ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ゆまレボルーション

日々動きが活発になるゆま。

段ボールでトンネルを作ったら。
a0142810_6213498.jpg

あっちからコンニチハ。

行くよ行くよ。
a0142810_6214266.jpg

ずんずん
a0142810_6215287.jpg

ずんずん
a0142810_636137.jpg

!!!!

バリケード到達。
a0142810_645867.jpg


バリケード突破!
a0142810_645176.jpg

ゆずのしっぽをつかんだところで
捕獲。
a0142810_6462036.jpg

こんなことを一日何度も繰り返しております。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-30 16:18 | day 2 day

km0イノシシ秋の美味

モンテカルヴォのぶどうとドングリを食べてまるまる太ったイノシシたち。
赤ぶどうの収穫を前に被害もひどく、
自然公園の狩人たちに為留められることに。

「肉」になった獣の後ろ脚は、ひろみさんの手にかかり
ワイン漬け、あるいはビール漬けでくさみ抜き&熟成され、
すてきな秋の食卓を彩った。
a0142810_728085.jpg

栗ごはん、イノシシのワイン煮。
イノシシは自家製イチジクジャムとハチミツで煮詰められ、
ほっくり栗ごはんにぴったり。

乾杯ワインはジェジョの誕生日にプレゼントしたシャンパーニュ。
自然派シャンパーニュの大御所といわれるアンドレ・ボーフォールのもの。

薬品を一切使わず、殺虫剤や防カビ剤の代わりに
アロマテラピーやホメオパシーを取り入れた「ビオダイナミック」な畑には
草花が生い茂り、虫たちが共存し・・
って、モンテカルヴォのワイナリーと同じじゃん!
パオロはジェジョに
「エミリア・ロマーナ初のビオダイナミックワインをここで作ろう」と提案。
(賛成〜♪)

ビール漬けイノシシは、焼き肉で。
a0142810_728981.jpg

たまねぎゴマ油ソースがよくあう。

赤ワインが欲しくなるかな、と思いきや、
シャンパーニュが辛口しっかりボディーだったのと、
ひろみさんの手にかかったイノシシが癖がなくウマい肉になっていたので、
シャンパーニュだけでぜんぜんいけた。
もちろん、ジェジョの赤もバッチリあうけど。
なにせここのぶどうを食べて美味しくなったイノシシだもの。

赤ワイン漬けの肉をいただいたので、
今度はジェジョの赤といただきます♪

半月ぶりのモンテカルヴォ、
びっくりしたのはゆまの成長ぶり。
a0142810_7281851.jpg

この間は足、ぎりぎり着くくらいだったのに。

ひろみさんは栗ごはんをおにぎりにしてお土産にしてくれた。
a0142810_7282894.jpg

グルメな(というより食いしんぼう)マリーさんの
貫禄のある後ろ姿。
奥の棚には先日プレゼントしたワイヤーマリーが。
やっぱり似てるわ。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-28 23:04 | buono!

さかなさかな・・

きのうおなかに日の丸を入れ始めたさかな、
祝完成!
a0142810_448370.jpg

以前つくった日の丸鯉の2/3バージョン。

で、今日は鯛飯(風)。
a0142810_4481592.jpg

タイ、ではないけどね、おいしかった。
a0142810_4483480.jpg



鯖っぽい魚(だなーと思って買ってみら、カマスでした)は
毎日大活躍の圧力釜で30分高加圧。
a0142810_4484577.jpg

骨までやわらかい味噌煮に。
おいし〜♪
幸せ〜♪♪
ゆまも魚大好き。
もう少し大きくなったら、圧力鍋で調理したさかなは骨ごとばくばく食べられるし、
絶対うちの子は魚嫌いにならないだろうな、
と思った。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-28 22:32 | day 2 day

