ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2016年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

カワイイ♡

保育園にいく途中、犬とも二コーラとバッソッタウンのアダ&子犬たちとばったり。
a0142810_15270584.jpeg
もう可愛くて可愛くて。
こうして今日は遅刻しました。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-31 15:25 | day 2 day

ゆま卒園式

6月にはいるとすぐ小学校以上は3ヶ月強(!)の夏休みにはいる。幼稚園は6月末までだけど、おにいちゃんおねえちゃんがいる子たちはおばあちゃんや親戚と海や山のバカンスに入るので、5月末に卒園式というか園のフェスタが行われる。
a0142810_15091231.jpeg
ゆまもフェスタ3度目、今年が最後。縦割り3クラス、出し物は相変わらずとっても低レベル。。どこもこんなものなんだろうか。
a0142810_15103188.jpeg
ひとりずつ滑り台のステージにあがり卒業証書授与。
a0142810_15113484.jpeg
このあと持ち寄りビュッフェ。そこで担任の先生やアシストのおねーさん(とはいえこっちのセンセはそう若くない)たちに、クラスからお礼のプレゼント。
a0142810_15191721.jpeg
今年は依頼をもらってイニシャルのチャーム。オレンジ組なのでオレンジの紐。お世話になりました!


[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-30 15:07 | day 2 day

小さなともだち

週末ゆまみうが森のあちこちに置きっぱなしにしてきたものを拾い集めてボローニャの家に帰る準備をしていたら、階段の丸窓のところでバタバタしているものが。
a0142810_14264052.jpeg
近づいてみると、ことりちゃん!
「わたしがたすけてあげるー!」
a0142810_14274256.jpeg
バタバタちゅんちゅん。リビングのピアノの上に。
a0142810_14284596.jpeg
ネコとウサギとことりの作品の間。素敵すぎ!
拾った枝にワイヤーの葉っぱをあしらった作品にもとまってくれたのは最高だった。

窓をあけたら幸いちゃんと飛んでいった。外ではママ鳥なのか、ずっとちゅんちゅん呼んでいた。うちのまわりにいつもいる鳥だ。巣立ったばかりだったのかなー。

こちらはのんびりな虫とずーっと遊ぶ方。
a0142810_14304072.jpeg
ずいぶんこうしていたのが、見ると移動して「おうちつくったの。」
a0142810_14325806.jpeg
カゴやら箱やら取り外してみると、残念ながら石の下敷きになっっていた。チーン。

次に見つけたのは「ぶるーこ!(あおむし)」
a0142810_14335918.jpeg
このデリケートな手さばき。
a0142810_14345466.jpeg
ずーーっと遊んでいたんだけど。
a0142810_14360013.jpeg
こちらも食事の前パオロに手を洗われてギャン泣きしてきたので何かとおもえば「パパがぶるーこ流したー(T ^ T)」そんなひどーい!とパオロをとがめると、「そんなもの持ってたなんて知らなかった!」だって。いちばん可哀そうなのはブルーコだ。ナンマイダ。。

こんどはゆまが「かたつむりが!」と呼ぶので見に行くと、大きなかたつむりがイチゴやアプリコットの食べ残しをむさぼり食べていた。
a0142810_14371976.jpeg
こういう糖分があるものを畑のわきにおいておくと、こっちを食べて作物まで来ないと聞いた。なるほどね。

あー今日もまた盛りだくさんだったね。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-29 14:25 | casa nel bosco

干し草の丘で

先日まであたり一面緑色だった森の家周辺の畑、今朝は干し草色に。
a0142810_23282957.jpeg
草は刈って干し草ロールになっていた。これがごろごろしているのは初夏の風物詩。5月、8月とたいてい2度は見られる。窓からの景色も一変、一気に夏っぽくなった。
a0142810_23295109.jpeg
ただいまポピーがまっさかり。
a0142810_14122050.jpeg
イチゴも収穫絶好調。
a0142810_13423448.jpeg
さくらの木の下でいちご休憩。
a0142810_13441202.jpeg
さくらんぼも日に日に赤くなっている。
a0142810_13454222.jpeg
去年の雪で曲がった枝のおかげでゆまみうも手が届いちゃう。
a0142810_13474742.jpeg
この季節初めての畑の収穫は、ラディッシュ。
a0142810_13502331.jpeg
ピリっと辛くておいしい!

