ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

リトルブッダ

うちのリトルブッダ。

a0142810_7574586.jpg

ZENなり。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-29 08:03 | day 2 day

りんご

今日でゆま祝4ヶ月。

4ヶ月からくだものの離乳食をはじめましょうね、と
ホームドクターにいわれている。

ためしに、りんごをおあじみ。
a0142810_21295294.jpg

おそるおそる、ぺろぺろ。

a0142810_21294097.jpg

おーいしいじゃん♪
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-22 20:18 | day 2 day

ちづ食堂

最近、ボローニャのメルカートエリアにある魚屋に週いちペースで通っている。
二軒あるうち、左のほう。
(といえばボローニャの人は「あ、あっちね」という)


それであると必ず買うのは、アジ。
先日も破格で新鮮なアジに盛り上がり、
思わず3キロ買ってしまい、
ほかの品々3キロ+ゆま6キロ=12キロ、
ひーこら苦労してしょって帰った。

今回は、ほかの魚には手を出さず、
無理のない範囲で3キロ。

4尾は3枚にして甘酢漬け。
4尾は同じく3枚にして南蛮漬けに、
ほか10尾は開きにして一夜干しに、

その夜のワンプレートごはん。
a0142810_20165680.jpg

右奥から時計回りに、
アジ南蛮漬け、
アジ甘酢漬け、
イワシとズッキーニラグー
高野豆腐とトリ皮煮、
そばの実とスリミサラダ
(スリミはカニカマ。日本のみたいにきれいに割けない。)
チーマディラーパ(菜の花のような葉っぱもの)のごま和え、
焼き味噌おにぎり。

超地味だけど大好評だった。

ニューパートナー、メグを連れてきた弁護士のマヌは、
「うまく説明できないけど、
 とにかくいままでで一番おいしい食事だった!」と
宣伝しまくっているらしい。

こりゃ「ちづ食堂」でも開くかな。笑



食事中大盛り上がりだった、
メグ(左)とゆず。
a0142810_2018872.jpg
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-21 20:11 | buono!

gambare nippon!

a0142810_211962.jpg


[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-19 13:18 | day 2 day
これならこどもにも解りやすくいま起きている原発の状況が説明できますね♪

お医者さんたちに大感謝!
う○こ出ませんように!
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-17 11:15 | day 2 day
震災後、ストリーミングでずっと日本の番組をみている。
毎日毎時毎刻、聞こえてくるネガティブなニュース。
ことに海外では日本の状況が誇張されて伝えられているように思う。
それでも余談をゆるさない状況なのには違いないのだろう。

こちらの友人からは、毎日家族や友だちの安否を気遣うメッセージが届く。
口をそろえて、
「毎日あなたの国の人たちのことを想っているよ。
 こっちに来れる人がいたらお世話するからね!」
という。
募金した人も多い。

そんななか、“脱力系”コピーライター&エッセイスト、糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞を久々にのぞいた。

「非常時向きの人間じゃない」という糸井さんのつぶやきには、
共感できることがたくさんある。

糸井さんのtwitterには“糸井系”なtweetが寄せられる:

  大抵のお店が品切れの時に「申し訳ありません」というお知らせを貼っているけど、
  うちの近所には「そんなに必要ですか?皆が最低限買えるようにしませんか?」
  と貼っているお店がある。みんなそれを読んで我に返っている。
  他の店もできませんか?


  青森の母から電話。「東京の方が殺伐としてるんでねが?東北の人は皆辛抱強くて、
  お互い気遣ってやってるんだはんで。あんた達も頑張りへ!」
  その通りです。世界で賞賛された美徳は東北の人達の気質です。



東京から60キロ南に住む両親に、
万が一のことがある前に、京都の親戚のところに移ってはと勧めたところ、
「なーに大丈夫よ!どうせ電車もガソリンもないし原発からは270キロは離れてるし。
 むしろこちらで被災者を受け入れるべき立場なのよ」という。


歯を食いしばってがんばっている被災者の方々、
援助にかけつけた方々、
被害を食い止めようと最善を尽くしてくれている方々、
今日もどうか、お元気で。

そして私のようにひやひや見守るみなさま、
ふさいでいても仕方ない。
節電、募金、ボランティア。
できることを、できるだけ。


リンク:「ほぼ日」が考える、東日本大震災のこと
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-16 12:43 | day 2 day

ガンバレニッポン!

朝、パソコンを立ち上げると友達からスカイプで
「日本で大きな地震があったね。家族は大丈夫?」
とメッセージがあった。
えっ、どこで?
とドキドキしながら添付されたリンクをクリックして、
その映像に目を疑った。

イタリアでも連日トップニュースとして大きく報じられ、
こちらの友人からは、日本の家族や友達は大丈夫?と
次々と電話やメールが届いている。

どこかの国での戦争や災害のニュースを聞くと、
心を痛めてもやっぱり遠いところの話で、
そのうち忘れていつも通りの生活をするわけだけれど、
今回日本を襲った、そしてまだ起きるかもしれない自然の猛威、その被害、
そしてこちらでも一番注目されている原子力発電所の息をのむ状況、
物不足、ガソリン売り切れ、停電と、関東でもじわじわ影響が出ているとのこと。
遠くにいながらも常にハラハラ、落ち着かない。

