摘み草料理

庭のボラジ、いつのハチがぶんぶんいてつんでしまうのが悪くて葉っぱを失敬するくらいだったけど、また脇芽がでてくるであろうと、思い切ってつぼみごと採集。
a0142810_16165725.jpg
ほうれん草のように使う。炒めたり茹でたりすると粘りがでておいしいんだー。

これはストリーゴリ、しらたま草。
a0142810_16180814.jpg
花はぷっくりバルーンスカートみたいでかわいいのだ。花が咲く前のやわらかい葉っぱはデリケートな味でこれもねっとりする。人気の野草。

向かいの畑は今年は麦かな。麦畑にはポピーが似合う。
a0142810_16221892.jpg
花がつく前の葉っぱを集めた。これも若い葉っぱはサラダにしたり炒めて使う。
a0142810_16184824.jpg
今日はストリーゴリとひよこ豆のリゾットにした。
a0142810_16200631.jpg
茎から葉っぱをとって玉ねぎニンニクと炒めた。しあげはシンプルにおいしいオリーブオイルで。ほっくりやさしいおいしさ。
a0142810_16211804.jpg
このストリーゴリ、ファンが多いけど私はまるごと使えて味にも個性があるオルティーカやボラジのほうがすきだなぁ。


[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-29 18:14 | buono!

お絵かき

今日は仲良しのレオといとこのまなかちゃんの誕生日。

みうはレオにハートくん兄弟の絵をかいた。
a0142810_05195703.jpg
Auguri(おめでとう)のAだけあってる!

みうの絵は豪快。パパとママの絵。
a0142810_14561814.jpg
Mammina, Papinoの字は!?と聞くとゆまが書いたって。(あーびっくりした!)

なんかのキャラみたいでおもろい。
a0142810_14574983.jpg

ゆまはまなかちゃんに。
a0142810_15042073.jpg
いっしょにディズニーランドにいく絵。
「か」はイタリア語ではCAなのでいつも間違える。

去年の9月から小学校1年生、読み書きができるようになってからよく手紙を書く。
a0142810_15031732.jpg
「パパ、ママがテレビを点けないようにいうけど聞かないで」

a0142810_15034218.jpg
ごめんなさいのときは
「ゆまよりパオロへ
気分を悪くしたのは知ってる。
泣きたくなるよ…
パパ大好き」
…なんか臭い演技っぽい。とおもう私はひねくれた母?

ひらがなもだいたーい読めるようになったけど書くのはまだまだ。来年のまなかちゃんの誕生日には日本語で書けるといいね。がんばれー



[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-29 05:18 | day 2 day

パパに

a0142810_05051182.jpg
パパと娘のポートレイト。

夫への誕生日プレゼントにと作品を依頼された。ベルギー人作家エミール・ジャドゥールの絵本Papà Isola(島パパ)とLe mani di papàが好きというので、2つの要素を取り入れた作品にした。
a0142810_05174353.jpg
a0142810_05175602.jpg
プレゼントは大成功だったそう。よかった!



[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-28 05:03 | art & design

みう

幼稚園は17:30まで。早くにいっても友だちがいるとなかなか帰らないのでぎりぎりに迎えにいったら
a0142810_01313451.jpg
仲良しのクララとこっそり青いイチゴを食べていた。

今日はクララも一緒に連れて帰った。
a0142810_04551417.jpg
子どもっちゅーのは狭いとこがすきなもんでこういうところをわざわざ通る。(みうが教えてあげてた)

ゆずの真似したら通れちゃったものでこの隙間も好んで通る。
a0142810_04495015.jpg
リュックをかついでたのは盲点。ぎゃー!!とうなった。

こういうところも好き。いちども階段に足をつけずに登っていくのだ。
せめて階段側にしておくれ。
a0142810_15193724.jpg
このほうがマシ。
a0142810_04490003.jpg
ゆまは平らなところでも転ぶし運動神経は残念なかんじだけど、みうはその逆。運動神経いいし転んだりぶつかったりトゲがささってもびくともしない。森で育ったら野生児決定だ。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-26 01:30 | day 2 day

解放記念日

4月25日は第二次世界大戦でドイツ軍に占領されていたイタリアの各地域が解放された記念日で祝日。各地、特に北イタリアでお祝いされる。
a0142810_06252635.jpg
当時のボローニャの写真。ボローニャ市役所前、ネプチューンの像にむらがってお祝いする人々。

