ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

スピッツのペンダント

ダニーラのオーダー、愛犬スピッツのシルバーペンダント。
a0142810_5321540.jpg

ナターレの自分へのプレゼント、のはずが、最後の最後に体調をくずし、完成にいたらなかった。それを仕上げに友達ティッタのジュエリー工房にお邪魔した。
a0142810_532439.jpg

何年ぶりのロウ付け(溶接)。あ〜たのしいなぁ。
a0142810_532773.jpg

磨いて仕上げ。
a0142810_532949.jpg

作業台の上にはナターレにおくったコルクのちびツリーが。コルクにあるワインの名前クリスティーナは、ティッタの愛妻の名前。
a0142810_532118.jpg

隣の作業台ではティッタが金の複雑なピアスを製作中。私がいつもしている透かしのリングもティッタが作ったホワイトゴールドのもの。去年のパオロからのナターレの贈り物だった。
a0142810_5321266.jpg

マッジョーレ広場からすぐ近く。お店の奥に工房が。80年台あたまにパオロが作ったもの。
a0142810_5321486.jpg

そして2014年も最後の最後にデリバリー、できた!
a0142810_5321639.jpg

右脇にハートの印があるスピッツ、切り抜いたハートは首元にいくようにした。
a0142810_5321730.jpg

ダニーラとスピッツから喜びの声が。
a0142810_5321925.jpg

かくして今年もたくさーんの作品をオーダーいただき感謝。来年も楽しい作品をたくさんのひとにとどけられますように。
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-31 22:29 | art & design

年越しは丘の上で

大晦日、去年みたいに犬ともとわいわいかねーと話していたものの、みんないろいろあって予定つかず。それじゃ今年は家でいつも通りかなーと思っていたら、犬とものロベルタが誘ってくれた。

去年は彼女の家でみーんなで(犬も)カウントダウンしたのだった。この夏丘の上に引っ越したので、場所とメンバーは違うけど嬉しいな。
a0142810_2441932.jpg

スポーツウーマンのロベルタ、今日はロッククライマーの友達と。

料理はいまいち好きじゃないらしいけど、おもてなしに腕をふるってくれた。
a0142810_2442812.jpg

夜はながいので遅いスタート。ゆまお先にいただきます。
a0142810_2442120.jpg

サーモンのガルガネッリ
a0142810_2442378.jpg

新年の定番、コテキーノ(太ーいサルシッチャみたいな)にレンズ豆(フォーチュンの意味で)、ジャガイモのピューレなど。
a0142810_2442514.jpg

カルディ(茎の野菜)とひよこ豆クリーム&ベシャメルのオーブン焼きは私の料理。
a0142810_2442445.jpg

↑こちら新年をまたずして夢の中。
↓こちらは元気に年越ししてドルチェまでぺろり。
a0142810_2442733.jpg

かくしてみんな元気に新しい年を迎えることができたことに、感謝。
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-31 21:52 | amici / friends

森納め

今年最後の森遊び。
a0142810_5103713.jpg

今日は重ね着ばっちり手袋もして準備万端。
a0142810_5103925.jpg

むこーうに見えるのが村の教会。
a0142810_5104172.jpg

ついこの間までこの窯小屋からあっちの崩れかけの製氷屋&お祈りの家(プライベートの教会。ここにあった聖母像がいまでは村の教会に収められている。)まで木がぼーぼーでなにも見えなかった。
a0142810_5104390.jpg

南で買ってきたチーズを焼いております。
a0142810_510445.jpg

ベイクドポテトに丸焼き玉ねぎ
a0142810_5104572.jpg

スイートポテト、ってか焼き芋
a0142810_5104713.jpg

ゆずがおねだりしてるのは、お皿のうえの羊の骨。
a0142810_5104890.jpg

でもあげるとそそくさ出て行って家のわきに埋めてかくしてるの、しってるぞ。鼻のうえの泥が証拠だ!
a0142810_5105060.jpg

外は-3度。暖炉の前以外はさむいけどみんなハッピー♪
a0142810_5105146.jpg

今年もいろいろあったなー。この森の家とのご縁もしかり。これからなが〜いお付き合い、どうぞよろしくね。
a0142810_5105216.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-30 23:12 | casa nel bosco

南の美味で余韻にひたる

南で羊飼いから買ってきた羊をありがた〜く食しております。
a0142810_0282519.jpg

ゆずこしょうもありがた〜い。
a0142810_0282838.jpg

水牛モッツァレラはもう南にいったときにしか買わない。あぁしあわせ。
a0142810_0283121.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-29 20:17 | buono!

