ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2010 年越しはnew家族で

年越しは友達とにぎやかに過ごすのがイタリア式。
去年はマウリの家でオーバー50ボロネーゼな年越しをした。

今年ははじめて家族で年越し。
どうしようかなーと思っていたら、
ファビオ&キヨコさんファミリーに誘われて、
アットホーム年越しにお邪魔した。

料理はあれこれ持ち寄り。
a0142810_205876.jpg

お料理上手のキヨコさん、肉まん、まきまき豚、海鮮串焼きなど
お得意の品がずらり。
手作りトルテッリーニにはびっくりした。
さすがです!

私は詰め物チキンの丸焼き、海鮮と麦のサラダ、詰め物イカのバター焼きなど。
a0142810_2071532.jpg


おてんばセレナ嬢はゆまをだっこしたくてしかたない!
a0142810_618942.jpg


(兄ピエロ写)
セレナが持っているあかちゃん人形チッチョベッロは
20針縫われていて病気もちなんだって。笑

2010年もあと10分ほどになり、
テレビをつけてカウントダウン。
このあたりはどこの家も一緒。

3、2、1、おめでとう!
a0142810_20134135.jpg

乾杯♪
(兄ピエロ写)
ちなみにチッチョベッロはこの方
a0142810_2365296.jpg


友達も家族も増えた、盛りだくさんな2010年。
2011年はさらに賑やかで楽しい年になりますように!
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-31 20:12 | day 2 day

まきまきゆま

おめざめ
a0142810_23283693.jpg

エンジェル風

いい湯♪
a0142810_23285913.jpg

(1/2) 日本人ですからー

(もうむりー)
a0142810_23293765.jpg

zzzz
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-27 23:28 | day 2 day

福ろう

今日はサントステファノ(聖ステファノ)の日で、ナターレの祝日。
25日は街にはほとんど人影がなくなるけれど、
26日には前日にとったカロリーを消費するためか、
ぞろぞろ散歩をする人をたくさん見かける。
街角のあちこちで知り合いに出会い、
ナターレに何を食べた、という話から、年末年始どう過ごす
などのおしゃべりをその度に繰り返すことになる。

この時期、とくにゆまがこともあり、いただきものをすることが多かった。
それで、気持ちばかりのお返しに何がいいかな、と思い、
福がたくさん来るように、ちびふくろうを作った。
a0142810_23264247.jpg


来年もたくさん福きたれ
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-26 23:20 | day 2 day

ナターレのテーブル

Buon Natale!
今年は家族で過ごす、はじめてのナターレ。
去年はルームメイトのモデナの実家でむかえた。
ゆず(犬)は1月から、パオロ(パートナー)は5月から、ゆま(べべ)は11月から
一つ屋根の下。
2010年はスーパー盛りだくさんイヤーだったなー
(ってもう大晦日気分。)

この夏、コルシカ旅行に誘ってくれたパオラ&ジジとは
付き合い始めたのは夏からだけれど、もう家族同然。
ナターレは当然一緒に過ごすでしょ!
ということで、5人(+ワン子)で、ナターレのランチ。

ニューエントリーのゆまをかこんでシャンパーニュで乾杯したら、
まずはトルテッリーニ。
a0142810_2318549.jpg
パオラが知り合いに作って
もらったトルテッリーニを、
こだわりの肉屋から調達した
肉からとったブロードにうかべて
パルミジャーノをたっぷり。

トルテッリーニはキュっと小さく
おへその形をしていることが大切。
生地を閉じたところの厚みも
ほどよく、丁寧にとったブロードも
最高においしく、
どこで食べたものより美味しかった。


それから、私のラザニア、(トルテッリーニと同じくこれもボローニャ料理)
生産者から買ってきた豚を低温で長時間ローストしたアロースト、
ブロードをとった肉、ボッリートミストなど。
a0142810_2319129.jpg

どれも文句なしにとっても美味!

今年一緒にいったコルシカには、ゆまもおなかの中で一緒だったね、
毎日シャンパーニュあけてたね、
シャンパーニュ地方まで小さな生産者のところに仕入れにいくツアーもいいね、
ゆまも絶対グルメになるね、
などちいさな幸せトークはつきない。

a0142810_2319613.jpg

ドルチェはパネットーネにふわふわのマスカルポーネをそえて。

今年はEatalyのパネットーネにしてみたかったけど、
残念ながら売り切れ。
じゃもうなんでもいいやと、超量産もののBauliのを
近所のスーパーで。
ざっとみたところ、天然酵母で本格的に作られたものが
1キロ12~22€。
量産ものは正価8€ほど、でもナターレ前からたたき売りをしていて
Bauliはなんと2.5€。
キロあたり、普通のパンよりずっと安い。
ふわふわすぎて香料も効きすぎで本格ものとは別ものだけど、
朝食に苦いカフェにひたして食べるのは結構好き。