近所のプラテッロ通りでも毎年ヒッピーなムードでお祝いされる。
a0142810_13142127.jpg
がこの手の人だかりは苦手なのでいったことがない。

森の家があるロイアーノでもお祭りが。
a0142810_13162461.jpg
みうは友だちとフローズン風なメイクをしてみらった。

それから市役所前の広場のバルーンな滑り台で遊びまくった。
a0142810_13170807.jpg

友だちにも会えたしさっさと帰って来てお昼のあとは、ひとり森散歩。
a0142810_14582356.jpg
ボラジにミツバチがぶんぶん群がっている。大地はほかほかあたたかく、いつまで見ていてもあきない。

これニンニクっぽい花?
a0142810_01065742.jpg
すずらんっぽいなぁ。
a0142810_01081501.jpg
これは野生の蘭。
a0142810_01090728.jpg
環境と密接な繋がりをもち、きれいな場所でしか見られないので環境のバロメーターにもなるそう。鉢植えでは育たないんだって。
a0142810_01094940.jpg
小川の水たまりのオタマジャクシもすこし大きくなってきた。けどまだ足の生える気配はない。
a0142810_01101746.jpg

森から帰ったらみんなさくらんぼの樹の下でお昼寝してた。
a0142810_01111471.jpg
今年もたわわかな、楽しみ楽しみ。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-25 13:13 | casa nel bosco

豚骨スープ三昧

きのうとった豚骨スープ。
一晩おいて油分はしーっかり取った。

ランチは念願の豚骨ラーメン。
a0142810_06241518.jpg
麺は卵入り麺を重曹入りのお湯で茹でてラーメンっぽく。スープをとった豚足ほか骨についた肉や筋を取って甘辛ほんのりすっぱい味付けに。美味しかった〜

夜はパオロ作豚骨スープときのこのリゾット。
a0142810_06245499.jpg
なにこれ超おいしい!!絶賛もの、だが気づけば鍋いっぱいの超濃厚豚骨スープをぜーんぶ使っていた…きのう6時間かけてとったスープと何千カロリー?を今日いちにちでとったのか…(バターも入ってた。)恐ろしや。



[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-24 06:23 | buono!

おいしい日曜日

今日もいい天気。
a0142810_02423199.jpg
朝はビアンカとフリゾンの卵で目玉焼きではじまる。
a0142810_02431703.jpg
近所の豚肉屋さんの新鮮なレバーと庭のローリエを豚の脂肪のネットで包んで焼いた。
a0142810_02445131.jpg
ゆまみうには不評だったけど、あ〜美味しかった!
a0142810_15104196.jpg
ジャガイモのホイル焼きバターのせはこの食べっぷり。
a0142810_15111175.jpg
このあと高さ40cmはありそうな業務用鍋で豚骨スープ作り。

げんこつはないけど豚足、しっぽ、どこぞの骨入り。
a0142810_14180577.jpg
下ゆではしなかったけど臭みもなく6時間でお〜いしいスープに。
a0142810_14184000.jpg
明日はこれをラーメン仕立てにするのだ。楽しみ〜!

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-23 02:41 | buono!

進展

4日ぶりに森にきたら、

壁だったところにドアができていた。
a0142810_16185187.jpg

もと納屋のアトリエも天井と壁が手入れされ床も貼られてあと一歩。ガラスの特注ドアと3つの窓はいつ届くことやら。
a0142810_16174491.jpg

さっそく作品を置いてみた。
a0142810_16222407.jpg
いい影ができる。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-22 16:16 | forest house

バスで

パスクァ休みの最終日、ひとり朝7時半のバスに乗った。風が強く灰色の雲が青空を覆いだした。こんな日に出かけるのはおっくうだけど約束だからしかたない。学校は休みだけど平日なので通勤客でバスはそこそこ混み合っていた。1年に数えるほどしか乗ることのないバスにゆられて思い出すのは日本での通学生活。高校、大学と片道2時間弱でよく通ったもんだ。でも電車はたくさんあったし最終は新宿23:30発。いまでもたまに最終電車に間に合わなかったとか乗り換えでホームを走る夢をみる。
もし森の家に引っ越したら、最寄りのバス停まで徒歩15分、それから1、2時間に1本あるボローニャ中央駅いきのバス1時間でボローニャ旧市街に着く。無理ではないけど1時間に1本あるかないかのバス、ボローニャから帰りの最終は19:30発だもんな。アペリティーボもできやしない。
a0142810_15023170.jpg
小雨で濡れたまちうぃ眺めながらそんなことを思った。片道15分のバスのなか。
[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-18 15:01 | day 2 day