ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ジケンです

ある日、夕食のあといつものようにパオロがゆまみうにシャワーを浴びさせた。いつものシャンプーの匂いと違うなーと思ったら、子供用ナチュラルシャンプーじゃなく大人の普通のシャンプーを使ったそう。その夜、ゆまが頭をかきむしりはじめた。やっぱり普通のシャンプーは体に良くないんだーと思ってナチュラルなシャンプーに戻してココナッツオイルで頭のパックをしたりしたものの、相変わらずかきむしっている。もしやと思って髪の中をチェックするもかきむしった傷とフケしか見当たらず。

その1週間後、学校から < シラミが出ました。お子さんの頭をチェックしてみてください >とのメモが。え〜と頭のチェックをするも見つからず。よく朝、朝ごはんのときもかきむしっているのでよくよく見てみると、い、いたー!せっかく美術館に遠足だったのに半休してシラミ対策。家族4人同じベッドで寝ているので当然みんなに移っていたのでもう大変。

シラミ対策頭皮ヘアケアをし、洗濯大会をし、ひとまずホッとしたものの、相変わらずかいている。数日後、夜中に電気をつけてみると、シーツにまた…もう軽い悪夢。

聞くと幼稚園や小学校でシラミをもらってきたというケースは結構あって、珍しいことではないそう。日本じゃ聞いたことなかったけど。いやぁもう2度ともらってきませんように。
a0142810_18122995.jpeg
シラミ退治してシラミ対策シャンプー中のみう。フローズンのアナしてるとこ。



[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-29 05:03 | day 2 day

苔玉

もう何年も前から作ってみたかった苔玉。日本では少なくとも15年前にはあちこちで見かけていたのがヨーロッパでも見かけるようになってきた。

それに注目したジャーナリストでフードブロガーのべべことベネデッタが、主催する有閑倶楽部Les Club Des Pirottinesで苔玉りをするという。それは是非と参加してきた。
a0142810_03540533.jpeg
教えてくれるのは、べべの仲良しフローリスト、ミゲル。ピート(torba bionda)7:赤玉3(なんとAkadama で流通していた)に軽石(pomice)少々。苔玉作ろうと思ったとき赤玉ってイタリアだと何?ケト土?水苔は??というところで挫折したんだった。赤玉は赤玉かー。ケト土なくてもいいのねー。
a0142810_04413307.jpeg
細かくかくはんした赤玉を水でどろどろにして、ピートとつぶつぶ軽石を混ぜ、ハンバーグ状に。
a0142810_04423494.jpeg
それに好きな植物を包み込む。私は森のシクラメン。
a0142810_04435092.jpeg
これをハイゴケで包む。
a0142810_18292979.jpeg
ハイゴケは小さい絨毯みたいに箱売りで見つかるそう。

包んだらテグスでぐるぐる巻きに。
a0142810_18302610.jpeg
そしてもこもこしているところはチョキチョキ散髪。
a0142810_18322508.jpeg
いろーんな苔玉。球根もかわいいなー。
a0142810_18334246.jpeg
今度は家にころころ吊るしたい。早速赤玉オーダーしなくちゃ。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-28 03:53 | day 2 day

冬とゆま祝い

ゆまの誕生日と冬がきた!祝い。
a0142810_03214493.jpeg
森で集めた栗の枝のクリスマスツリーもお披露目。
a0142810_03222017.jpeg
シャンデリアのクリスタルと赤い木の実のデコレーション。
a0142810_03225757.jpeg
西洋カリンのリースは暖炉の上に。
a0142810_03234346.jpeg
ピカピカすると断然クリスマス気分アップ。
a0142810_03243392.jpeg
森のコケや野草と田舎の家は相性抜群。
a0142810_03260282.jpeg
今日はお日さまも照って寒すぎずとっても森日和。子どもたちはさっと食べて外を駆け回っていた。
a0142810_03274109.jpeg
30人ちょっとで囲んだ大テーブル。ベジタリアンが2人、グルテンアレルギー1人いたのでベジタリアン料理を中心にいろいろ作った。お料理上手の友だちがドルチェを持ち寄ってくれて、ドルチェビュッフェに子どもたち大喜び。
a0142810_03281326.jpeg
わたしはスイートポテトとココナッツ粉のグルテンフリーのドルチェ。ゆまリクエストでチョコレートがけ。ユリアの三つ編みドイツ菓子も美味しかった!

