ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2017年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

広場でオンネア!

みうの幼稚園の友だち、テオのママ、マユはサンフランシスコ育ちのフィンランド人。

私と同じ78年生まれ。30代最後の誕生日は、学校のあとサンフランシスコ協会の広場で乾杯するから寄ってね。と誘われて、子どもたちでいっぱいの広場に。
a0142810_13340891.jpg
Onnea はフィンランド語でおめでとう。

最近広場は緑地化されて長方形の椅子というかオブジェというかがたくさん置かれた。いろいろ言われているけど遊具がなくても子どもたちは駆け回ったり登ったり飛び降りたりいつも楽しく遊んでいるし私はいいと思う。もっと遅くなると広場で飲んだり音楽したりする若者でぎーっしりいっぱいになる。これはあたたかいきせtづはいつも。長らく工事で閉鎖されている間に毎週火曜日にあった花市が移転してしまったのは残念だけど。
a0142810_13345607.jpg
日曜日に夏時間になって19時をまわってもぜーんぜん明るい。いい季節になったなぁ。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-29 13:32 | amici / friends

森日和

森は花ざかり。
a0142810_13140609.jpg
畑もたんぽぽ、小松菜の黄色、ボラジの紫で春色。
a0142810_13153068.jpg
これは何かな。
向こうはスイセン。ムスカリの葉っぱがあちこちから伸びてきた。楽しみ。

ニコリーノ一家が遊びにきた。
ユリアはわたしとロバのうんちでじゃがいもタワーをつくるのをずっと手伝ってくれた。空のリアカーに子どもたち4人乗せて坂道あがったり。みんなうんちまみれ。ユリアだいすき。
a0142810_13163108.jpg
夜は料理上手なカルロが魚介のフリットとパスタを作ってくれた。フリットの衣にはパセリが入る。パスタもにんにくたまねぎパセリをじっくりいためてから魚貝とトマトをいれてソースを作る。
a0142810_13180042.jpg
うちのパセリはまたもしゃもしゃ生えてきたと思ったらモモが柵を倒して入ってきて食べられてしまった。なんだかロバを囲う感じじゃないので守るべきものをしっかり囲わねば。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-26 13:12 | casa nel bosco

花くま

この間フラワーフォームで作ったくま6体。
a0142810_13035899.png
フラワーベアになってお届けされたようで。
a0142810_13042247.png
なかなかのインパクト。
a0142810_13042861.png
こうなるともとの形はわからないなぁ。もっとざっくり作ってもよかった。笑

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-26 13:01 | art & design

鯖の味噌煮

久々にいつもの魚屋さんにいったら、大好きな鯖がキロ4€。先月は7、8€だったのに、季節、なのかな?2キロ買ったもののいつものようにおろして揚げるのも飽きたしなぁ、そうだ鯖缶みたいに骨までやわらかいあれにしよう!と思い立ち、圧力鍋で鯖の味噌煮込。
a0142810_16100801.jpg
煮上がったら煮汁でグリンピースと人参も煮た。加圧25分だと鯖缶ほど骨は柔らかくならなかったので、今度はもう少し長くやってみよう。子どもたちは骨はのこしたけど鯖と煮汁でご飯がすすむ。残った煮汁で鯖の頭8個も煮た。これはバーミックスでまわしてじゃがいもとあわせてコロッケに。煮汁にとろみをつけた味噌ソースもおいしかった。そうそう味噌は去年作った手作り。今年は遅いけどパスクァ休みに森で仕込む予定。万能な日本の調味料を惜しげなく使えるのは本当にありがたい。麹を送ってくれる母に感謝。



[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-23 16:09 | event
何事も始めたら長続きするほうかといえば、
…そうでもないほう。

それでも続けているのは天然酵母のパン作り。
a0142810_15451600.jpg
昨年秋だったかな、友だちに分けてもらった天然酵母を培養して作っている。週一度、そろそろパンが無くなるかな、というころ、午前中に酵母を仕込む。90gの酵母にぬるま湯75g、小麦粉90gをよく混ぜ、あたたかいところで発酵させる。夕方、よく発酵したら、ぬるま湯300ccと砂糖を混ぜ、粉500g強を混ぜ込んでいく。粉は約半分は強力粉(tipo 2)、半分はライ麦、そら豆粉、ファロ麦などその日によっていろいろ。塩は入れたりいれなかったり。麻の実やゴマ、ひまわりの種を入れることも。これをバウレット(長方形)の型にいれて一晩発酵させ、朝焼き上げる。
2次発酵はさせず、こねるのも5分ほど。それでもしっとりもっちり好みのパンに仕上がる。手抜きでもおいしくオーガニックのパンができるのが続けられている秘密だろう。

