ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

<   2016年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

夢のCeramiche師匠と弟子展

この日にミラノに来た大きな目的のひとつは、他でもないこの展示見たかったから。
a0142810_00425585.jpeg
森にお鍋かついで遊びにきてくれるたま姉と、お師匠グイドの夢の2人展。
a0142810_23333410.jpeg
かつて20年前にミラノのお師匠の工房のウィンドーで偶然たまちゃんを見かけて声をかけてからのご縁。
a0142810_23344674.jpeg
日本に帰ってからたまちゃんはお師匠のところで作っていた陶器感と釉薬を再現するの悪戦苦闘したと聞いた。
a0142810_23355677.jpeg
そして「10年(陶芸を続けて)経ったら帰っておいで」と見送られたお師匠との展示を夢見にて陶芸を続けてきたたまちゃん。

今回師匠のギャラリースペースで2週間住み込みして10何年の時間をうめるべく密な時間を過ごした2人の展示はとにかくグッとくるものだった。

お師匠グイドの作品は凛としていて人間味がある。
a0142810_23534011.jpeg
どこを見ても絵になる。
a0142810_23541958.jpeg
版画もステキ。
a0142810_23550313.jpeg
一度見たら忘れられない師匠の作品は、東京のたまちゃんの家で見てからいつか私もほしいなぁと願っていた。
a0142810_23554263.jpeg
今回私も夢が叶った!
a0142810_23525766.jpeg
パオロセレクトのお鍋さんに決めた。

グイドとたまちゃんの作品を抱いてほくほく帰路に。幸せなミラノの1日。



[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-29 19:11 | amici / friends

ミラノに

いくつかの用事があってミラノに。
a0142810_16131912.jpeg
六本木ヒルズみたい。Piazza Gae Aulenti。
歴史的建築物の修復リノベーションが専門のパオロとのコントラストの図。

ミラノで作品を置いてくれているマーラのお店Ottosegretiにお届けして
a0142810_16330313.jpeg
一緒にEatalyでサラダランチ。好きなものを乗せてくれて7€ちょっと。最高!でグラスワインが8€。なんじゃそりゃー。
a0142810_16335817.jpeg
すぐ近くのVia Corso ComoにあるジュエリーアーティストNatsuko Toyofukuの空間を見学。
a0142810_16142969.jpeg
60年代、5才のとき彫刻家の父豊福知徳氏とミラノに来たナツコさんはほんわかとってもステキな女性。ナツコさんのジュエリーも扱うマーラのお店で私の作品を見て気に入ってくれていて、来春ここで個展をさせてくれることになった。かの10 Corso Comoの向かい側!楽しみ楽しみ。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-29 16:32 | day 2 day

習い事

小学生になったゆま、そろそろ習い事もできるかなと思っていたところ、ニコリーノがタイチー(太極拳)のクラスを見に行くというので一緒に体験タイチー。
a0142810_17032568.jpeg
場所は小学校と同じ通りにある高校の体育館。運動神経抜群のニコリーノは体育館に入ったら(というか学校から出てからずっと)駆け回りっぱなし。でも先生の指示に従って動かないとね。ゆっくりの動きとはやい動きを交互にしてウォームアップ。ニコリーノには物足りないんじゃ?と思ったけど、ユリアの目的はニコリーノが先生の指示に従って動けることを学ばせること。超やんちゃなニコリーノに空手や柔道ではなくタイチーを選んだのも分かるわ。ちなみにカルロは30年以上もタイチーをしているベテラン。カルロは小さいころニコリーノにそっくりだったそう。
さてニコリーノはタイチー習うと決めたけど同じ日にある別の習い事も見せてみたいのでゆまは保留。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-27 17:01 | day 2 day

ハッピーガーランド

犬や猫は適当な円状のものが床にあるとそこに座り込む習性がある。ゆずも(ニワトリのビアンカもだった!)私のワイヤーの円状にした束の中に座り込む。不思議なものだが気持ちはわかる。
私も「円」状のものに惹かれる。卒業制作も円窓をテーマにした。蔦や枝や葉っぱのガーランド(リース)も大好き。

結婚20周年のプレゼントのオーダー、でも何がいいかしら、というのでオリーブのガーランドを提案した。
a0142810_14223202.jpeg

お世話になっているミラノのお店Ottosegretiにはロゴ入りのをプレゼント。
a0142810_14325617.jpeg


[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-26 21:55 | art & design

Style Piccoli

久々の友だちから「雑誌で見たよ、bravissima!!」とメッセージをもらった。なになに、なんの雑誌??聞くと、新聞社が季刊的に出している子どもモード雑誌Style Piccoliだった。そういえば数ヶ月前ミラノのショップOttosegretiのマーラが作品を貸し出したっていってたっけ。
a0142810_21434381.jpeg
けっこうなページ数。
a0142810_21440488.jpeg
P108〜。かわいいし。ありがたや。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-26 21:41 | art & design

おはようロバ

朝ごはんしてるとゆずが急にドアに向かってソワソワ。何かと思ってのぞくと
a0142810_17090711.jpeg
ノーラとモモ!

