ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2016年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

朝の習慣

保育園に行く途中
「すとーっぷ!」とキックボード急ブレーキ。
a0142810_17083072.jpeg
家具修理のおじいちゃんの工房を覗きこみ
a0142810_17114119.jpeg
ネコのパパンにごあいさつ。
おじいちゃんはスクーターでやってきて工房をあけ、カフェを飲みにバールに出かけていく。なのでおじいちゃんがお留守なときはこうしてドア越しにおはようする。欠かせない朝の習慣。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-31 17:06 | day 2 day

グリーングリーン

昨年9月の結婚式のときみんなに植木屋さん指定でプレゼントしてもらった木々。主に果物の木と垣根になる木は秋に植えに来てくれて、今日は残りの花や緑の木が植えられる。
a0142810_02091238.jpeg
食卓用ブドウやラズベリーは斜面で日当たり抜群のところに。バラは家の向かい側の傾斜に。問題はカメリア。日陰気味のところがいいのだけど、唯一半日日陰の家の北西側は土は薄くて何も植えられる状態ではないし、ゆくゆく外壁の工事もするのに足場を組むのでそれまでは何も植えない方が賢明。
a0142810_02114148.jpeg
結局大きな松の木の下に9鉢、とりあえず鉢ごと植えられた。これで1年は様子見しながら様子を見よう。

こちら準備中の畑。畝を作ったら水やりホースを固定し、藁をしく。
a0142810_02142725.jpeg
これで保水や雑草対策になる。
a0142810_06212253.jpeg
渦巻き状にしてみた。迷路みたいで楽しい。ここに食べられる植物がぼーぼー育つかと思うとわくわくするなー。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-29 02:05 | casa nel bosco

パスクェッタは犬ともと

パスクァの翌日はパスクェッタ(小さなパスクァ)で祝日。
a0142810_01290189.jpeg
正午過ぎからぞくぞく犬ともがやってきた。
a0142810_16145609.jpeg
何人来るかはお楽しみ。(ドキドキ)
a0142810_01445640.jpeg
子どもたちも来たので一緒につみ草生花的なものを。
a0142810_16173241.jpeg
うちの中にも一気に春が。
a0142810_01304025.jpeg
新顔にしてボローニャいち(に違いない)パン屋フォルノブリーザのパスクァーレもパンをかついでやってきた。a tavola!
a0142810_01343248.jpeg
じゃじゃーん。26人でテーブルをぎゅうぎゅうにかこむ。みんな持ち寄りでいろんな料理が並んで楽しい。
a0142810_01331651.jpeg
…けれど9匹も犬が家にあがると大変なことに。特にオス同士。縄張り争いの惨事が起こってしまった…今後は対策をせねば。
a0142810_01382722.jpeg

外にいるぶんにはいいけどね。あーでも畑も対策いるな。シカやイノシシもだけど。

というわけであとの掃除やらなにやら、なんだか疲れたパスクェッタわ。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-28 16:12 | casa nel bosco

パスクァは森で

初めてむかえた森でパスクァ。
a0142810_13151437.jpeg
昨晩味噌作りしながら、そうだイースターエッグハンティングなんてやったら子どもたち喜ぶかな!なんて思いついたものの遅かった。来年は準備しようかな。

朝からひよこ豆植えてたら、こんにちは。
a0142810_13172170.jpeg
イースターエッグじゃなく冬眠中のヘビ見っけ。かわいそうだけどパオロがクワでやっつけた。

ゆまと同じ幼稚園に通うひとつ下のフランチェスカファミリーがやってきた。ママのアントニアとは昔からの友だちで、パスクァ休みになって「ゆまみう預からせて!」というのでどうぞどうぞと夜まで任せたとき、パスクァの話になりお互い予定もなかったので一緒に過ごすことに。
a0142810_13185714.jpeg
ナターレは長い休みだけどパスクァ連休は2、3日なので、わざわざ実家に帰らない人も多い。アブルッツォ出身のアントニアとファビオもそう。
a0142810_13201281.jpeg
春になり見る見る新芽が生えてきたオルティーカ(西洋イラクサ)のフリットにオルティーカとひよこ豆とサルシッチャのタリアテッレ。
a0142810_13211746.jpeg
お兄さんがオーガニックの肉屋のアントニア、羊のオーブン焼きを作ってきてくれた。パスクァといえば羊、だけどかわいそうだし今年はパス、と思っていたけど…やっぱり美味しい〜
a0142810_13222006.jpeg
暖炉で焼いたジャガイモにエシレバター、チーズは近所のオーガニック酪農家から。
a0142810_13232041.jpeg
パスクァーレのパン屋、フォルノ・ブリーザのコロンバはチョコレートがけでいろいろ入ってるムーチョ(なぜかスペイン語)グスト。くるみのリキュールノチーノ、自家製ははやばや売り切れ。お友だちの自家製をいただいた。今年も6月末しかるべき日に仕込むのだ。
a0142810_13280345.jpeg
たくさん食べたらのびのーび遊ぶ。わたしはひよこ豆植えの続き。
Buona Pasqua!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-27 15:13 | casa nel bosco

