ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヴェローナにいってヴェローナ料理でないけどスペシャルなものを食べたければ隣町まで足を伸ばしてサポーレへ。
a0142810_1612347.jpg

アルタナティブなピッツァ&発酵生地のスターシェフ、レナート・ボスコの店。
わたしのスターシェフ、てつがレナートの右腕としてここでメニューのアドバイザーをしていた。
a0142810_1612443.jpg

新天地を目指し、今日で最後。ヴェローナでの仕事のあと駆け込んだものの、この日にかぎってはランチタイムは留守だった。(´・Д・)

それでも予約していてくれたので席につくとすぐデグスタシオンコースが始まり始まり。

ふわっふわの生地にとろっとろのブッラータにはじまり
a0142810_1612881.jpg

カリカリもっちり生地のローマ風
a0142810_16121016.jpg

カリッカリのダブルクランチ生地のプロシュットコットサンド
a0142810_16121112.jpg

その名もエアリーなかる〜い生地にプロシュットとブッラータ
a0142810_16121371.jpg

という4種の生地のコース。やっぱりすごいわ。ボローニャにもレナートが監修したピッツェリアがあるけどやっぱり本家はさすが。ここで使っている天然酵母、分けてもらえるの。絶対買って帰ろうとおもっていたのにすっかり忘れて、褐色でいい顔してるバゲットと、絶品のパネットーネの生地を使ったケーキを買い占めて帰路に。

シェフてつおはこのあとミラノ経由で2度目のペルーへ。アマゾンの食材発掘に前回習得した伝統料理のブラッシュアップをし、またミラノ経由で6月には東京へ帰り、いよいよ自分の城の準備に入る。次回一時帰国したらいくからね〜楽しみが増えた!
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-30 21:26 | buono!

レオ2さい

ゆまとみう、ニコリーノとレオは兄弟そろって同い年。
a0142810_2342785.jpg

本日レオがみうよりひと足先に2才に。
はらぺこあおむしがお出迎え。
a0142810_2342947.jpg

みう〜主役(後ろにレオ。)より目立ってる?

アーティストのママ、ユリアのかわいい演出&アトラクション
a0142810_2343185.jpg

さすが〜うちじゃあとが恐ろしくてやらせてあげられないからなー
a0142810_2343396.jpg

森の家で今度やってみよう
a0142810_2343480.jpg

子どもたちの絵の具のあとに大人が絵を加えて完成させるのだ。
a0142810_2343579.jpg

キッズのホームパーティ、これは楽しいね。
a0142810_2343616.jpg

キッズがお楽しみのなか、大人は大人でたのしむのだ。
a0142810_2343766.jpg

カルロが作った大量のカルチョフィーのコンフィは最高。わたしは最近開発、定番化したひよこ豆とチーズ入りポレンタと、スパイシーな野菜の一品を。
a0142810_234393.jpg

帰りはいつも肩車みう。あと一ヶ月半でみうも2才。
肩車もこれくらいのサイズがかわいい。
a0142810_2344140.jpg

クマの親子みたいな後ろ姿、忘れない。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-30 00:16 | amici / friends

ヴェローナへ

作品コラボレーションの問い合わせをもらった建築家を訪ねてヴェローナへ。
a0142810_19463576.jpg

街自体がユネスコに登録されている。歴史的な建築物がたくさん、建築家の仕事もさぞ多いだろうと思ったら、やはり不況で修復の仕事は激減、店舗やフィエラなどの仕事がほとんどになってきたそう。
a0142810_19464358.jpg

ヴェローナ屈指の建築プロジェクトスタジオArcadeのオーナー、マリオとコラボの可能性を思案。
a0142810_19464885.jpg

毎年一度、慈善活動で超大物から新進気鋭まで気に入ったアーティストの展示をするそう。ミラノ出身の御年102才の建築家ルイージ カッチャ・ドミニオーニの展示をしたときのカタログには、彼が手がけたボローニャの物件の図案もあった。じつはここの修復の仕事のコンペにパオロもお声がかかってよーく知っているとか。世の中実に狭い。
a0142810_1946491.jpg

緑の3猿に親近感。また来るよー。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-29 17:21 | day 2 day

シロクマくん

パオロ大のシロクマくん。
a0142810_1920637.jpg

子どもの誕生日プレゼントに、パパからのオーダー。新居はファエンツァ郊外のヴィッラのお庭。
a0142810_1920871.jpg

元気でね〜。うちの森にもいつか作りたい。グリズリーかツキノワグマ。
a0142810_19201013.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-27 19:09 | art & design

森でみつけたよ

あいにくの曇り空、でも森は気持ちいい。

暖炉に火をいれて炭を準備している間、ゆまが「きてきてー!」と興奮して呼びにきた。
a0142810_1631551.jpg

モグラ!おとといゆずが捕まえたんだそう・・・かわいそう〜だけどかわいいなぁ。しょっちゅうゆずあっちこっちほじくってるからきっとたっくさーんいるんだろうな。

おとなりにすむポニーのステッラにもごあいさつに。
a0142810_16315810.jpg

タンポポだーいすきなのね。
a0142810_1632011.jpg

四つ葉のクローバー。いいことありそう!
a0142810_1632141.jpg

隣の麦畑。ポピーも咲くかな楽しみだ。
a0142810_163237.jpg

先週まいた種はまだうんともすんとも。はやくまたあったかくなれー。
a0142810_1632694.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-26 16:03 | casa nel bosco