たくさーん食べたら日が暮れる前に森散歩。
a0142810_03300159.jpeg
森の先にあるこの木にクリスマスツリーの飾りつけもしておいた。
a0142810_03304194.jpeg
みんな秋色の葉っぱ木の実を集めながら深呼吸。ユリアは木の皮の苔リング見つけた。
a0142810_03313980.jpeg
暗くなったら暖炉で焼きマシュマロ。
a0142810_03322273.jpeg
ゆまおめでとう!ようこそ冬!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-27 03:20 | casa nel bosco

ザワークラウト

北イタリアはウディネにいるお姉さんのところから帰ってきたユリアが「オーストリアのファーマーズマーケットで新鮮なザワークラウトが手に入ったの!」とごはんに誘われた。
a0142810_17325666.jpeg
じゃじゃーん。本場ホンモノのザワークラウト。酸味のあるキャベツ(なんだって!酢+発酵したものかと思った)を細切り、塩漬けにしたもので、スーパーにあるような瓶詰め、真空のものとは全く違うそう。
a0142810_01244547.jpeg
スペックにクローブなのスパイスといっしょにぐつぐつ。甘いカラシやホースラディッシュといただきまーす。
ケーニヒスベルク風肉団子も美味しかった。
ユリアの家に誘われるとたいていカルロがごはん作ってくれるのでユリアの郷土料理フルコースは初めてだった。そういえばわたしも全品和食ってふるまったことないかも。今度作ってあげよ。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-23 17:32 | buono!

ゆま6歳

ゆま6歳の誕生日。
ワクチンの予約が入っていたので学校は早退。ワクチン打ったら12時。病院に連れて行ったパオロから「これからゆまとぶらぶらするから13時にレストランね」と電話。

3人でレストランなんて3年ぶり。ゆま久々にパパママ独占。
a0142810_05270355.jpeg
いつものレストラン、チェザーリでご希望のトルテッリーニ。

セコンドは私はトリッパ。オーガニック印牛のトリッパにうっとり。パオロの羊のローストもとーっても美味。
a0142810_16195986.jpeg
ドルチェはチョコレートケーキかと思いきやジェラートのチョコレートかけを希望。みうが知ったらジェラシーだなー。
誕生日プレゼントは、私からはキノコの栽培キット(地味!だけど実になる)。シイタケとエリンギ。パオロはゆまと「ぶらぶら」入った本屋で本とDVD3本。そういえばキャンドルも消さなかったけどね、おめでとう。元気いっぱい健やかな1年でありますように。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-22 05:25 | day 2 day

チョコショー

毎年恒例チョコショーがマッジョーレ広場に。
a0142810_04441172.jpeg
図書館に行きがてらゆまみう連れてぐるり。
a0142810_04452367.jpeg
ハートのぺろぺろチョコを熱望するふたりに希望のものを与えて静かになったところで気になったブースでチョコレート吟味。
a0142810_04471492.jpeg
石臼でひいた厳選カカオを使ったシンプルなチョコレートを購入。
a0142810_04480004.jpeg
例年のようにここでホットチョコレート解禁。冬きたなー。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-18 04:43 | day 2 day
今夜はガールズナイト。
a0142810_05395225.jpeg
いつものようにカテリーヌのお店スフォリア・リーナでアペってから

駅の向こう側、ボロニーナにあるエチオピアレストラン、ハベシャ(Habesha)へ。

べべのフードブログにも紹介されていて気になっていた。
ボロニーナにあるハベシャは今年3月オープン。明るいオーナー夫妻の人柄か、着々とファンを増やしているようで、気づけばほぼ満席。
a0142810_05405984.jpeg
シェフ、ジェルマニシュはエチオピア出身、夫はイタリアの植民地でもあったエリトレア出身。戦争や問題が絶えない2国の料理もビールもここでは一緒にテーブルに並ぶのだ。
a0142810_05420177.jpeg
1つのお皿から手で食べる私たちはフランス、ベルギー、イタリア、日本(とドイツもいるはずだった)と気づけば多国籍。
a0142810_05424038.jpeg
エチオピアビールのお味は…イマイチ。笑
a0142810_05432344.jpeg
いろーんな料理を酸味のあるパンで包んだこれはまたナイフフォークがないと食べにくい料理。ゆで卵も丸ごと。お国変わればだなー。