畑はというと、

にんじん
a0142810_13541500.jpeg
さやえんどう
a0142810_13555495.jpeg
コリアンダーにビーツなど
a0142810_13581820.jpeg
種から植えたトマトはこの春寒くてぜんぜん育たなかったけど、去年のミニトマトからかってに生えてきた苗がいけそう。
a0142810_13522981.jpeg
でもかたまって生えてきているのでバラさないと。うまく移植できるかな。

ハーブのエリアに勝手に生えてきたタンポポは、サラダに便利。ここならパオロに刈られることもないはず。
a0142810_14001565.jpeg
ゆまがせっせと摘んでくる草花。なんてかわいい。
a0142810_14013943.jpeg
今年はじめての庭でジェラート。夏の家でご近所のはるかちゃんとマウリのお持たせ。
a0142810_14030579.jpeg
明日は雨予報でこの干し草ロールはすぐ持っていかれるだろうな。(と思っていたらやっぱり翌朝雨の前に巨大トラックで運ばれていった)
a0142810_14060152.jpeg


[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-28 23:25 | casa nel bosco

ボンボでクレープ

パオロが犬トモオジサンたちと食事会だった夜、それじゃゆまみうと私も出かけちゃおうかなーと思っていたら、かおりちゃんに「うちのお舅のクレープ屋さんに遊びにきて!」と誘われて(ラッキー♪)、サンフェリーチェ通りにあるボンボドゥエにやってきた。
a0142810_19521244.jpeg
私の行動範囲と若干ずれているのと、通るときはたいてい閉まっているので行ったことはなかったけど、創業1977年、老舗のストリートフードのお店。連日夜2時まで、週末は16時〜明け方までやっていて、パオロ世代が若かったころは夜遊びのあと、必ずお世話になったという。
a0142810_21262828.jpeg
サンフェリーチェ通りにはかつていいお店がたくさん、それに劇場が2軒あったので、週末ショッピングする家族連れや劇場にいくカップルがお茶やディナーにと通っていた。
a0142810_21294132.jpeg
90年代後半、サンフェリーチェの店も減り、劇場も閉まって、人の流れが変わってお店は少し寂しくなった。
a0142810_21311926.jpeg
それでもこのレナートおじさんのクレープの美味しさは健在。3世代で通い続ける人たちもいる。
a0142810_21322960.jpeg
中身を3種類選ぶと6ユーロ。これはほうれん草、卵(2つ!)パルミジャーノ。栄養たっぷり、おなかいっぱい!
a0142810_21333584.jpeg
思わずお皿をなめちゃう子だって。

週末はクリームが入った砂糖がけ揚げパンボンボローネ(店名のボンボはここから)もあり、これ目当てのお客さんも。それ、是非食べたい!!また来まーす!


[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-26 19:50 | buono!

街角で

近所のサンフランチェスコ広場界隈、石畳をはがして工事中。
a0142810_19250272.jpeg
ひとつひとつ手で微調整してはめていく。
a0142810_19254830.jpeg
炎天下でご苦労さまです。

サイクリング道路が充実してきたボローニャ、信号の間にあるのはタイヤ用ポンプ。
a0142810_19265220.jpeg
ここ一箇所でしかまだ見たことないけど。穴場。


お題とは無関係だけど
a0142810_19275864.jpeg
最近のみう、絵らしいものを描くようになってきた。保育園のお友だちだそうです。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-25 19:19 | day 2 day

ショーペロの日

ストで幼稚園も保育園もお休み。
a0142810_19042384.jpeg
バールにいって図書館にいって本をたくさん借りてきて
a0142810_19060285.jpeg
ご近所さんちにピンポンして(マリアおばあちゃんは留守でした)おとなりの上下同い年の兄弟と渡り廊下で遊んで
a0142810_19163386.jpeg
なんとかやりくり。
なが〜い夏休みのことは…考えたくない。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-24 16:49 | day 2 day