初めての雪

昨日から降り出した今年初(というか去年ふらなかったので2年ぶり)の雪。
a0142810_114417.jpg

みうは初めて。
a0142810_114636.jpg

ボローニャはうっすら白いくらいだけど、森はすっぽり雪のなか。
a0142810_114861.jpg

a0142810_114108.jpg

留守中も森整備隊はお仕事していたので森はさらにきれいに。
a0142810_1141191.jpg

-1度、さむい〜。(ボローニャは2度だった)
a0142810_1141342.jpg

こんなに雪深いと思わなかったのでゆまみうに雪用の格好をさせてこなかったので、暖炉であったまって早々に下山。大きな雪だるま作ってソリ、したい!出直しだ〜
a0142810_1141478.jpg

でも車が雪に突っ込んでてランドローバーが引っ張るのをパオロがアシストしたり、たったの1日雪降っただけなのにこんな状態。山生活、冬はきつそうだなぁ。
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-29 00:33
すばらしくいい天気の朝、ボローニャに帰る前にいつものチーズ屋さんに仕入に。
a0142810_032912.jpg

a0142810_032289.jpg

モッツァレラにスカモルツァ、カチョカヴァッロにペコリーノ。ぜんぶここの農場のもの。
a0142810_032412.jpg

羊もここのは格別。
a0142810_032411.jpg

リコッタやスカモルツァをおまけにいただき、ボローニャに出発!
a0142810_032792.jpg


600kmの旅、フィレンツェまでは超順調。そのあとが長かった。フィレンツェ手前で大渋滞になり、そのまま完全に停車。掲示板には雪印と、「工事のため交通調整中」・・らしきことが書いてあるだけ。パオロが警察に電話すると、一部交通麻痺しているものの特に情報は入っていない、同僚が向かっているから、というだけ。結局2時間半でのろのろ動きだし、でもボローニャ方面は完全に封鎖されている。結局、大混雑が目に見えているフィレンツェ〜ボローニャ旧街道は回避し、遠回りして雪山をのろのろ帰る。結局1時間のところ4時間半かかって無事帰宅。ふ〜よかった!

というわけで無事元気にナターレのヴァカンス終了〜。よかったよかった!
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-27 19:04 | viaggio / travel

サントステファノ

ヴィジリア、ナターレ、サントステファノと、三が日的なおめでたい日々が続いております。その3日目。
a0142810_1728775.jpg

おはようございまーす。
a0142810_1728935.jpg

↑寝起きがわりといいほう
↓あんまりよくないほう
a0142810_17281252.jpg

朝食はもちろん巨大なパネットーネ。
a0142810_172814100.jpg

おおきなお鍋のなかではブロード&ボッリートミストのお肉がぐつぐつ。
a0142810_17281532.jpg


どっかりランチの前にお散歩に。
a0142810_17281774.jpg

花を摘んでは指輪に生けるゆま。

モンテサルキオのお城へ。
a0142810_17282296.jpg

昨年から始まった「空想の赤」展が大好評につき延長展示中。
a0142810_17281826.jpg

このあたりで発掘されたギリシャ人による壺に描かれた神話やヒーローの伝説を、城のなかの牢獄の小部屋ごとに展示。ナレーションと映像でとても面白い展示方だった。Expoにもいくそう。
a0142810_17281915.jpg

お城の解説はパパが。
a0142810_17282010.jpg


帰ったらサントステファノのランチテーブルが。
a0142810_17282367.jpg

きのう暖炉のわきでくつくつ煮えた小さな白インゲンに、ローズマリーとオレガノでトーストした窯焼きパン、おいしいEVオリーブオイルをたっぷり。これだけでもごちそう!

