ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2015年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

きのうお持ち帰りさせてもらったクレシェンティーナ。
a0142810_2363833.jpg

伝統にしたがって、カフェラテといっしょに。
a0142810_2364095.jpg

やっぱり揚げたてが美味しいけどね。ゆまハッピー。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-31 15:30 | buono!
ルイーザの実家でママがふるまうクレシェンティーナ(このへんの揚げパン)に舌鼓の会。
a0142810_2273296.jpg

べべとボローニャ新グルメガイドを作っているとき、ガイドにもでてくるクレシェンティーナの話になり、テクニカルな部分を手伝ってくれたルイーザが「やっぱりうちのママのがいちばん!今度食べに来てね」というわけで、お宅にご招待いただいた。
a0142810_227334.jpg

揚げたてのクレシェンティーナにいろんなフレッシュチーズや生ハムサラミなどをはさんだり乗っけたりしていただきまーす。ちなみにママレシピは、小麦粉塩インスタントリエビト(BPみたいな)、牛乳で、ラードではなく植物油で揚げる。
a0142810_2273699.jpg

ひたすらはさんだりのっけたりして、もぐもぐ。
a0142810_2273793.jpg

野菜料理もおいしかった!
a0142810_2273858.jpg

べべもルイーザの弟で画家のルイージもベジタリアン。
a0142810_2274063.jpg


挟むものはしょっぱいものだけではない。
a0142810_2274146.jpg

ヌテッラだってはさんじゃう。イタリア人の家には必ずあるっていうくらい国民食のヌテッラ。でもルイーザもべべもヌテッラを食べずして育ってきたって。うちもだ。でもゆまは「チョコレート!」と大喜び。これをたっぷり塗って2つも食べちゃったものだから大変。夜中にうなされてたのはきっとこれのせいだ・・

ヌテッラの何倍もおいしいこれはカラメリゼされたイチジク。
a0142810_2274296.jpg

トルタディリーゾ(お米のケーキ)は「子どものときからフェスタのときはこれだったの!」とべべ。
a0142810_227436.jpg

自家製ノチーノ(クルミが青いうちに作る甘い食後酒)はアルコール度が通常より低めでとーっても美味。
a0142810_2274537.jpg

VOV(ヴォヴ)は、マルサラ酒砂糖たまごレモンバニラとアルコールで作る。まさにボローニャのリキュール。
a0142810_2274676.jpg

これは漢方のデトックス茶。
a0142810_2274810.jpg

この一家、10年以上中国人の針&漢方の先生のところに通っているそうで、べべも私も興味津々。先生に中華食べにいくならどこ?と聞いたら、「行かないほうがいい」と、かわりに妻お手製の餃子やシュウマイを出前してくれたそうで、度々もらうので以来冷凍庫にストックがあるそう。次回はそれ、食べたい!
a0142810_2275070.jpg

気がいいんだろうな、ここんちのテラスには植物がにょきにょき。このサボテン、株を分けてどんどん増殖しているからと、アロエといっしょにもらってきた。この花は一日しか咲かないそう。それがちょうど今日だなんて。運命かしら。^ ^
a0142810_2275070.jpg

残ったクレシェンティーナはママお手製の布の袋に入れてもらって、みうがサンタみたいにかついでお持ち帰り。至れり尽くせり。今度はクレシェンティーナ、生地からいっしょに作らせてもらお。

ちなみにトップの写真はべべのガイド本に掲載されたお店のなかの80店ほどに配られるシール。クレシェンティーナの4倍ほど。笑 これが店のウィンドーや店内に飾られていたら、べべのお墨付きの店ってこと。ジャジャーン♪
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-30 22:17 | buono!

カンフーゆま

まだ5月なのに夏休み前の学校終いのフェスタがあちこちで行われている。

うちの近所の小学校では今日。大きな音でライブバンドの音楽(上手!)が派手に聞こえてくる。
a0142810_1305558.jpg

ゆまは踊ってちっとも進まない。
a0142810_1305713.jpg

なんかこう
a0142810_1305934.jpg

カンフーっぽいけどね。
a0142810_131178.jpg

びみょ〜
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-29 21:24 | day 2 day
森でユリアと散歩しながら先日作ったサンブーコのフリットの話をしたら、「ドイツではサンブーコの花はシロップにしたりクレープにしたりするよ」という。シロップはこの間作ったものをいただいたばかり。レモンと水と花を「次の満月までは」というから約1ヶ月はつけて作る。(これも作り方いろいろ。ただ花を水に浮かべてレモンとハチミツで作った即席版もおいしい。)
a0142810_16433014.jpg

クレープの作り方を聞いて早速翌朝作ってみた。
a0142810_16433210.jpg

花の根元の太い茎を切って、シャバシャバのクレープ生地につけ、茎のほうをもってフライパンに置き、まわりにも生地をながして焼く。
a0142810_16433332.jpg

・・なんともみた目はよろしくないものができた。全粒粉だし黒い砂糖だし。花の甘くて独特な風味が子どもたちにはイマイチ不評。わたしのオヤツになった。
a0142810_16433439.jpg

いただいた花のシロップもなにかがちょっと大人の味。発泡水にすこーし入れてレモンとミントをうかべたら暑ーい日に最高!最近はだ寒い日が続いているのでこれがおいしい季節が恋しい。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-25 14:35 | buono!