今日はさぼてんと

登園したみう。
a0142810_02025075.jpeg
お花をみんなに見せてあげるんだって。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-23 02:01 | day 2 day

ガブリエッラの庭訪問

森の家にいくとき必ず通るGiardino del Casoncello(カゾンチェッロの庭)。
a0142810_13593551.jpeg
べべことベネデッタがガーデナー友だち経由で予約してくれたガーデンツアー。庭は春と秋の週末だけ公開、予約は1、2年待ちなんてこともあるくらい大人気。近所だけどオーナーのガブリエッラはもと舞台女優。受け継いだ荒れた土地を何年もかけて手を入れ、戦時中爆破された廃墟を直し、20年前から一般公開している。
a0142810_14032216.jpeg
道の両端ともガブリエッラの庭なので、花がたくさーん。ここを通るときはいつもわくわく。

「食べられる野草」の図鑑でしか見たことがなかったニセイラクサ(オドリコソウ)はゆまがすぐ見つけた。
a0142810_14060834.jpeg
通りに黄色く咲き誇っているこの花は、花が抜けたあとが星型でかわいい。
a0142810_14074514.jpeg
べべのサングラスもお花ばたけ。
a0142810_14092831.jpeg

「複雑なバラ」なーんて名前なの。
a0142810_14112931.jpeg
ガブリエッラに続け!
a0142810_14133452.jpeg
触って嗅いで発見がいっぱい。

庭の外からも見える「死んだ塀」というこの塀は、杭と杭のあいだに森の枝や葉っぱを積んでいって作る。目隠し、動物避け、鳥や小動物、虫などの住みかにもなる。
a0142810_14162029.jpeg
去年の雪で倒れた桜は支えられてさくらんぼもなっていた。
a0142810_14191728.jpeg
竹林。タケノコ採りにきたいな。
a0142810_14213941.jpeg
この庭は寄付やボランティアで運営されている。日本人の多大な寄付によって建物の修復もできた。日本でも講演ツアーをしたこともあって、ガブリエッラの日本への想い入れは強い。
a0142810_14243959.jpeg
山椒もあった!日本のより香りが弱いけど確かに山椒。
a0142810_14272690.jpeg
日本のメディアにも取り上げられてる。

さて2時間強のガーデンツアー。本当はおこちゃまお断りだったようでみうゆまを連れていったもんだからしょっぱなブーイングされた。午後の部だったのでみうは眠いわ暴れん坊になるのでパオロと早々に退散。
a0142810_14290188.jpeg
毎日植物や自然の図鑑を持って登園するゆまは、(大半はアンドレアに肩車されてだけど)最後まで満喫。
a0142810_14305909.jpeg
帰ったら夕日を浴びながらアペリティーボ。
a0142810_14331012.jpeg
イラクサとアカシアの花のフリット。
うちでも摘み草料理ツアーしたいな。ゆまにエキスパートになってもらわなくちゃ。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-22 13:57 | casa nel bosco

ひそひそ何語?

ひそひそ
a0142810_13370116.jpeg
ひそひそ
a0142810_13305900.jpeg
なにやら楽しそう。

今日はユリアが作品の展示イベントを隣町ピアノーロでしていて、ニコリーノとレオ兄弟、とユリアのお母さんバルバラが来ていた。
a0142810_13340913.jpeg
バルバラはドイツ人、ドイツの大学町に住んでいるけどインドカルチャー研究者だったユリアのパパとインド生活してからすっかりはまり、1人で2年留学、ヒンズー語もマスターし、いまでも年数回はインドやらあちこち旅に出かけるスーパーおばあちゃん。さすはユリアのママだ。
a0142810_13364754.jpeg
わんぱくキッズ4人くらい何てことない。

イタリア語も完璧だけどニコリーノとレオはおばあちゃんとはちゃんとドイツ語で話す。ゆまみうは私が日本語で話したってイタリア語で返してくる。やっぱりどっぷり日本語の環境にしないとだめなんだろうなぁ。ひそひそ話
お日本語でできるようになってね。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-05-21 13:19 | day 2 day