森で味噌作り

数ヶ月前からたくらんでいた味噌作り。母から麹が届き、3月末、寒作りとはいかなかったけど森でいざ味噌作り。
a0142810_16192573.jpeg
18時間たっぷり水を吸わせたイタリアの無農薬農業大豆、乾燥で1200g分。大粒の大豆がいいらしいけどこっちで見かけるのは小さいのばっかり。ひたひたの水加減煮込むこと3時間、が普通らしいけどまだまだ固い。結局5時間炊いてもなーんとなく固い?!(大豆のせい??)でももういいっ!と雲行きが怪し味噌作り。。
a0142810_16201484.jpeg
手でつぶしたかったけど固めな豆もあったのと(しぶとい!)予定外で遅くなったのでバーミックスでまわし、塩麹を混ぜ込む。
a0142810_16210556.jpeg
2キロの麹に800gの塩、のところ、ついつい1袋ざざーっと入れてしまった。。もうあとの祭り。しょっぱい味噌ができますよ。しかも水分が少なめで、パサパサ気味。でもお団子状にはなるしパカッと割れるのでいいのかな??
a0142810_16215200.jpeg
容器は2つ分になったので、(これも結局いきあたりばったり。)片方には暖炉で炊いたひよこ豆を加えてみた。小学校ぶりの味噌作り、妥協だらけだったけど失敗は成功のママ、10ヶ月後がドキドキ楽しみ。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-26 18:18 | forest house

パスクァ休みは畑で

パスクァ休暇は森で。毎日友だちが遊びに来てくれるなか、私は着々と畑の準備。
a0142810_14192549.jpeg
みうが撮ったゆま。(しっかりポーズ。笑)
みみずが見つかったら教えてね、とのリクエストに応えたら
a0142810_06545181.jpeg
すぐたっくさん集まった。「服に入ってくるー!」
a0142810_14124031.jpeg
ゆまも触れるようになってた。
a0142810_14160260.jpeg
ぐるぐる畑、出来てきた。

今日ははるかちゃんとやすこちゃんファミリーが遊びに来てくれた。お料理上手の2人、急なのにちゃちゃっと美味しい料理を準備してきてくれて、わたしはなーんにも作らなかったわ。
a0142810_14572159.jpeg
ナポリ流グリンピースのスパゲティに菜の花みたいなチーマディラーパのショートパスタ。どっちも種あるから数ヶ月したら畑で採れたての野菜で作ろう。
a0142810_14582849.jpeg


今日は2種のひよこ豆の種を植えた。
一晩浸水しておけばよかったらしいけどなんとなく芽をだしておいた。
a0142810_15090216.jpeg
でもどこにも芽をだしてから、なんて書いてないからよくなかったかな。ま、実験ってことで。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-25 06:46 | casa nel bosco
今日から学校はパスクァ休暇。
a0142810_01374534.jpeg
ゆまみうリクエストでマウリツィオのバールにいく途中、思い立ってステファニアのフラワーアトリエに。
a0142810_01392619.jpeg
マッジョーレ通りとアルドロヴァンディ広場の角にあるアトリエは、歴史的建築物のなか。
a0142810_01383538.jpeg

a0142810_01411389.jpeg
以前はウインドウのある店だったけど、飛び入りのお客さんが面倒で、引越した先はウィンドウのない隠れ家的なお店となった。
a0142810_01423084.jpeg
パスクァ使用のレストランのセンターピース。かわいい。
a0142810_01453598.jpeg
真似したいアイディアがいっぱい。

6月のウェディング用にとコンフェッティ。いろーんな種類があるんだー。

a0142810_01440238.jpeg
ステファニアにラナンキュラスの花をハートの小さなフラワーベースにそれぞれ活けてもらって2人ともご満悦。どうもありがとう!!
a0142810_01463799.jpeg