さかなとゆま

ゆまがよく動き回るようになって、
日中の作業時間が大幅に減った。
それでも割と一人遊びも得意なので、
小さい作品はゆまが遊んでいる近くで仕上げたりもしている。

このさかなは全長1m、
体は夜中にこつこつ仕上げ、
おなかに毛糸で日の丸を入れる作業はゆまの脇で作業中。
a0142810_4365130.jpg

写真は作業開始直前。
a0142810_4452574.jpg


ひとしきりいじったら、気がすんで別の遊びにとりかかった。
(しめしめ。)
ちょっとぐらい変形してもすぐ直せるのが幸い。
アルミのワイヤーでも与えておいたらそのうち何か作り出すかもね。

床に大きな紙をひいてお絵描きもやってみた。
けどゆまは色鉛筆をぶちまけて終了。
a0142810_4365128.jpg

一緒に絵描きできるようになるのが楽しみ。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-27 22:36 | art & design

マリー

ジェジョの誕生日を一緒にお祝い。

パオロの誕生日には、すてきな手作り王冠VIPカードをいただいた。
何がいいかなー、悩んだ結果、ジェジョ&ひろみさんの相棒マリーを作ることに。

ミス・ピギーの愛称をもつ、少々重量オーバー気味のマリーさん、
決めては恰幅のいい背中。
a0142810_2215486.jpg


a0142810_21532464.jpg


箱入りならぬ袋入り娘。
a0142810_21524614.jpg

しっぽ出てます。
a0142810_21524236.jpg


早速飾ってくれました。
a0142810_21523849.jpg

『わたしはマリー、真っ黒よ!』

ワイヤーマリー、移動でちょっと変形スリムになったみたい、
こんどお邪魔したら手直ししますねー。
a0142810_21523346.jpg
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-23 21:52 | art & design

圧力鍋生活スタート

骨付き肉(主にブーとメェェ)を煮込む料理をすることが多く、
ふと煮豆系が食べたくなることも度々、
そのたびに「あぁ圧力鍋があればなぁ」と思っていた。

それが、ひろみさんの台所で圧力鍋が大活躍しているのを目の当たりにし、
これは絶対手に入れるべき!と確信し、
買い求めたのはイタリアがほこる信頼ブランドラゴスティーナのもの。

ゆまを寝かしつけ、家事をひととおり終え、
0時をまわってから初マイ圧力鍋を試した。

記念すべき一品目は、小さな鯖の梅煮。
a0142810_9542619.jpg

20センチほどの鯖をショウガと梅で甘辛酸っぱく煮た。
加圧後20分で骨までやわらかく出来上がり♪

明日は大豆を煮てみよう。
煮る時間はたったの10分とか。楽しみ〜


ちなみに今日は魚屋で新鮮なかつおも買った。
a0142810_9542049.jpg

ゆま、興味津々。
70センチちょいのゆまには、55センチのかつおがまぐろサイズに見える。

もうすぐ10ヶ月、離乳食は鉄分を意識して、
取り分けた野菜にかつおをほぐして加え、ごま油をたらしてみた。
なんでも食べる子だけど、これもお気に召したよう。
青のりとすりごまをかけた固がゆといっしょに
ぱくぱく。
明日は鯖をあげてみよう。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-20 23:53 | buono!

おかっぱちゃん

オレアで前髪ぱっつんして、
でも両サイドちょんちょこりんが似合っていたので
しばらくそれでいこうかと思ったものの、
やっぱりおかっぱちゃんにしちゃいました。
a0142810_757373.jpg

ますますマンガちゃんに。

切った毛は立派な筆になりそうな量。
記念の筆、作ってもらおうかな。

この日はパパの鼻が気になってしかたなかったらしい。
a0142810_7574648.jpg

わたしのと違ってつかみごたえアリだもんね。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-17 07:56 | day 2 day

るん♪

ボローニャでファッション系の人に人気のヘアサロン
Orea Malià(オレア・マリア)

9月に入ってもありえないほど暑い日が続いていた日、
6月にカットして以来かれこれ3ヶ月、いい加減行かなくちゃ、
でもいつものパトリッツィアのところは予約できないしー、
と、友達でオーナーのマルコ&パートナーのベアに会いがてら
初オレアとなった。