気づけばもう0時。あーっという間のガールズナイト。「料理も美味しいしオーナーもいい人。あのインテリア、私が手入れしてあげたい!」とカテリーヌ。ほんとね、まずはまっ白な蛍光灯外すことだね。次はペルシャ料理かな〜

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-17 05:39 | amici / friends

ニコリーノ6才だ

ニコリーノの誕生日。プレゼントは日本から余裕で届くはずがまさかの届いてなかった事件。
それで急遽思い立ったのが、顕微鏡。将来なりたいものはパパカルロみたいに「科学者!」っていうんだからね。われながら名案。でも今日の今日でどうしようと探し回っていたら、なんとパオロの倉庫にあるって!

そして無事中古のこども用顕微鏡をプレゼント。じゃじゃーん。
a0142810_03055704.jpeg
さっそく玉ねぎの皮をセット。なつかしいなぁ。

カルロは18番のカルチィフィの蒸し焼きに
a0142810_03065726.jpeg
チーマディラーパのペストのオレッキエッテ。
a0142810_03080066.jpeg
ユリアのチョコレートケーキでハッピーバースデー♪
a0142810_05234618.jpeg
パパの背中を見て育ってるんだなー。
a0142810_05252071.jpeg
ちなみにこの坊や、誰でしょう。
a0142810_05354739.jpeg
もちろんカルロ。ニコリーノそっくり!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-16 03:03 | amici / friends

日曜日

今朝は暖炉でジャガイモと目玉焼き。
a0142810_05353926.jpeg
それから森をひと散歩。前見つけたあたりにあったあった、大きなmazza di tamburo カラカサダケ!
a0142810_05363248.jpeg
ずいぶん開いてるけどね。数少ない確実に食べられるとわかっているキノコ。
a0142810_05372230.jpeg
ヘーゼルナッツの香りがする。

ランチにありがたくいただいた。
a0142810_05380517.jpeg
パオロがタリアテッレに。残ったキノコはひよこ豆粉の衣で揚げた。おいし〜

それからニンニクを植えた。
a0142810_05392813.jpeg
今日遊びにきた設計士のアレッサンドラは、プーリアにいったとき三つ編みしたニンニクを売っていて、ひと編みで1年分だよ、と言われ、どういう計算?といったら52個=52週の計算だって。なるほど!ということはうまくいけば5ヶ月分のニンニクができるかも!?

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-13 05:35 | casa nel bosco

初雪

森は雪化粧していた。
a0142810_23223265.jpeg
初雪のお味は?
a0142810_00203055.jpeg
秋に葉っぱをロバにすっかり食べられたトッピンナンブル(菊芋)、ちゃんと出来てた。
a0142810_00222835.jpeg

ロイアーノはビブラーノ村の材木屋さんへ。
a0142810_00233864.jpeg
先日ユリアと初めて訪れて大興奮したところ。今日はオーナーのパオロはお留守。
a0142810_00250534.jpeg
変わりにレッジョエミリアから通っているアーティストのアルベルトが案内してくれた。

アルベルトはみうの幼稚園内にある椅子や家や昇ったり滑ったり楽しい遊具も作った。
a0142810_00273288.jpeg
これはアカシアの床材。きの形を活かしたユニークなフォルム。こんな素材がパオロの材木屋では見つかるので遠方から訪れる人も多い。アルベルトはいろんな(材木)素材をここで仕込んでイタリア内外の公共施設や個人宅で作品を作っている。
a0142810_00264905.jpeg
おがくずは最高のおもちゃ。雪やこんこ♪

このツリーハウス、いいな〜。家の真ん中にちゃんと木の幹がある。いつかうちの200歳のカシの木にも作りたい。
a0142810_00290633.jpeg
明日はスーパームーン。このルナパーク(遊園地)はインスピレーションの源。
a0142810_02075964.jpeg

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-12 23:20 | casa nel bosco