いつでも森日和

週末後半、やーっと雨があがった。
a0142810_14343477.jpg

ぱっとしないお天気、でもニコリーノも来た!
a0142810_14343697.jpg

そら豆焼いて
a0142810_1434383.jpg

図鑑みて
a0142810_1434399.jpg

鹿の鳴き声に耳をすまし
a0142810_14344124.jpg

おおきなカタツムリ観察。
a0142810_14344294.jpg

四つ葉のクローバーみっけ♪
a0142810_14344353.jpg

青空がもどってハッピー森サンデー。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-24 20:39 | casa nel bosco
ちょっとユニークなパティシエ、ステファニアから「メゾン・マドレーヌでスイーツの実演をするから食べにきてね」と誘われ、小雨のなかゆまと遊びに行ってきた。
a0142810_16383752.jpg

新聞にも載ってた。去年あったケーキフェアのイベントで、3日かけて行われた勝ち抜きパティシエコンクールで優勝、ロンドンのコルドンブルーで10日間ケーキデザインのコースをプレゼントされ、先日帰ってきたばかり。
a0142810_1638402.jpg

彼女が開発して商品登録もしたというこのクリームは、ホワイトチョコと水でできている。濃厚かつふわっふわなうえ常温で10日以上いけるという。ニュートラルなホワイトチョコ、これにフレーバーをつけたら何味にもなる。びっくり!これはローズウォーター風味。
a0142810_16384280.jpg

こちらはアメリカ南部のケーキ、レッドヴェルヴェット。鮮やかな赤と真っ白なクリームチーズとバターのフロスティングのコントラストがすごーい。昔は材料のココアと重曹の化学反応で赤くしていたのが、いまは食紅使用。ビーツで赤くすることも。オリジナルだとお酢も入るっていうから食紅を除けばなんかナチュラルでケミカルな不思議なもんだ。
a0142810_16384425.jpg

この型を使えば切り口からハートのフロスティングがのぞく。ほしい!
a0142810_16384580.jpg

ほかに彼女の自信作のマカロン、すみれ風味。(ほーんとに美味しい。ミラノに週200個降ろしていたこともあるそう。)それにお茶のシャーベットも。カップケーキが乗ったディスプレー、かわいいなぁ。誰かの誕生日プレゼントにもいいわ。(メモメモ。)16ユーロだって。
a0142810_16384795.jpg

このお店、お菓子まわりのもの中心にパーティーグッズなど他にはなかなか無い気の利いたものがたくさんある。オーナーのおじちゃんもスタッフも感じがいいのです。またゆっくり来よう。
a0142810_16384883.jpg

とってもエネルギッシュでチャーミングなステファニアは9月にチェントロに小さなお店をオープン予定。お楽しみに!


このあと並びのおもちゃ屋さんでみつけたこれ。キネティックサンド。
a0142810_16384914.jpg

砂みたい、だけど散らばらず、しっとりしていて手にもつかずフワッとしている。なんだこれ!

スエーデン生まれ、98%砂、それと企業秘密のシリコンでできているそう。面白い!こんな天気のとき室内で砂遊びってステキだけどねぇ。これもプレゼントリストに入れておこう。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-23 14:03 | buono!
うちの食卓に欠かせないお豆さん。ほとんど乾物を使っているけど、この季節、グリンピースにそら豆に、フレッシュなのが八百屋の軒先山盛りになる。うれしいな〜
a0142810_1445625.jpg

そして今日のランチはグリンピースとそら豆とリコッタのオレッキエッテ(耳型パスタ)。黒コショウとヘンプオイルがアクセント。自画自賛。あ〜美味しかった^ ^


ここのところ冷たい雨が続いている。いままで最高な陽気の5月だったのになー。
a0142810_1445455.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-21 15:50 | buono!

ジーノ♡

べべ作ったガイド本がジーノの手に♡
a0142810_1322860.jpg

今年のクープ・ド・モンド(お菓子の世界大会)でなんと世界1に輝いたジーノ。ボローニャ郊外にあるパティスリーはべべのガイド本のトップバッター。
a0142810_1322995.jpg

ジーノのお菓子はもちろん、その人柄も金賞もの。このイラスト、とっても喜んでくれたそう。パンパカパーン♪やったねべべ!
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-19 21:46 | day 2 day

press & ホームページ更新

べべのインタビューがボローニャいちの新聞 il Resto del Carlinoに載って、いろいろお問い合わせがきております。

その記事が新聞のホームページでも見られます。

おもいっきりアポ顔なのが採用されました。笑

ちなみに絶好調のガイド本は新聞のネットショップでも買えるようです。


わたしのほったらかしホームページにも少々手を入れました。
ガイド本のイラストも追加。
最近はイラストの依頼が急増、わたしをイラストレーターと思っているひとも多いようで。

肩書き好きな日本、肩書きをつける必要にかられて、当時立体ものが多かったので苦肉の策で「造形アーティスト」なんてことにしたけど、改めないとね。こちらの身分証明書では「アーティスト」になっています。それでいいの。いいでしょ。



[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-19 12:38 | art & design

保育園でワークショップ

みうの保育園では不定期で保護者むけのワークショップがある。

今年の園のテーマはカパンナ、(掘っ建て)小屋。先生たちが選んだ小屋のイメージから保護者の投票で3つ選び、それを夕方みんなで作っていく。

そのうちのひとつが、これ。
a0142810_16514171.jpg

八百屋のカゴを積んだ小屋。
a0142810_16514350.jpg

3回目の今回、ハーブや野菜の苗が植え込まれ、ツタ系の野菜が這えるようワイヤーで屋根を作ってほしいとリクエストされた。
a0142810_16514681.jpg

2時間半後。
入り口はトンネル式になり、屋根も一応できた。
a0142810_16514878.jpg

これにツタがからんでズッキーニとか豆とかできたらステキね。その前に夏休みに入りそうだけど。。

もうひとつの小屋はこれ。
a0142810_16515057.jpg

日中園児も先生といっしょにミシンをかけたりしてるそう。壁にはクマや家のワイヤーのイラストをかけた。
まだまだ続く!
[PR]
by grazia_chizu | 2015-05-19 12:21 | day 2 day