あさごはんのおこぼれをもらいに来たみたい。
a0142810_17103788.jpeg
はいパンどうぞ。
ロバは太りやすいのでエサは繊維質なワラだけ、それも3回目に収穫する最も栄養価が少ないワラをあげること。トウモロコシ、麦、パンなど糖質が多いものは与えないこと。と書いてあった。けど寒くなってきたし7ヘクタールどこにでも行けるんだから(いかないけど。)ちょっとくらいいいよねー。なにせパンをあげるようになったら急に人懐っこくなったノーラ。かわいいんだもん。モモはまだなにこれたべんの?それより遊んで〜ってつついてくる。

畑のほうはというと
a0142810_17133088.jpeg
初めてカボチャを収穫。ちっちゃいなぁ。しかも数少ない。来年はもうちょっとちゃんとやろう。

パセリと相性がいい小松菜や大根ボラジは種まいて1週間で生えてきた。
a0142810_17145133.jpeg
まだ暖かいから育つのもはやい。

パオロは裏手の庭にテラスを作った。
a0142810_17185931.jpeg
ただ去年の結婚式のときに作(らせ)ったステージを裏の丘地の夕日がよく見えるところに移動させたんだけど。今日はここでアペリティーボ。いいねいいね。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-25 17:08 | casa nel bosco

ジャンボたまごと薪

またまた赤い子が双子のたまごを産んだ。
a0142810_00570345.jpeg
味はかわらないけどね。毎日うちのたまごが食べられる幸せ。
a0142810_00593494.jpeg
ツインはゆまみうに食べられたので私はビアンカの。

さてさて、近所のアントネッロとマルコが薪を持ってきてくれた。
a0142810_16445307.jpeg
これで1.5トンだって。省エネの薪暖房がまだできてないので暖炉で使う。薪暖房だったらこれで一冬いけるのかな、でも暖炉だったらキッチンの暖炉ひとつを週4つけてて3ヶ月分くらい。もっと寒くなったらもう一部屋の暖炉もつける。寝室は木のチップの暖房で寒さをしのぐ。なにせ1フロア200平米。壁厚70センチの石の家は5日留守にしているとひえび〜えだけど、保温性はいいので使っている1フロア、週4で暖炉をつけていれば留守して帰ってきてもなんとなく暖かいものだ。ちなみに全館1000平米。でかすぎ。
a0142810_16481738.jpeg
今日はニコリーノたちもきて賑やかだった。やんちゃキッズがいると大きい家は家のなかでもダイナミックに動けるのはいい、けどね。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-24 00:41 | casa nel bosco

ガールズナイトアウト

夏前ぶりのガールズナイトアウト。
a0142810_21294239.jpeg
スフォリアリーナのカテリーヌのところで待ち合わせしてアペリティーボ。
a0142810_21321485.jpeg
いつものメンバーフランチェスカも合流して閉店だってのにノンストップトーク。

トークにますます勢いがついてきたところでさてどこに行こうか。
a0142810_21350320.jpeg
マッジョーレ広場もなんだか賑やか。久々な町のライブ感。

ボローニャフードガイドapranzoconbeaのべべに推薦され、新しいお店WOODに。
a0142810_21364089.jpeg
「ここ工事中に通ったことある。土曜日オープニングって書いてあるのに木曜日でもまだガラス窓すら入ってなかった。うちよりひどかった!がんばれーって思ったもんね」とカテリーヌ。去年チェントロにオープニしたスフォリアリーナもギリギリの施工だったけど、ミラクルが起きるのがイタリア。

ここはドリンクとくにカクテルがいいみたい。食べ物はタパスで小ぶり。
a0142810_21430273.jpeg
フードが弱いのは残念だけどアペに来るにはいいかもね。ザワザワしてないしスタッフも雰囲気いいから日中カフェとかで来たいかなぁ。

とまあこんなかんじだったけど、たまには女子会いいねぇ。メインのトークは爆笑しすぎてお腹いたいくらい。今度はガッつり食べて飲めて笑えるとこで!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-23 21:30 | day 2 day

13時のデート

仲良し夫婦ニコレッタとマルコとばったり飲屋街via del Pratelloで会ったとき、「子どもたちは?」と聞いたら、「家でベビーシッターといるよ。そうでもしないと出かけられないからね。週1回はこうしてデートしてるんだ。」シッター代と高くつくデートだけどね。だって。そうなのだ。イタリアじゃお呼ばれしても子どもたちはおばあちゃんやシッターに預けるのが普通。うちはどこでもだんごで一緒だけど。それでランチデートをしようということになった。

1回目は、夏の間も毎日ボローニャに来ていたパオロが8月中も開いていた数少ない近所のレストランで度々行ったというロヴェーショ。

2008年にオープンしたロヴェーショは地域の素材にこだわったレストラン。どこの誰がどんな風に作ったものか、ワインにもパンにもカフェにもカフェの砂糖にも書いてある。
a0142810_15595132.jpeg
月替わりと週替わりのメニューがあり、私は9月のメニューから、手打ちキッターラ、ナスとミニトマトのコンフィ、バジル風味のパン、水牛モッツァレラのクリーム。
a0142810_16011260.jpeg
水牛モッツァレラはパスタの下に敷かれてあった。これで色とカリカリ食感を損なわず、バランスいい一品にするんだ、なるほど!ピスタッキオも入っているであろう香ばしいパン粉のカリカリがかかっているの、すぐ真似したい。
a0142810_16024635.jpeg
ドルチェはフォンダンカカオ75%のチョコレートムース、アーモンドのカリカリにローズマリー風モモソース。
a0142810_16034298.jpeg
黒砂糖にもね、ストーリーがあるのだ。

メニューは多くはないけどどれも魅力的で月替わりだったら毎月来ても飽きないね〜。きっとまた来よう!



[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-23 15:58 | buono!

森の恵みで

3日ぶりに森に来たら
a0142810_17574737.jpeg
みんなちゃーんとたまご産んでるー。えらーい!

モモにすっかり食べられたパセリもせっせと育っている。
a0142810_17585248.jpeg
今夜はたまごとオルティーカで
a0142810_17593569.jpeg
ジャンボフリッタータ、卵焼き。
a0142810_18002000.jpeg
暖炉で焼いたジャガイモ(だけは自家製じゃないけど)も美味しいなー。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-09-21 17:56 | casa nel bosco