ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

The New Artisans

この秋、美術書系に強いロンドンのThames & Hudson社から
ユニークなクラフト系アーティストをフィーチャーした本が発刊される。
a0142810_649439.jpg

デザインエキスパートでブロガーのオリヴィエ・ドゥポン氏が
ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカから75人のアーティストをピックアップ、
アート、デザイン、クラフト、アンティーク、などが好きな人には
間違いなく面白い本。
a0142810_734426.jpg


a0142810_735662.jpg


そこにわたしもイタリア在住で紹介されています!
a0142810_6495189.jpg

日本でも発売されるはず、もろもろ分かり次第ご報告します♪
[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-31 23:38 | art & design

tea time

去年の秋から作っている、布のオブジェ。
ティーポットとカップを買ってくれた人から、
スイーツと、それをぶらさげるためのオブジェを頼まれ、
ティーポットのシルエットを作った。
a0142810_8315452.jpg

布に手書きしたオブジェは中綿が入ってふかふか。

布ものはこんなものこんなものも。
たのしい〜♪
[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-30 08:29 | art & design

マルコの農場B&B

ボローニャからモンテカルヴォは10キロほど、
その少し手前の丘には、マルコの農場B&Bがある。
a0142810_22473011.jpg

訪れるたびに動物が増えている。
ニューエントーは、羊。

「きみの羊が予兆だったかのように、親子の羊がやってきたよ」
と連絡があったのは、春先のことだったかな。

何のことかというと、
動物オブジェのコレクターのマルコに去年の年末、羊を作った。
それが、これ。
a0142810_581968.jpg

この羊がご縁で、最近マルコ経由のオーダーの依頼も度々ある。

玄関先にはロメオ(ネコ)がお昼寝中。
a0142810_22473250.jpg

・・・だったのに、ゆずに追いかけられて
あっという間に木の上に逃げちゃった。
ごめんねぇ。

冬に来たときは、番ネコしてたっけ。
a0142810_5155177.jpg

 
この素敵な農場、もともとあった建物を完全にこわして
窓の大きさや位置などまったく同じに立て直したのが5年前。
新しいのにこの味の出し方、さすがのセンス。

1Fリビング
a0142810_5152453.jpg


a0142810_5154154.jpg


あちこちに動物オブジェ。

わたしがナターレにあげたフクロウくんも、額に入っていた。
a0142810_5702.jpg

えっへん!

2Fリビング
a0142810_5145028.jpg


B&Bの部屋の一室。
a0142810_515461.jpg


自分たちで塗ったというバスルーム。
a0142810_5153348.jpg

あ〜ためいき・・

1Fキッチン。ここが玄関にもなっている。
a0142810_22492034.jpg

B&Bの朝食はここで。

奥の椅子4つ、4兄弟用に(全員男の子)
背もたれには数字がはいっている。
どの子も超活発、冬でもみんな素足で外で遊んでた。

キッチン出たら、この景色。
a0142810_515151.jpg

石灰の谷間の向こうにはボローニャ市街が。

この丘のふもとにはFURLAの本社の立派なヴィラがある。
マルコとはFURLAの仕事のご縁でお付き合いがはじまった。
そのマルコ、名字はフルラネットで、
フルラ一族の一人。
いまはこの農場に専念、着々と夢を現実にしつつある。

ドイツ人のおくさまアンナ・クリスティーナは
鎌倉に住んでいたことがあり、日本語も達者。
キッチン付きの独立アパートタイプの部屋もあるこのB&B、
家族でのんびりステイにとーってもおすすめ。


Ca' Bianca Dell'Abbadessa
Via Ca’ Bianca, 3 - 40065 Pianoro (BO)
Mobile: +39 339 8934548 - +39 335 8093535
Mail: cabiancadellabbadessa@gmail.com
[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-25 05:06 | amici / friends

モンテカルヴォで魚

ボローニャチェントロの魚屋といえば誰もが思い浮かべる
2軒ならんだ魚屋、
のうちの左のほう、ブルネッリが私の御用達。
そこの長身の若もの、ルパンことジャコモが魚を調達してくれて、
モンテカルヴォでひろみさんと和食をふるまうことに。

ここのところ週2回は来客があって4〜6人分の料理をしてるけど、
今回は(結果的に)15人。
おおまかには決めていたものの、なりゆきでメニューはできていった。
臨機応変っていい言葉♪
ひろみさんとのキッチンコラボも、もう何度か目。
いいペースでじゃんじゃん料理。