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-24 01:36 | amici / friends

ピーナと農園見学

ボローニャでベジタリアンといえばまず名の上がる食堂チェントロナトゥーラのシェフ、ピーナ。自ら作ってデリバリーしてくれたランチをいただいてから(わたしはおにぎり作った)向ったのは
a0142810_17343038.jpeg
ボローニャを北上すること30分ほど、アルジェラートにあるバイオダイナミック農法のアグリツーリズモ、ポデーレサンタクローチェ。
a0142810_06073855.jpeg
ボデーレのまわりは4種類の木がリズミカルに順番に並んでいて、遠くからでもわかる。

ここでは130種類の麦類がサンプルとして育てられている。
a0142810_17372111.jpeg
石臼でゆっくりひかれる粉は風味も栄養も格別。ボローニャではフォルノ・ブリーザに降ろしているって。ってことはうちの食卓にも上がってるってことね。
a0142810_05313779.jpeg
日本の脱穀機も活躍。えっへん。
a0142810_05482999.jpeg
古い品種からハイブリッドまで、大学の研究所と毎年育てている130種類の麦畑。
a0142810_05515880.jpeg
新しい品種は人間が収穫しやすいよう腰くらいの高さだけど古い品種は2mにもなるものも。6月の収穫時にまた見に来たい。

パーマカルチャーの農場ではブーやモーやメーたちがのびのび育っていた。
a0142810_05563236.jpeg
研究もかねて麻の農地もあった。9月の麻の実の収穫時雨で実はとれなかったので繊維をとるため(衣服用には硬すぎなのでロープや建材用)そのまま枯れ草のようにのこしてある麻の畑、収穫と繊維にするために発明した機械も見たり。ちょうど州主催のプロ向けバイオダイナミック農法のコースが行われていた。州もがんばってるんだなー。

ピーナと野生のセナペをつんで帰った。タンポポのつぼみは塩漬けにするとカッペリ(ケッパー)みたいになって美味しいよ、って。今度やってみよう。いろいろ勉強になった。



[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-23 17:30 | amici / friends

イキイキ


a0142810_17213025.jpeg
作品に色入れ。
a0142810_17225118.jpeg
表情もはいって
a0142810_17234181.jpeg
イキイキ。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-22 17:19 | art & design
森の家の隣町の小さなお友だちトンマーゾのお誕生会。
a0142810_14430303.jpeg
農場がテーマのパーティー、庭中に動物や野菜の飾りが。
ママのオザナはブラジル人。フィンガーフードもブラジルのかおり。
a0142810_14461633.jpeg
ロベルトとオザナの家はもとおじいさんの納屋。もと馬の餌場はリビングに。
a0142810_14475246.jpeg
ガラスの階段で上階に。
a0142810_14491771.jpeg
最上階は屋根の下。こんなゲストルーム、ステキでしょ。
a0142810_14503505.jpeg
バスルームはオザナのこだわりで大きなシャワースペースにゆったりリラックススペース。
a0142810_14514735.jpeg
別のバスルームにはジャグジーに床に川から拾ってきた丸い石を並べたシャワーボックス。ネガティビティを足から石に流しだすため。こだわってるぅ。

そしてここはロベルトのパーソナルミュージアム。
a0142810_14572149.jpeg
子どもの頃から集めてきた軍物がびーっしり。
a0142810_14531194.jpeg
上の段はアメリカ軍、下の段はドイツ軍の軍服。ここリヴェルニアーノは両軍の激しい戦いがあったところ。
a0142810_14543523.jpeg
うちの森の家が何十年も無人だった間、お宝探しでいろんな人が侵入した。ロベルトもそのひとり。そもそもロベルトと知り合ったのは2年前、金属探知機かついで森散策していいかとやってきてから。森の家で見つけたという「ドイツ軍が残していった乗物使用許可書」を「これは君たちのものだから」とくれた。ここにあったほうがよさそうだけど。

さてトンマーゾ初めてのお誕生会、結婚式並みに立派なケーキカットあり
a0142810_15051494.jpeg
プレゼントオープンあり。
a0142810_15085523.jpeg
参加した子供たち全員に贈り物があったりしてオーガナイザー、オザナに拍手だわ。
a0142810_15103553.jpeg
ほかにピアノーロでオーガニックショップをオープンしたばかりのもと日本語専攻のロベルタと、グラフィックデザイナーのパートナーとも友だちになった。クリエイティブな森友ができてよかった。



[PR]
by grazia_chizu | 2016-03-21 14:37 | amici / friends