ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

箱入り娘

集中力に欠けるゆま。
お絵かき、おままごと、組み立てたりはめたり系の遊びもてんでダメ。
やって見せても続かない、もしくは中断され、話にならない。

そんなゆまが気に入った遊び、
それは、ダンボールハウス。笑
a0142810_0504067.jpg

毎日のように見ている白雪姫の小人の家のディテールから
模様も描いた。
窓際のりんごは、ゆまリクエストの毒りんご。
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-30 13:34 | day 2 day

口福羊のグリル

南イタリアから仕入れてきた羊ちゃんを
ありがたくいただいた
口福ランチ。
a0142810_0313862.jpg

んもぉ〜美味しかった!

みうもかじかじ。
a0142810_0314097.jpg

そしてzzz・・
a0142810_0314239.jpg

きっと大物だ。
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-29 00:25 | buono!
ボローニャに帰る朝。

いつもはカゼルタの水牛モッツァレラ直売所にいくけど、
モッツァレラ汚染の心配もあるし、
なにより今回ナターレに食べたモッツァレラやお肉がとってもおいしかったので
教えてもらって
アイオーラの生産者のところに。

道中はこんな。
a0142810_022518.jpg

期待が高まる。

直売所。
a0142810_022841.jpg

子犬が人懐こくお出迎え。
a0142810_022925.jpg


この直売所、価格もとっても良心的。
a0142810_0221164.jpg

奥の工房も快く見せてくれた。
a0142810_0221342.jpg

a0142810_0221575.jpg

ちなみに水牛モッツァレラはキロ9,5ユーロ、
(1キロ買うとリコッタ1カゴプレゼント!)
羊肉は12ユーロ、
豚も牛もキロ7ユーロ。
肉はこう、みずみずしく、うっとり。

近所にこんなお店があったらなー。
たっぷり仕入れて帰ってきた。
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-28 18:00 | buono!

引き続きパーティー

サントステファノでナターレのテーブルはひと段落。
でも今日もお祝い。
ミンモの妹、アントニエッタの60歳の誕生日。
a0142810_001285.jpg

あんまり感動してるから
こっち胸が熱くなった。
a0142810_001590.jpg

a0142810_001679.jpg

ピッツァやパンツェロッティ(揚げカルツォーネ)、
サラミにチーズにと、
簡単なパーティーメニュー。
3日間宴会がつづいたから
さすがにスローペース。笑
a0142810_001886.jpg

a0142810_002062.jpg

ゆずとママのルナ。
a0142810_002193.jpg

a0142810_002370.jpg

泣いて笑って(食べてまた食べて)賑やかなナポリの“親戚”と過ごした4日間。
次のナターレもまたお邪魔しよ!
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-27 21:38 | amici / friends

サントステファノ

ナターレの翌日はサントステファノで祝日。

ヴィジリア、ナターレは親戚家族とテーブルをかこみ、
この日は親しい友人がテーブルに加わることになる。
a0142810_836512.jpg


私たちが一家のナターレに参加するようになってから、
プリモにはボローニャからもっていくトルテッリーニが登場。
a0142810_8363518.jpg

ミンモ一家はボローニャにも住んでいたこともあるし、
トルテッリーニはとっても喜ばれる。

つけあわせは、くったくたに茹でたスカローラを
トルテッリーニといっしょにブロードでさらに茹でたもの。
サラダ菜みたいなスカローラ、ボローニャだと生でたべられるけど
こっちじゃ茹でて食べる方が一般的。

セコンドはボッリートミスト。
a0142810_8363991.jpg

ブロードをとった湯で肉。
ボローニャじゃ普通緑のソースをあわせるけど
ソースなかったな。。

さらにラムやサルシッチャのグリルなど。
ふだんベジタリアンよりな食事をしてるので肉肉しい食事が続くとしんどくなってくる。
(実際このあとお腹壊した・・)

ドルチェに直径35cmの巨大なババ登場!
a0142810_8364399.jpg

ボローニャから持って行った3キロのパネットーネはきれいさっぱりみんなのおなかのなか。
a0142810_8364892.jpg

ちびっこはちびっこ同士で遊ぶのがいいのだ。
a0142810_8365367.jpg

ナターレは賑やかなのがいい。

そうそう、こっちじゃカフェつくるときモカ(エスプレッソマシン)に砂糖をいれる。
はじめの数ミリ、いちばん濃厚のところをカップにそそいで砂糖を入れ、
スプーンでよーくまぜてあわあわクリームをつくり、
残りのカフェをそそいだ上にそそぐ。
a0142810_8365467.jpg

さすがカフェといえばナポリ。
一日中あおるようにカフェを飲むだけある。
本場のおいしさだ。
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-26 20:54

ナターレの食卓

ボンナターレ♪の25日。

パスティエラを朝食にいただき、
おしゃべりしてたらもうランチ。

ナターレをここで過ごすのは3回目。
ランチのメニューはいつも通り

こんなアンティパストに
a0142810_12496.jpg


プリモはトマトとチーズのパッケリ
a0142810_12082.jpg

・・をみうに奪われそうに。

アントニエッタおばさんのターキーのオーブン焼き
a0142810_12773.jpg

酢漬けの小玉ねぎとレーズンの甘酸っぱいソースは
思い出してたまに私も作る。
a0142810_121218.jpg

もうこれだけでみんな満腹なのに
ラッファエッレおじさんは自分の担当だからと
羊の炭火焼きを作ってきた。
a0142810_121629.jpg

おもに私が食べるはめに。
この子ブタちゃんのために。笑

ボローニャから持ってきた
3キロのパネットーネ。
a0142810_122393.jpg

うちのとなりのパン屋さんのもの。
a0142810_12284.jpg

去年も1キロのが大好評だったけど、
大きいのはさらに美味しかった!