べべのテラスランチ

4月25日はイタリアがドイツ軍に解放された記念日で祝日。各地でフリーダムを祝うお祭りが開催された。

わたしたちはべべのテラスで平和にランチ。
a0142810_16292655.jpg

シチリアはパレルモのナチュラルワインのカンティーナ、Vino Lauriaからシチリア土着品種の赤、フラッパート。
a0142810_16292954.jpg

濃い色に独特な果実味、しっかりしていながらさらっと飲める。魚料理にもぴったりな赤。
a0142810_16293086.jpg

べべもパートナーのアンドレアもガーデニング大好き。何種類ものハーブがボーボー生えてる。トマトの芽もたくさん生えてきていた。毎年豊作で夏はトマトを買わずにすむそう。
a0142810_16293413.jpg

あーでもこれは買ってきたトマトね。オーブンで焼いてセミドライ風。
a0142810_16293698.jpg

パッサテッリも作ってくれた。パルミジャーノ、パン粉をこねてしぼりだしてブロードで茹でるこのあたりの料理。小麦粉は入っていない。毎回うまくいくのに、今回はパルミジャーノを倍入れてしまってくっついちゃう〜って。
a0142810_16293896.jpg

友達の庭でとれたレモンとミカンの皮のすりおろしとコショウ、庭のフィノッキオなどちらして。ちょっとごろごろしてたけど美味しかったよ。
a0142810_16293990.jpg

それに私たち的にボローニャトップのピッツェリア、ベルベレのシェフに教わった24時間発酵の生地を使ったピッツァマルゲリータ。生地が甘いの。わたしもパンを作るときは乾燥ビール酵母を使って長時間発酵させている。今度はピッツァもやってみよう。

これ、覗き込んでいるのは床を掃除するモップとバケツ、
a0142810_16294151.jpg

のモップに住み込んだトカゲの一家!ここで冬を越したのか、寝ぼけてパニックで干物みたいにそっくりかえって固まったママとまだ寝ている子どもたちがうようよ!(゚o゚ 起してごめんね〜
a0142810_16294277.jpg

アンドレアは先月サッカーをしていてアキレス腱を切って「ハイジのおじいさん(というかクララ)」状態。「明日はおじいさんを海に連れてってあげるの」だそう。三寒四温、また寒くなっているので風邪ひかないでね〜
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-25 20:22 | amici / friends

さくっとミラノへ

初めてイタロに乗ってミラノへ。
a0142810_15362052.jpg

こっちで電車に乗るのは5、6年ぶり。ボローニャの駅が改装されて初めて行ったけど、地下3階だかのプラットフォームはすぐ見つかったし、新しい高速電車イタロは噂どおりきれいでwi-fi完備、ほぼ定刻で快適だった。

一時間半で(帰りは1時間ちょい。)ミラノはポルタガリバルディ駅へ到着。
a0142810_15361892.jpg

このあたり、再開発がすすんで高層ビルがぼこぼこ建設真っ最中。

用事はささっと終わったので移動中に調べた展示を見に、ブレラにあるアッカデミア(美大)へ。
a0142810_153622100.jpg

ランチタイムで学生がたくさんうろうろ。中国人の多いこと多いこと!学芸員の立ち話で今年は2000人の中国人が在籍だって。そんな時代なんだわー。

中庭を通って左の廊下をすすんだ左側の長い階段を登ると、すてきな雰囲気の図書館が。
a0142810_15362436.jpg

ここで、もうすぐ開催「食」がテーマのミラノエキスポにオマージュするイラストの展示開催中。
a0142810_15362511.jpg

この図書館自体がミュージアムのよう。
a0142810_153626100.jpg

a0142810_15362897.jpg

こんな書籍にかこまれてるだけでインスピレーションわいてくる。
a0142810_1536354.jpg

銅版画、いつかやってみたい。
a0142810_15362925.jpg

イタリア人アーティストの作品を中心に
a0142810_15363027.jpg

ノルウェー
a0142810_15363166.jpg

日本のアーティストの作品も。
a0142810_15363299.jpg


階下に降りて、ふたたび石膏や版画のアトリエをのぞきながら歩く。懐かしい美大生活を思い出す。(´u`)..
裏出口はボタニカルガーデンに続いていた。
a0142810_15363727.jpg