えび餃子をつつむ、ひろみさんベアちゃん
a0142810_0185279.jpg

餃子好きのイタリア人多し。
ベアちゃんもそのひとり。
そういえば日本でアテンドしたイタリア人料理人、
毎日餃子食べたがってたっけ・・


ゲストが続々到着し、つまみも無いのにワインがじゃんじゃん空いていった。

テーブルについたのは9時をとっくにまわってから。
ま、アペリティーボの後のディナーで普通の時間だけど。

梅酢でよせた豆腐
a0142810_0175483.jpg


イワシの梅ジソ巻き
a0142810_018446.jpg


おから、アジフライ、散らし寿司(太郎系)
a0142810_018125.jpg


アジ南蛮、アサリの酒蒸し
a0142810_0182179.jpg


このほか、「これは予測不可能の美味しさ!」とまでいわせてしまった田作りほか、
えび餃子、イカのごま油炒め、白魚のかき揚げ風など。
予測していなかった人数が集まったこともあり、
こんなときは便利な揚げ物さまさまで、
揚げて揚げて揚げまくったけど
「軽いわね、ヘルシー♪」と、すべて完売。
a0142810_0194865.jpg


右が日本大好き!のルパン。
a0142810_5163769.jpg

魚屋で見つけたら声かけてみてね。

デザートはベアちゃんのイチゴと桃とギリシャヨーグルトのシャルロットと
ベネデッタのブルーベリー&ライムのクレームカラメル。
a0142810_0183036.jpg

みんなお料理上手。
そういえば私もイチジクのコンポート寒天を。
コンポートに使ったイチジクもワインもこのヴィラ製。

気づけばもう0時をまわっていた。
ゆまはパパの腕のなかですこーしだけ寝たものの
始終ごきげんに愛想をふりまいていて、
いつもどおり車に乗って30秒で電源オフでzzz・・・
a0142810_5121144.jpg

食べたひと、作ったひと、飲んだひと、みんなにだっこされたひと、
みんな楽しかったね、お疲れさまでした!


alcune foto scattate da : Hiromi, Bea e Bebe
grazie carissime!

[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-24 23:16 | buono!

パシャっ

プロフィール写真が必要になって、作りかけだけど
気に入っているフレーム(背後の作品)の前で
パシャっ。
a0142810_748566.jpg


横顔が似てきた!?と噂の2人も
パシャっ。
a0142810_7481739.jpg


[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-24 07:45 | day 2 day

もぐもぐメロン

ゆま、今日で満8ヶ月。
興味津々、食欲旺盛。
大人のお皿から、なんでも口にしてみたがるので
味の薄めなものと米粒などまぜながら少しずつ味見させている。

くだものは比較的なんでもあげられるようなので、
大人とおんなじ。ゆまもうれしい。
a0142810_73744.jpg


もぐもぐたべちゃうもんね♪
a0142810_725214.jpg

絶好調だ!
[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-22 22:16 | day 2 day
「アブルッツォからアロスティチーニと畑の野菜を持って帰るから
 モンテカルヴォでディナーしましょ!」
と、アレッシア。
いいねいいね♪と、最近お邪魔しまくりのジェジョ&ひろみさんのところに。

おかみが板についたひろみさんに、
やることなすことダイナミックなアレッシア。
a0142810_6414232.jpg

美女食堂なり♪

アレッシアのダンナの出身地、アブルッツォ州といえば、
このアロスティチーニ。
a0142810_6422177.jpg

去勢した羊の串刺し。炭火焼にする。
これをメインに、アレッシア、アンティパストにとりかかる。

ズッキーニの花の詰め物。
a0142810_6423260.jpg

中身はリコッタ、サフラン、アンチョビ。

アレッシアバージョンは、中にも衣にも卵は入れない。
a0142810_642384.jpg

衣は小麦粉に炭酸水。
きれいに揚がった。

お味見はひろみさん。
a0142810_6424762.jpg

「超おいしい〜♪」
と、仕事を終えてやってきたパオロが、挨拶に。
まるで姫に跪くナイトじゃなーい!と思った図。
そういえば以前、身振りや佇まいで、
この人は前世はナイトだったんじゃないかと思ったんだった。
実際、昔は馬も持っていたのだ。ひひーん。


なーんていってる後ろには、アレッシアの実家があるトスカーナから届いた
牛の心臓(クオーレ・ディ・ブエ)という名のトマト、
a0142810_6425846.jpg