ちなみに始めたものの続けなかったものの(数あるなかの)ひとつに、ゴールデンミルクがある。
1月に始めたゴールデンミルク。美味しいし健康に抜群にいいらしいというので1日1杯どころでなく2、3杯飲んでいたせいかは定かではないが、胃痛に見舞われた。胃が固まって背中を伸ばせず前かがみになる感じ。ターメリックを取りすぎたのだろうか。量の問題なんだろうなぁ。これをやめたら胃痛もなくなったので、そのまま飲まなくなってしまった。なんだか残念。そのうちまた少量で始めるかも。


[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-20 15:43 | buono!

じゃがいも植えよ

今年こそ植えてみたかったもの、じゃがいも。
a0142810_16452054.jpg
もう植木屋さんには種じゃがは売り切れでなかった。農家直売場にある芽が出かけたじゃがいもを植えようと思っていたら、その話を聞いた友だちが近所の農家から種じゃがを分けてもらってきてくれた。言ってみるもんだなぁ。
a0142810_16470325.jpg
じゃがいもを植えるには土の準備をしなければならない。掘り起こすのも大変。それで調べて見つけたじゃがいもタワーとやらを試してみることにした。
a0142810_16480931.jpg
ネット状のものを筒型にして、藁や土を高さ30cmになるようにつめる。そこにたね芋を10cm間隔でぐるり植え、水をたっぷりやる。その繰り返し。これは100cmの網なので3段植えた。いちばん上にはじゃがいもと相性がいい豆類をまくのもいい。7日ほどで網の外側に発芽、こうしてじゃがいもタワーができるのだ。

土はなんでもいいらしい。シュレッダーにかけた紙でもいいそう。うちはたくさんあるロバのうんちを使った。ロバの糞は牛や馬とちがって寝かせなくても使えるというのを見たから。実験実験。
a0142810_16515183.jpg
ひとつタワーを作るのにこれが8杯はいる。しっかり働いていただこう。

ただこのタワー、強風にあおられたりするとぼてっと倒れてしまう。2日で2つ倒れてしまった。この問題はどこでも読まなかったなぁ。やってみないと分からないことだらけだ。
a0142810_16531932.jpg
日曜日は友だちがたくさん来た。
a0142810_16504033.jpg
けど畑仕事をしたのはチェチリアとセバスティアーノだけ。友だちが来ると楽しいけど森散歩したりいろいろ、なかなか仕事ははかどらない。みんな好きに過ごしてもらってかまわないので、種蒔きどき、植え時、わたしはここへんにいます。
a0142810_16535634.jpg



[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-19 16:44 | casa nel bosco

潜入!コスモプロフ

ボローニャのフィエラでおそらくいちばん盛り上がるのが、ビューティー関連のフィエラ、コスモプロフ。
a0142810_03171319.jpg
今年は50周年でさらに盛り上がっているもよう。

会場外ではなにやら大規模なデモもあり、なにかとアツイ。
a0142810_03410302.jpg
ここのフィエラ会場に来るのはアートフィエラ、子供の絵本フィエラ、健康系のSANA、
建築関係のCERAIEといったところ。アートフィエラがいちばん興味あるところだけど残念ながら年々縮小。それにくらべてコスモプロフはすごかった!!

このフィエラに来ることになったのはというと。
昨年初夏に依頼をもらって作ったナチュラルコスメをイメージした作品がパッケージデザインに使われ、そのお披露目があったから。
a0142810_03423175.jpg
エノレアは、トスカーナのヴィラを愛してやまない初代が開発したブドウエキスとオリーブエキスから作られたナチュラルコスメ。効果のほどは実証されているとか。ただパッケージが10年前の当時のものだと古臭く、それをリニューアルさせるために友だちの紹介で依頼をもらったのだ。
a0142810_03414260.jpg
残念ながら小さなスタンドだったので全体像がきれいに撮れるアングルがなく、部分ショットだけ。いつかちゃんと撮りたい。デザインは上手に落とし込んんでいると思うけど。