パルミジャーノに裏の森のキノコのソテーのせたのと、パンチェッタにトマトを乗せたブルスケッタ。
a0142810_17282437.jpg

ボローニャから持ってきた2.5kgのトルテッリーニは半日ぐつぐつしたブロードで茹でられ
a0142810_17282653.jpg

仕上げにパルミジャーノを。このトルテッリーニもパネットーネ同様うちのとなりのパン屋でオーダーしたもの。毎年みんな楽しみにしていてくれる。
a0142810_17282792.jpg

この方は豆が気に入ったよう。トルテッリーニは子どもには味が濃いので豆のほうが断然よいです。
a0142810_1731277.jpg

ブロードをとったボッリートミスト。鶏、牛、豚ミックス。例年はこのあと暖炉で肉グリルもやっていた。もう無理〜!
a0142810_17313060.jpg

ネコ(も犬も)大好きのみう、ウーゴはいくらでも触らせてくれるのでみう超ハッピー。
a0142810_17313178.jpg

a0142810_1731335.jpg

ゆまはトルテッリーニのあと子どもたちとこんな調子で遊んでいた。このあとテーブルがすっかり片付いてから「ゆまちゃんなんにもたべてないーおなかへったよ〜」と大騒ぎ。いやいや、食べてたでしょ。
a0142810_17313429.jpg

親戚みたいに仲良しなジュリアーナが作ってきた大きなババ。パネットーネもババも大きなほうが絶対美味しい。
a0142810_17313738.jpg

去年はカラオケ大会とかやってたっけな。今年は子どもたちが詩や歌を披露して、カゴにお金をいれるお年玉稼ぎみたいなのが行われた。バーヴァロ家で昔からやってたそう。子どもたちがそんなことできるとしになってきたんだね。来年はもっと盛り上がるなこりゃ。
a0142810_17313976.jpg

ナターレ正月は大人数がいいね。
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-26 21:13 | amici / friends

ボンナターレ!

遅く起きたナターレの朝。いくつもある教会をドライブで巡る。
a0142810_19444536.jpg

教会や広場には気の根っこの(もと)山。0時に着火され、まだじりじり燃えている。このあたりの名物風景。この教会は13世紀のもの。
a0142810_19444713.jpg

その裏の山道をぐるぐる登り、パノラマを眼下に散歩。左手の山を超えるとナポリ。

この山のむこうはプーリア。
a0142810_1945988.jpg


ゆず5才、ママのルナは10才。ゆずはママだと知ってかしらずか愛想いいけどルナはそっけない。
a0142810_1945695.jpg


家に帰ると暖炉のわきでくつくつ煮えていた白インゲン豆が出来上がっていた。
a0142810_1945232.jpg

茹で汁をパンに染み込ませてオリーブオイルをかけて味見。
a0142810_19444848.jpg

口福なおやつ。

この夏から一家に仲間入りしたサルでニア生まれのウーゴ。ゆずはそわそわ、おっかなびっくりで付きまとうも、ウーゴは知らん顔。
a0142810_19444948.jpg

耳の不自由な超マイペースネコ。
a0142810_19445053.jpg

ゆずガンバ!

ナターレのランチは下の階に住むミンモの姉さんちで。
a0142810_19445259.jpg

パスタアルフォルノが出る前に
a0142810_19445453.jpg

ゆまは寝てしまった。
a0142810_19445583.jpg

羊にポテトのオーブン焼き
a0142810_19445775.jpg

ターキーのオーブン焼きは伝統料理ではないけど何年もナターレの定番で作られている。今年は13キロと大物。と、今日のシェフ、アントニエッタ。
a0142810_19445825.jpg

甘酸っぱいソースは酢漬けの小たまねぎ、レーズン、ターキーの肉汁、オレンジジュース、ローリエで。私も肉料理に度々このソースを参考に作っている。
a0142810_19445977.jpg