うちのナターレのテーブルはこれくらいだけど、
とくにおばあちゃん、おばさんたちがいる家は、それぞれがいろいろ持ってきて
この倍くらいの品数は並ぶよう。
それでナターレのランチは何時間もかけて数日分のカロリーをとることになる。
この時期プラス3キロは避けられない。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-25 23:17 | day 2 day

イブイブボロネーゼ

今日はヴィジリア(イブ)、いよいよナターレ前日。
ナターレのために最後のショッピングをする人たちで、
街中大混雑。

a0142810_8372787.jpg
ヴィジリアには肉は食べず
魚料理をたべる。
肉屋にもサーモンマリネなど
魚ものが並ぶしまつ。

魚屋には長蛇の列。
番号札をとったら、85人待ちだった。。


老舗のデリ&食材ショップ、Attiのウィンドーは
いつもPRのPOPが楽しい。
a0142810_836537.jpg

ボローニャのナターレに必要不可欠のトルテッリーニ。
「うちのトルテッリーニなしでは私たちとナターレはできない!」
「肉のラヴィオリ、それに私たちの芸術をつめる」

a0142810_8363522.jpg

イタリアのクリスマスケーキのスタンダードは、
ミラノ生まれのパネトーネ(右)とヴェローナ生まれのパンドーロ(左)。
上段のpanespeziale(パーネスペツィアレ)はボローニャのクリスマスケーキ。

a0142810_8371137.jpg
巨大なパネトーネ、5キロで110€!
リボンがかかった本には
「ナターレの新作
 ボローニャ流マーケティング」とある。
一体何が書いてあるんだろう・・・


a0142810_8404696.jpg
チェントロで買い物をすませたら、
いつものバー、マウリッツィオに。
最高のカプチーノと
マウリ&常連とのおしゃべりで
心もからだもあったまる。


急いで帰ってランチの準備。

今日はイワシのパッケリ(巨大なパスタ)。
a0142810_84325.jpg

これ、超簡単でとーーってもおいしい。
この料理はぜんぜんボロネーゼじゃないけど
とりあえずヴィジリアの伝統にのっとって魚料理ってことで。

夜は日本から届いたうなぎの蒲焼♪
これも魚料理だエヘン!ってことで・・・
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-24 08:28

エビ三昧 だけど・・

特別な日は魚料理のレストラン、というのが多い気がするイタリア人。
とはいっても今日は特別な日でもなんでもなかったけれど、
わざわざボローニャから35キロも離れた魚料理のレストラン、
ダ・セルジオに。

支配人と挨拶をかわしたら今日のおすすめなど聞き、
「カタラーナ」もあるよと聞いたら友達が「それにしましょ!」
とオーダー終了。
カタラーナってスペインのカタラーナ地方のカタラーナ?
と思いながら、みんながそれっていうならきっと美味なんだろうと思い、
何が出てくるか見てのお楽しみにした。

それが登場するまで、とりあえずシャコ。
a0142810_640387.jpg

シャコって掃除が大変!というのは
やった人にしかわからない。
(というのは先日やってみてわかったこと)
あ、でもおなかの殻はついてたような。

で、どどーんと「カタラーナ」登場。
a0142810_646052.jpg

じゃーん!
長さ50cmはあるオーバル皿に、蒸したエビ類がてんこもり♪
これで二人前。
a0142810_645325.jpg
ざっくり切った生野菜をつまみながら
ひたすらエビと格闘。
とりあえず大モノのオマールから。
やっつけた。


少し食べて気付いた。
そういえばわたし、甲殻類アレルギーの気があるんだった。

いつものように内くちびるが腫れ気味になり、
気のせいかな?という程度に食道あたりがちくちくしてきた(ような・・・)。
それでも野菜をひたすらつまみ、だましだまし平らげた。

この料理がいくらだったかは不明だけど、
シャコとカタラーナ、ワインを6人で2本と水4本で400€なり。
たしかにエビは質がよかったけど、
恐る恐る食べたのはもったいなかった。

アレルギー反応がでる可能性を考え、この晩はゆまには授乳はせず、
粉ミルクにしておいた。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-22 02:10 | buono!

作品はliberissima!

日本から届いたクリスマスカード。
a0142810_8563237.jpg

素敵なフラワーアレンジがされたフレームは、
わたしが作ったもの。

この夏、作品の問い合わせをもらい、
一時帰国をした際に作品を持って直接お会いした依頼主、稲葉 知子さんは
フラワーアレンジメントのスペシャリスト。
アトリエBOTTEGA LIBERISSIMA(超自由な工房)を主催し、
フラワーアレンジの教室、各種コーディネイトをしている。

36歳でフィレンツェに渡り、一人でいろいろな工房の扉をたたき
見習いをさせてもらったなど、かなりの行動派。
エネルギッシュ&クリエイティブな人との出会いはとても刺激になる。

出会いの記念にといただいた、プリザーブドフラワーの作品。
a0142810_8565092.jpg

一時帰国直前にいっていたコルシカ旅行のことを知り、
バラや貝殻を使った夏の宝箱のようなアレンジに。

ワイヤーの作品に植物系のアレンジをするのは、
これからどんどんやってみたいこと。
ボローニャで作品を扱ってくれているCamera Con Vistaのカミッラも
キャンドルのシャンデリアの作品に松ぼっくりのアレンジをした。
a0142810_8591736.jpg