この栗はこのあたりの名物。
a0142810_123354.jpg

大粒でじっくり煎ってある。

あれこれつまみながらおしゃべりしてたら
あっという間に日は暮れる。
a0142810_124094.jpg

こんなふうにナターレの宴は3日間続くのだ。
ふぅ〜
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-25 23:32 | buono!
a0142810_21291330.jpg

今年もゆずの故郷、南イタリアでナターレ。
a0142810_21283960.jpg

ゆずとママのルナ(後ろ姿)。
ゆずは再会を大喜び。
ルナはなんだか迷惑そう。笑
a0142810_21284396.jpg

ヴィジリア(イブ)には魚料理と決まっている。
長男ジャンニが
玄人はだしの腕をふるう。
a0142810_21284656.jpg

ムール貝のグラタン
カボチャとムール貝のパイ
サーモンのキッシュ
豆と貝のクリーム
タコのサラダ
a0142810_21284866.jpg

ブリオッシュのサンドイッチ
a0142810_21284987.jpg

マグロとマンゴーロール
a0142810_21285166.jpg

魚介のラザニア
バジルソースとベシャメルで
a0142810_2128568.jpg

イカのつめもの、
中身はスモークチーズ、モッツァレラ、
ゆで卵、イカの足など

細長い貝ははじめて食べたけど
なかなか美味。
a0142810_21285796.jpg

シェフに乾杯!

日付が変わるころ
プレゼーペにバンビーノジェズゥ(イエス)をおいて
ボンナターレ。
a0142810_21285912.jpg

バッボナターレはプレゼント持ってきてくれたよ。
a0142810_2129031.jpg

a0142810_2129276.jpg

このあとがドルチェタイム。
a0142810_2129416.jpg

ピーナのカッサータは年々レベルアップ。
a0142810_2129825.jpg

パスティエラも絶品。
a0142810_21291053.jpg

今回使ったリコッタがすごーく美味しかったって。

にぎやかな宴のなか、
暖炉の前でみうはピーナの腕の中
ぐっすり。
a0142810_212911100.jpg

やっぱりナターレはにぎやかで
アモーレいっぱいなのがいい。
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-25 07:40
今年もたくさんオーダーをいただいた。
a0142810_16334865.jpg

これが最後のデリバリー。
みんな喜んでくれますように!
[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-23 16:31 | art & design
ワイナリーをしているダニエラから
オープンカンティーナのお誘いをもらって
Podere Fondo Grandeに。
a0142810_16284860.jpg

ダニエラに説明してもらいながら
デグスタシオン。
a0142810_16291489.jpg

認証はまだもらってないけど
ビオで作ってるそう。

真ん中の白、モントゥを2ケースいただいた。

ハチミツやジャムも自家製。
a0142810_16292241.jpg

「バリックを養子にしよう」というのは
バリック用の樽をひとくち200ユーロでカンパして、
バリックにしたワイン30本を引き換えにもらう
ということ。
1本約7ユーロ。
パオロは参加するってさ。
a0142810_16294113.jpg

樽買うの夢だったんだもんね。
ドリーマー。

暖炉の前にはナターレのおかしのおもてなし。
a0142810_16295290.jpg

ホットワインをいただきながらおしゃべり。

お菓子もパンも、料理上手のママとお姉さんお手製。
a0142810_16295730.jpg

みうも味見。
a0142810_1630025.jpg

今度は明るいうちにきて
広大な園をお散歩しよう。
もうすぐ子ヤギも産まれるって。
a0142810_1630262.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-22 15:55 | buono!

プレナターレのテーブル

ナターレ直前の週末は
大切な友達と昼夜いっしょ。

気ままなおもてなしメニューで
好評につきまた作ろうと思ったのは

カルディーとジャガイモ、
ベシャメルのオーブン焼き
a0142810_14271983.jpg

ひよこ豆のファリナータ風
a0142810_1427308.jpg

などなど。

この時期おもたせでドルチェをいただきがちだけど、
くだものをリクエストしたら
a0142810_14273817.jpg

やっぱり正解!
ライチもナターレのテーブルの定番。

ゆまの誕生日にも会えなかったパオリーナは
誕生日とナターレのプレゼントに
ゆまがリクエストしていた
チョコレートケーキと
フランチャコルタを持ってきてくれた。
a0142810_14274471.jpg

1ヶ月おくれでハッピーバースデー♪
a0142810_1428490.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2013-12-21 17:31 | buono!