ドルチェの目玉は、うちの隣のパン屋でオーダーした3キロのパネットーネ。
a0142810_1945176.jpg

まーっ黄色でしっとりふわっふわ!年中食べたい、けどナターレだけだからいっそう美味しい。
a0142810_1945116.jpg

あとはカッサータに揚げ菓子に、焼き栗に。もうあたりは真っ暗。
a0142810_19451260.jpg

こうしてだらだらと夜までテーブルのまわりで1日過ごす。
散歩はミンモとパオロが連れてってくれるよ。
a0142810_1945424.jpg

ゆまはナターレにもらった本に夢中。
a0142810_194554.jpg

みうはウーゴにべったり。
a0142810_1945370.jpg

みうの来年のプレゼントはネコ?(...パオロ本気じゃないよね?!)
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-26 00:03 | amici / friends
夜中超体調悪かったパオロ。でも朝になったらなんとか復活し、正午過ぎ、いつもより随分遅れて出発。
a0142810_18512288.jpg

ローマとナポリの間が大渋滞でヴィジリア(イヴ)の夕日は車内で。

通常6時間のところ8時間かかって、ナポリの南東サンマルティーノ・ディ・ヴァッレカウディーナに到着。ゆずの故郷で、ゆずのママの家で
毎年ナターレを過ごすのだ。
a0142810_18512868.jpg

毎年家族が増える。去年はゆまがいちばん下、今年は生後5ヶ月のカルロが最年少。
a0142810_18513094.jpg

22人で囲むお祝いのテーブル。
a0142810_18513136.jpg

もうすぐで着くよーというとき「うちにかえりたいー!」と荒れたゆまもすっかり気を取り直した。
a0142810_18513332.jpg

ここ数日ほとんど何も食べていなかったみうも食欲戻ってきた。
a0142810_18513426.jpg

ヴィジリアはどこの家もシーフード尽くし。
a0142810_1851367.jpg

甲殻類アレルギーの気があるわたし。昨日は熱があった病み上がりの体は正直だった。唇の一部が腫れてきて、途中でギブアップ。
a0142810_18514675.jpg

バカラ(塩漬けのタラ)やエビのオーブンフリットも見送り。例年の食べっぷりを知っているみんなに心配されない程度に。
a0142810_18514817.jpg


さてあっという間に0時。プレゼーペの納屋のカゴに赤ちゃんジェズー(キリスト)を置いて、ナターレをお祝い。
a0142810_18513824.jpg

今年もバッボナターレもやってきた。
a0142810_18514124.jpg

ツリーの下のプレゼントオープン!タイム。
a0142810_18514369.jpg

ミンモ一家には、日本から取り寄せた五本指ソックスを。
a0142810_18514419.jpg

早速履いて「変な感じだけどなんかいいぞ!」と大ウケだったミンモ。ふふふ〜
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-24 23:03 | amici / friends
ナターレ最後の作品は、ミルクちゃん。
a0142810_3375374.jpg

日本のお客さまのところへ発つ作品。

そして最後の最後は、ダニーラとマルコのワン、スピッツ。
a0142810_3375544.jpg

本当はシルバーのペンダントヘッドなのだけど、今日はジュエリー工房に仕上げをしにいくはずが、熱もあるし明日は出かけるんだからとパオロに却下された。。ダニーラが自分へのプレゼントとオーダーしてくれたものだった。事情をはなすと、「ぜんぜん気にしなくていいから休んで!!」とありがた〜いお言葉。。
それでせめてツリーの下のお楽しみを取らないように、完成予定モデルのプレゼントを作った。スピッツの吹き出しには、"ママ、いまいくよ〜"。ダニーラに渡してもらうと、夜メールが。「ちづ、もう素敵なラッピング、ガマンできずに開けちゃった。なんてマジカルなの!!」作ってよかった!(^o^)年内に完成させるぞ〜待っててね♪
[PR]
by grazia_chizu | 2014-12-23 23:08 | art & design