さて続いて友だちがお手伝いしているわが日本のメーカーのスタンドに。

Love Chromは特殊コーティング加工を施した画期的なヘアコーム。
a0142810_03514793.jpg
日本の特殊技術、職人技のたまもので、コームするたびにつやつやな髪を作ってくれる。実際使ってみて分かったのは、髪がつやつやになって白髪が目立たなくなるということ!わたしも是非ひとつ欲しい。


こちらはボローニャの老舗メーカーだけどパリジェンヌという名前。犬ともマルコ(棚の向こう側にいる)の会社で2代目。
a0142810_03532539.jpg
「昼ごろもどっておいで、うちのケータリングはほんとに美味しいよ!」って。みんななが〜らく働いている社員ばかりで親戚総動員でボロネーゼ料理を社内で仕込むんだそう。そりゃ見てみたいなぁ。

あまりに広いので一部を見ただけだけど、なかなか面白かった。
a0142810_03542757.jpg
ヒップスター男のバーバー系スタンドがたくさんあったのも面白いところ。
a0142810_03551711.jpg
男のコスメはもはや常識なのだ。
a0142810_16463636.jpg

超インターナショナルで大規模なフィエラ、このなかからみんなどうやって取引先や商品を選ぶのかなぁ。なにはともあれボローニャで成功しているフィエラを久々に見られてよい経験だった。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-17 15:16 | day 2 day

クイック丼ぶりランチ

かれこれ1年以上前からお昼はパオロが作っている。男のパスタはなかなかうまいのだ。パスタのあとわたしが気まぐれサラダを作って2品料理がいつものコース。

ここ最近お昼に帰って来ないので1人でクイック丼ぶりランチ。
a0142810_05020154.jpg
前日の残りの雑穀米は冷えたままどんぶりに。そこに茹でた芽キャベツやブロッコリー、茹でたお湯に酢をたらし自家製たまごをおとしポーチドエッグ風に。麻の実などナッツに麻の実オイルと醤油をたらしたらベジ玉子丼のできあがり。あ〜納豆入れてネバネバ丼にしたいなぁ。納豆を作りたくてドライ納豆を送ってもらったもののまだ実践していない。とおくないいつの日かやるのだ!


[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-15 05:01 | buono!
a0142810_04571459.jpg
幅2mの地図は新しくオープンするB&Bへ。
泊まりにきた人の出身地に印をつけて行ってもらうそう。最初の宿泊客はカナダからだそう。世界中のフラッグがつくといいな。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-13 04:56 | art & design

ぽっかぽか日曜日

森じゅうに咲き乱れるルスティカーニの花を飾った日曜日。
a0142810_16102023.jpg
今日はみうと同い年のピエトロ&ファミリーが遊びにきた。ママのフランチェスカはガールズナイトアウト(女子会)メンバーで、約月1で一緒に腹をかかえて笑っている仲間。

パオロがアグレッティ(おかひじきみたいなの)とツナとアンチョビのパスタを作った。
a0142810_17165887.jpg
この時期限定のアグレッティは毎年楽しみにしている野菜のひとつ。

草むしりしたらたくさん出てきた小さなほうれん草とタンポポの葉っぱ、と農家直売所で買ってきたラディッキオなどのサラダ。カナパ(麻)オイル?カナパシード、ひまわりの種、お醤油のドレッシング。
a0142810_17192464.jpg

フランチェスカはお得意のトルタを作ってきてくれた。
a0142810_16110592.jpg
ベリーのソースにメレンゲが乗ったケーキをみて「誰の誕生日?」というので「誕生日じゃない日のお祝いしよう」とロウソクを立てた。

それからピエトロのリクエストで暖炉で焼きマシュマロ。
a0142810_16120448.jpg
もうそろそろ暖炉もいらない暖かさ。

食事のあとは森散歩。
a0142810_16132793.jpg
森整備隊が入った森はすっかりさっぱり。砂場で遊ぶ3人。

それから場所を変えて小川わきで泥遊び。
a0142810_17104150.png
帰るの卵みーつけた!春だなー。

それからボブも遊びにきた。
a0142810_17082453.jpg
外で紅茶とボブお持たせのビスケット。来週は外でランチかな。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-12 16:09 | casa nel bosco