1+1=2以上になるコラボレーションはやっぱり楽しい!
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-21 08:51 | art & design

ひと足はやいbuon natale

ゆまが産まれる前日から一ヶ月ボローニャに滞在していた両親が、
明日いよいよ帰路に着く。

ナターレ(クリスマス)は家族で過ごすのがイタリア人、
みんなに「えーナターレまでいないの?なんでー?」と聞かれるしまつ。
そのたびに「日本ではお正月に家族で過ごすよ」と言ってはみたものの、
それじゃなんで正月までいないの?という話しになるので
面倒なので適当にかわしていた。

なにはともあれ、出発前夜、一週間はやいナターレ気分のディナー。
ゆま、はじめての(プレ)ナターレをお祝い。

チーズやオリーブ、パテでアペリティーヴォ。
アンティパストはアーティチョーク、ラディッキオ、芽キャベツなどを
アッシジで今年絞りたての超スペシャルオリーブオイルと。
a0142810_2374870.jpg

友人が趣味で自分たちように作っているこのオイル、
絞りたてほやほやの、特別にフレッシュで力強い風味は数日で飛んでしまうとか。
父はこのオリーブオイルを「イタリアで食べたもので一番おいしい」と大感激。
「こんなにおいしいオイルをくれる友達がいてうらやましい」とつぶやいていた。
(いいでしょ♪)

セコンドは、羊のロースト。
a0142810_238443.jpg

ミルクのみ羊にパンチェッタとローズマリーがぐるっと巻かれた塊肉を、
200度のオーブンで約1時間40分。
ボローニャ産じゃがいも、たまねぎ、マッシュルームにも
まわしかけたオイル、ローズマリーの風味と肉のうまみで
しっとりおいしくできあがった。

今夜はイタリアのシャンパーニュ、フランチャコルタで乾杯。
(わたし以外)小林家はアルコールに激弱で、母は笑い病か呼吸不全気味になる始末。
でも一口くらいはと、楽しんでいた(様子)。
in vino veritas!
(真実はワインの中に=お酒の席で交わされる会話こそが本音である)
とは、イタリア人がよく使うラテン語のことわざ。

デザートは、近所のサンフランチェスコ教会の前にあるクレメリア(ジェラテリア)の
ジェラート3種盛りに、パネットーネ。
a0142810_2382399.jpg

ここのジェラート、ボローニャ近郊で作られているグリエルモの牛乳を使っていて、
とーーーってもおいしい。夏も冬も超ごひいきにしている。
この時期、パネットーネにジェラートをつめたものも登場。
うちではパネットーネに添えていただいている。
この時期ならではの楽しみ。


両親と毎日こんなにたくさんの時間を過ごしたのは小学生ぶりくらい?
家をでてから、たまに帰っても料理上手の母がぜーんぶしていてくれたので、
今回のように腕をふるう機会もなかなか無かったし、
仕事が忙しかった父とも一緒にテーブルについて食事をとることも少なかった。
a0142810_2383112.jpg

ゆまのおかげで、貴重な時間を一緒に過ごせてほんとによかったなーと思う。
子はかすがい!ってその通り。

こつぶだけど、その存在は偉大なんだ。
a0142810_5354919.jpg
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-18 23:23 | buono!

まんまるー

生後1ヶ月たたずして首もかなり動かし、手を組んだりもするゆま。
(7ヶ月くらいのエコーでは中指立ってたっけ。。)
ただいま食べ盛り、鶏ガラちゃんだった足もみるみるぷくぷくに。
(そりゃわたしの子ですからーっ!)

あー食べた食べた!
a0142810_2344081.jpg
どすこい。

入院していたとき、
病院では毎日5ccずつ
ミルクの量を増やすように
いわれたけど、
それでいうと一ヶ月で
一回160ccの計算。
多くないか?
ちなみに搾乳して授乳中。
で、8割ほど母乳。
でも一度に160も
でませーん!


a0142810_2340584.jpg
ゴチでーす♪

すっかり二重あご。


[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-17 23:34 | day 2 day

動物たち

クリスマスプレゼントのオーダーNo.1は、動物系。
a0142810_1214617.jpg
フクロウ。
高さ17センチほど。
ジャーナリストの彼女は、
フクロウ好きの料理人の彼に
プレゼントするそう。


a0142810_1343723.jpg
ヤモリ。
自宅の壁に、何か動物を
とのオーダーだった。
それで今までの動物シリーズから、
ヤモリを大x 2、小x 1
オーダーをもらった。
インテリアデザイナーの彼女は、
来春女の子が生まれる予定で、
「壁がヤモリ一家で楽しくなる!」
と喜んでくれた。


私の手から生まれた動物たち、もらわれていった先で
どんなストーリーを目撃するのか、想像するとワクワク♪
だから顔がみえる仕事は楽しい。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-12-16 15:03 | art & design