いつもと変わらない街の風景、
聞こえてくる何でもないおしゃべり、
くだらないテレビ番組をみて、
日本は大変なことになっているのに・・・
と妙にいらだちを感じる。
そんな自分に少々びっくり。


被災された方々のことを思うと本当に心が痛みます。
まだまだ長い戦いになりそうですが、
気をしっかり、がんばってほしいと願うばかりです。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-14 20:42 | day 2 day

ゆまゆずちゃわん

ゆまのお食い初めに贈られた
陶芸家のたまちゃんこと我妻たまみさんのおちゃわん。
a0142810_0261826.jpg

実は自分の子どもにはたまちゃんの食器を使ってあげたいと
10年以上前から思っていた。

それは、たまちゃんが当時離乳食がはじまったバンビーノに
自作の食器でごはんをあげていたから。

プラスチックの食器は軽いし壊れないし便利だけど、
食器は本物を使って大人とおなじように食べてほしい。
壊れてもいい。割れちゃったら悲しいねって分かるし
物を大切に使う子になるでしょ。

というたまちゃんのフィロソフィー、
大学生のわたしには、かなりぐっときた。

「育児本には本当に知りたいことが書いていないのよね〜」と、
自己流の子育て談をいろいろ聞いたけど、
私も子どもができたらたまちゃんみたいに接してあげたいな、
と思ったものだ。


たまちゃんとの出会いは、はるか昔、
高校卒業の春に家族でいったイタリア旅行のとき。
彼女が修行していた先、ミラノの陶芸アトリエのウィンドーをのぞいたときに
たまちゃんの姿を見かけたのがご縁のはじまり。

ひとまわり上の同じ干支で、同じ大学、同じく長女で妹は甘えん坊という家族構成。
ご主人はちょっと年上のオトナな男性。
たまちゃん帰国後、産まれたバンビーノのベビーシッターをさせてもらったことも。
自宅にアトリエをかまえ、製作、育児、家事、遊びとどれも一生懸命楽しんでいて、
私も12年後にはこうなってたいなーと憧れてみていた。

そのバンビーノが少年になった今、
私はイタリアに住み、
ちょっとよりもうちょっと年上の人と一緒になり、
少年とおなじく11月生まれの子を持って
作品作りも子育ても、家のこともなにもかも、
毎日充実、楽しんでるなーと思う。


わたしが憧れた少年の食器。
たまちゃんブログに登場していた。
初代からサイズアップし続けて現在5代目。
10歳の誕生日プレゼントに贈ったメッセージ入り少年ちゃわんの
メッセージがまたステキ。

さて、うちに届いた食器。
a0142810_026498.jpg

ちゃわんの裏にはゆまの誕生日、体重、身長が記され、
もうひとつにはうちのけむくじゃらのビンバ、「ゆず」も。
a0142810_027964.jpg


こんなステキなうつわを作っているたまちゃん、
そして最高のプレゼントを思いついてくれた、
おなじく2010年生まれのおんなの子をもつ妹に
心から、感謝!


ゆま食器、たまちゃんブログで美しく紹介されてます♪
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-10 00:21 | art & design

あじアジ鯵

今朝チェントロの魚屋にいったら、店頭においしそうなアジが。
a0142810_6463410.jpg

1キロたったの1.5ユーロ。

自分の順番を待っている間、
アフリカ系のおばちゃんが1ケース、
インド系のおっちゃんも1ケース
山盛りで買っていくではないか。
あーなくなっちゃうー!とひやひやしていたら、
もうひとケース出てきた。
はじめは4尾頼んだけど、思い直してもう2キロ、
といったら3キロちかく包まれた。
1尾30センチほどある大降りのアジ17尾が5ユーロほど=600円弱。
なーんてお買い得♪

昼は2尾を3枚におろして骨もフライに。
夜は2尾を同じく3枚おろしで
甘酢につけてワサビといっしょに。
おいしー♪♪

こんなに美味しいアジ、イタリア人、少なくとも私のまわりでは
名前(suri)をいっても誰も知らない。

「大きさのわりに食べるところが少ないからじゃないかな」というパオロ。
たとえばイタリア人に超メジャーな魚、イワシは
背骨があっても頭とハラワタを取って、あるいはまるまるでも使えるし、
同じくよく使われるスズキはさばいても身がしっかりある。
アジはロスが多いから?という見解らしい。
それが理由か疑問が残るけど、とにかくアジが知られていないのは確か。
そのほうが価格が低くて都合はいいけど♪

さてさて、大人買いしたアジ、あしたは揚げて南蛮漬けにしよう。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-09 15:46 | buono!

zzz...

毎晩ソファーでテレビをながめながら寝入る親子。

私にせきたてられてベッドに移動、
片付けとシャワーともろもろ済ませてベッドに合流すると、
あるのはこんな2人の姿。
a0142810_6202863.jpg

こんなに近くでいびきをかかれていてよく眠れるものだ。
たまにパパの鼻にゆまの指がつっこまれているけど
ついつい目をほそめてしまう光景。
[PR]
by grazia_chizu | 2011-03-07 23:11 | day 2 day