と、ひろみさんが大切に毎日返しているぬか床。

ぬか漬け、久しぶりに食べたけど、
やっぱいいわ、あぁ日本人でよかった〜って思う。

テーブルセッティングはテラスにて。
a0142810_643689.jpg

カーテンまでセッティング。
いい雰囲気に。

アレッシアのダンナのアンドレア本場のテクで炭を起こす。
a0142810_6431722.jpg

この細長いグリル器は2人が持参したもの。
焼き鳥にもよさそう♪

アンティパストが冷めないうちに、早く食べてね!とせかされて、
テーブルに。
a0142810_6432670.jpg

花フライ、の奥は、お米のクリームに魚介のラグーをうかべて
コーヒー豆を散らしたもの。
おいしぃ♪

メインはもちろんアロスティチーニ。
a0142810_6433487.jpg

アブルッツォのパンに、スライストマトをのせて、
オリーブオイルをたっぷり。
これをかじりながら炭火焼をいただくのが伝統だとか。

ちなみにわたし、15本食べました♪

こちら、ひろみさんストックの貴重な和素材から、
よもぎ白玉に、手作りあんときなこ。
a0142810_6434468.jpg

お口直しに、おいしゅうございました。

たのしい宴は、強い雨風のため、ドルチェタイムは室内に移動。
a0142810_6435248.jpg

アレッシア出身地の、トスカーナ風トルタ・ディ・リゾ。
砂糖がたりず、薄味だけど、朝食にいいかんじのトルタだった。

アレッシア&アンドレア。
a0142810_644284.jpg

この2人、去年のいまごろアブルッツォでスーパーウェディングをしていたっけ。

やるときはとことんやる!のアレッシア、
今日もやったね♪
ご苦労さまでした!
[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-19 23:28 | buono!
夕方のゆずの散歩コースのひとつは、
丘の上の小さな森。
a0142810_6343443.jpg


ゆまは私がスリングでしょっていくけど
パパの肩も大好き。
a0142810_6345016.jpg


しばらく歩いたら、休憩。
a0142810_6371964.jpg


[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-18 21:31 | day 2 day
緑がいっぱいのモンテカルヴォのヴィラ、
ワイナリーのぶどうのほかにもフルーツがいっぱい。
シーズンのいちじく、もも、プラム、プルーン、洋梨など、青リンゴなど
ひろ〜い敷地内を散歩しながら熟れ具合をチェックするのもまた楽しい。

木陰のゆまに見守られ、母さんは
a0142810_10494832.jpg

大好物のいちじく目がけて登ってました。
a0142810_10495780.jpg

収穫収穫♪
a0142810_10595389.jpg

緑だけど熟れているのだ。

こちら、黄桃。
a0142810_1056392.jpg

ビオにつき、おいしいのは鳥やら虫やらにやられてしまう。
熟れ熟れのちょっと手前で取るのがいいみたい。

ルスティカーニという小粒の黄色いプラムのような実も大量に収穫。
甘酸っぱいのでマルメラータにしようと、庭で種取り。
a0142810_1051213.jpg


この素敵なヴィラで、ゆくゆくは以前もやっていたようにB&Bも復活するはず!
そしたら庭の果物で作ったマルメラータとフレンチトーストの朝食も楽しめるかも♪
a0142810_1055386.jpg

ご興味がある方はひろみさんにご連絡を!

うちの一家とも遭遇するかも!?
a0142810_10513710.jpg


ゆま&ゆずも、食べごろフルーツやひみつの場所を教えてくれるはず!
a0142810_10561480.jpg


[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-15 10:49 | day 2 day

モンテカルヴォで避暑

モンテカルヴォで迎えた、すがすがしい朝。
a0142810_19465924.jpg

緑のなかで目覚めるって幸せ!

ひろみさんのおじやとぬか漬け。
a0142810_1947691.jpg

ここは軽井沢だっけ?という錯覚に陥る
幸せな朝のひととき。

ここでは2種類のぶどうで4種類のワインを作っている。
a0142810_22463713.jpg


くわしくはもうすこし先、収穫のころ、お楽しみに!
a0142810_22452681.jpg


広大な土地にはたくさんのフルーツの木も。
a0142810_2343478.jpg

袋をもってお散歩。

本日の収穫。
a0142810_19483389.jpg


たくさん散歩して、いっぱい遊んで、
お昼寝ゆま。
a0142810_19473530.jpg

ぜいたくなヴェネチアンモザイクの床で、ひんやり気持ち良さそう。

今夜は和食。
豆腐作りにもチャレンジ。
a0142810_194754100.jpg

あちちちちーと、豆乳をしぼり中のひろみさん。

この「あちちちちー」にゆま、大喜び。
「またいってー」風な顔でにこにこひろみさんを見て待っている。
おかしー。

スーパーサーモミックス、ビンビー(Bimby)を使って豆腐作りを試みるも、
はじめて使うビンビーで温度管理を間違ったらしく、
うまく固まりませんでした。ちーん
(ビンビー、くわしくは以前のブログへgo!)
でもおからはおいしくできた。

a0142810_1948337.jpg

かつおのたたき、かつお巻き、ちらし寿司、コロッケなど。

ゲソとエビは熱湯に通してから塩とごま油さっと炒めた。
a0142810_19482257.jpg

「うまーい!」顔のアレッシア。

ひろみさんのブログにあるように、
このため息もののヴィラで、ぶどうやオリーブの収穫をするステイもできますよ♪
[PR]
by grazia_chizu | 2011-07-13 19:39 | day 2 day