2人のNY&マイアミバカンス、私のコルシカバカンスなど
夏休み明けならではの話で盛り上がる。

サロンには2人のリクエストによりゆまも連れて行った。
a0142810_7514638.jpg

ゆまを抱くのはマルコの長女、
写真を撮るのはベア。

代わる代わる抱っこしてもらって、
スタッフやお客さんの間を巡回、みんなにかわいがってもらって
終始ごきげん。
a0142810_7513750.jpg

このあと前髪をぱっつんしてもらって、
ゆまもサロンデビュー。


1978年オープンのオレア、アートにも強く、
大御所のバスキアやカテランほか新進気鋭のアーティストなど
数々の企画展を行ってきた。
来年1月にはウォーホール展を予定している。
楽しみ♪
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-15 07:43 | day 2 day

マリーさーんっ

ひろみさんにもらったトラック(でもユーロスターって書いてある・・電車なのかも。)で
遊んでもらったよー。

ププー♪

あーマリーさん発見!
電車とおりまーす!
a0142810_1094389.jpg

ゴーンゴーン、
あれー、ぶつかってもびくともしないよ。
ププー、マリーさーん、電車通りまーす、どいてくださーい!
a0142810_10124434.jpg

(・・・zzzzz)

ププー、あぶないですよー
ゴーンゴーン・・

  ↓

(ごろん♪)
a0142810_10172077.jpg

ドキっ!
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-13 10:09 | day 2 day

りんごのトルタ

相変わらず蒸し暑いボローニャから避難して、
週末からだらだらお邪魔しっぱなしのモンテカルヴォのヴィラ。

涼しいだけでなく、旬のくだものが食べ放題状態。
マスカットもプルーンも、こーんなに甘いのを食べたのは初めて。
なんてったって、枝で完熟ですから。
しかもビオ。
ゆまにも安心してあげられる。

りんごは皮ごとすりおろしてあげている。
すっぱあまいりんごを食べては目も口もくしゃっとさせて
「すっぱっ!」って顔をする。
いちじくは、いつの間にかかかえていたカゴからとって
両手でがじがじ食べていたワイルドゆま。
そりゃおいしいもんね。

さてさてりんご。
庭師のアマデオじいさんが熟したものをドアまで届けてくれる。
多くは木から自然と落ちたもの。
ちょっと虫食いだったりするけれど、
それもおいしい印。

そんなりんごを使って、りんごのトルタを作った。
a0142810_6232868.jpg

大きな青りんご3つをバターと黒砂糖で炒めて
クローブで香りをつけ、(シナモンがなかったので)
レモン汁をふってフィリングを作り、
生地をしいた30センチほどの台にそれを敷き詰め、
紅玉のように甘酸っぱい黄色いりんごをスライスしたものを並べ、
黒砂糖をぱらぱら振りかけた。
生地は手抜きで買ってきたものを使用。

生地はお手軽トルタの王道ブイトーニのもの。
丸く伸ばしてあり、クッキングシートでくるくるロール状になっているので便利。
はじっこを切っておいて、最後の飾りに使用。
a0142810_6233892.jpg

リボンつき♪

実はこんな体勢で仕上げた。
a0142810_6233726.jpg

かかしのように片足立ちデス。
食べる分だけカロリー消費したかんじ。

出来上がりました。
a0142810_6234076.jpg

ゆまのお風呂中に余熱でちょっとこげ気味。。
卵黄塗らなかったからつやもないし。
バターはちょびっと塗ったんだけど。
こりゃお店じゃ出せないなぁ。

でも美味しいはずと、ディナーのあとに、あたため直し、
ひろみさんが買ってきてくれたジェラートを添えて
いただきましたよ。

やっぱりねーりんごが美味しいからね、
おかげさまでご好評いただきました。
今度は全粒粉入りの生地を使ってヘルシー版を作ってみようかな。
(自分で生地から作ればいい話ですがね)
[PR]
by grazia_chizu | 2011-09-12 23:22 | buono!