ミラノサローネのオフイベントThe Garden of Wonders展が引き続き開催中だった。ラッキー!
a0142810_15363885.jpg

この展示がまた面白かった。ストーリーある香水をいろいろ体験。
a0142810_15363974.jpg

「守りの水」は〈苦いハーブ、酸、スパイス。これらのエッセンスが賢人を守る〉そう。
a0142810_15365147.jpg

欲しいリスト入りした香りのひとつ。

この庭では香りがテーマの展示がもうひとつ。
a0142810_15364381.jpg

a0142810_15364554.jpg

8人のセレブデザイナーが香水ブランドにインスパイアされたインスタレーション。
a0142810_15364739.jpg

a0142810_15364834.jpg

売れ売れのnendoに
a0142810_15364917.jpg

大好きハイメ・アヨンなど。
a0142810_15365093.jpg

サローネ中は来れなかったけどすこーしでも空気を味わえてよかった。

森のうちの庭のヒントももらった。
a0142810_15365381.jpg

a0142810_1536553.jpg


それからモスコヴァあたりをうろうろしてポルタガリバルディへ。

ポルタ手前で見おぼえある作品が・・・
a0142810_15365629.jpg

すっかり忘れてた、サローネオフで作品貸してたんだった。でもなんと名前間違ってる。ありえなーい!
で記憶から消してたのか。6日間だけだしオンラインでは正しい表記だから修正なしって言われたんだった。でもまだあるけど??・・さっさといわねば。

ポルタにはEatalyが。
a0142810_1536588.jpg

ボローニャのは超小規模だけどここはトリノ並み。楽しい〜

もちろん10 Corso Comoにも。
a0142810_1536593.jpg

ここのロゴから何から何まで手がけるカリスマアーティストの個展もやっていた。
a0142810_1537043.jpg

ハンギングガーデン。なかなか面白い。
a0142810_1537152.jpg

屋上のガーデンも彼の作品だらけ。
a0142810_1537228.jpg

ここからガリバルディ駅まわりの再開発は劇的。エキスポ効果かね。その後工事中の建物が放棄されないといいけど。(ありがち。)
a0142810_1537476.jpg

階下の書店をぐるりして駅へ。4時間の滞在満喫。ちなみにイタロは水木、それに同日で往復するとスペシャルプライス。わたしは往復41ユーロだった。一人で来るなら絶対電車が楽&早&安。今度はどこに行こうかな♪
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-25 18:42 | day 2 day

編集中!

おはよー。
a0142810_14274184.jpg

階下のネコとごあいさつしてはじまったいちにち。

ルイヴィトンのガイドミラノ版にも載っていたカリフォルニアベーカリーで買ったベーグル(見た目はよかったんだけどな〜..)にサーモン、はなく、ゴルゴンゾーラをはさんでちゃちゃっと食べ、
a0142810_14274298.jpg

べべとボローニャいちポピュラーな新聞社カルリーノへ。
a0142810_1427449.jpg


来月出るボローニャのフードガイド本の色校。
a0142810_14274355.jpg

べべが書いてわたしが描いた。左はグラフィックのテクニカルなところを手伝ってくれたルイーザ。乞うご期待!
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-24 15:32 | day 2 day

ひよこ豆入りポレンタ

藤が満開。
a0142810_1546170.jpg

大好きな季節。

「おさじさん」の絵本を読んで卵入りの黄色いおかゆを食べたがるゆまに、卵がないのポレンタで許してと、今夜のメニュー決定。
a0142810_15455953.jpg

トウモロコシ粉で作るポレンタにひよこ豆の粉も入れたらほくほく香ばしくいい感じ。アスパラやほうれん草、パセリなど緑の野菜にパルミジャーノとバジルのペストで作ったパテと、ゴルゴンゾーラの代わりにクリームチーズといっしょに。チーズが好きでないゆまはチーズ無しで。
ポレンタはあったかいほうが美味しいけど木のまな板にのせて固まってきたのを切って食べていたというので今回はそうしてみた。固まったのは翌日揚げてカリカリに。カリカリ大好き。明日のおやつはそれだな。
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-22 02:34 | buono!

新たな習慣

女子3人が日本にいっている間、ゆずとパオロ初の2人暮らし。四六時中友達にさそわれて家であまり食事をしていなかったよう。パスクァ(イースター)もあったので食べて飲んで飲んで食べて宴会三昧、その結果は一目瞭然、確実に増量。いつもの生活に戻れば自然にある程度は減るであろうだけど肉体労働もしないとねぇ。

留守にする前から平日はパオロがランチ(パスタ)を担当するように。留守中は掃除(3日おきっていったけどたぶん週1)、洗濯(生まれて初めてだって)、皿洗い(いちばん嫌い)もこなしていたそうだけど、帰ってきてからも食後私の手が空いていないとお皿を洗う(こともある)ように。これは大進歩。褒め褒め続けてもらおう。
a0142810_17174081.jpg

本日のパオロのパスタはちょっとスペシャルなトマトソースとペペロンチーノが効いたスパゲティ。シンプルでおいしい。子どもたちがいると辛いのは作らないので大人だけだと苦いとか辛い料理が多い。

パスタを食べたあと私がささっとサラダを作る。ヴァレリアーナやチコリににんじんをじゃじゃっとおろして子ネギみじん切りをちらし、擦った麻の実、レモン汁、しょうゆにEVオリーブオイル。これに手作り全粒粉パン、パルミジャーノやペコリーノで満足ランチの出来上がり。

新しい習慣、ずっと続きますように!
[PR]
by grazia_chizu | 2015-04-21 21:03 | day 2 day