ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ピッピ&みかん

ゆまの誕生から一週間、

実は今日までゆまは新生児病棟に入院していた。

母子ともに問題なければ出産後48時間程度で退院するところ、
ゆまは生理的体重減少の目安の10% より多く減っていたのと、
黄疸がでていたことなどで、入院。
その後脳波や血液検査、血中酸素のモニタリングなどをし、
とりあえず体重も増え、問題ないということで晴れて退院OKがでた。

入院中は授乳しに通い、夜の分は搾乳ルームで搾乳して保管。
この入院期間中に、沐浴、おむつ変え、授乳方法、食事の量やリズムなど、
看護士や医者、おなじく子どもが入院しているママたちから
さまざまなことを学んだ。

感心なのは、すべてのケアが無料だということ。
家が遠い両親用に寮もあり、一日一食は食堂で無料で食べられる。
なにかとシステムの悪いイタリア、不満も多いが
今回の体験で、少なくともボローニャでは医療では誇れることがあることが分かった。
ちなみにボローニャにはイタリアでも有数の医療機関があり、
国内外から研究者も集まるのだとか。

退院の日の朝、沐浴の時間を少しすぎて駆けつけると、
ゆまは見覚えのないこんなおベベをきていた。
a0142810_5264749.jpg

長靴下のピッピみたい!

担当の看護士、シルヴィアに「かわいい~」というと、
「今朝この服をみつけて誰かに着せたかったの。
 いいでしょ?」と笑う。

いただきもののこの服では、看護士に「みかんちゃん」と呼ばれていた。
a0142810_5314418.jpg

入院していた子でオリエンタルなのはゆまだけ。
髪がふっさふさなのも人気だった。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-29 23:24 | day 2 day

はじめまして

11月22日、寒空の月曜日、「ゆま」誕生しました。
a0142810_8292586.jpg

夢のなかで陣痛がはじまり、
気付いたら朝5時前。
のんきに朝食を食べ、ゆずを預けにいって、
8時すぎに病院入り。
内診をうけて、そのまま分娩室へ。
9時半には小さなゆま(2750g 50cm)を抱っこしていたという
超スピード安産だった。

ちなみにイタリアではプライベートな病院で出産をしたい人、
無痛分娩を予約した人など以外は基本的に無料で出産できる。
予約なしで産みたい病院にかけこみ、
そのときベッドが足りなかったりすると
別の病院にまわされる。
そして無事出産後、48時間で退院。

ボローニャにいればたいてい大きい病院2軒か
20数キロ離れた病院で出産する。
私がいったのはそのうちのひとつ、ボローニャ大学病院。
午前中に出産して、ランチは多目的室でとった。
それも「え、いま出産してきたばかり?」といわれるほど
元気だったから。
ちなみにメニューはこんなかんじ:
昼食
a0142810_8472514.jpg

ペンネ・アラビアータに子牛ロースト

夕食
a0142810_8473423.jpg

ミネストローネにハンバーグトマトソースがけ

朝食
a0142810_8474882.jpg

カフェラテにビスケット

栄養バランスがいいとは思えないメニュー。
水は自分で用意。
でもぜーんぶ無料だからすごい。

母子同室4人部屋で友だちもできた。
(しかも友だちの友だちのブラジル人が隣のベッドだった。世の中狭い!)
これもまた経験!

ゆま、これからどうぞよろしくね。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-22 22:22 | day 2 day
昼前、東京から両親がやってきた。
母は二回目、父ははじめてのボローニャ。

前日用意したラグーでタリアテッレ・アル・ラグー。
a0142810_7491420.jpg

ラグーはボローニャの伝統レシピを少し軽くして作った。

伝統レシピだと、4人分のレシピは
- 豚 300 g
- パンチェッタ(豚脂身) 150 g
- にんじん 50 g
- セロリ 50 g
- たまねぎ 50 g
- トマトソース大さじ5
- 白ワイン 1/2カップ
- 牛乳 200cc

4時間は煮込むらしいけど、近所のおばあちゃんは「2時間もあれば充分」。
伝統レシピだと、タリアテッレ一食分とあわせて約700キロカロリー。
それにパルミジャーノをたっぷりかけるわけだからなかなかのハイカロリー食。
でも美味しかったらいいじゃーん!
とがっつり食べた。

料理上手の母に伝統ラグーの感想をきくと、
「うん、おいしいよ。でも私もっとおいしいレシピもってる!」
と胸を張る。
・・・そですか。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-21 15:06 | buono!

ももいろ&みずいろ

うわさには聞いていたけど、はじめてみた。

扉にかかげられた、ももいろ&みずいろのリボン。
a0142810_012245.jpg

女の子が生まれると、ももいろ、
男の子が生まれると、みずいろのリボンを
扉にかかげる習慣。

みると、どちらも11月16日生まれ。
双子ちゃんかな。



じつは今日が予定日でした。


a0142810_0133198.jpg

うちの扉にかかげられるのは、何色のリボンでしょう。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-17 00:06 | day 2 day

新作いろいろ

じゃんじゃん製作中!

木馬
a0142810_20554036.jpg

クリスマスにも人気なモチーフ。

a0142810_212731.jpg
足の生えたシリーズ。
これはナプキンホルダー。
IKEAの小さなナプキンが
ぴったりなサイズ。


a0142810_212457.jpg
キッチンには仲間がいっぱい。
けっこう楽しい。


娘の結婚1周年記念にとオーダーをうけたフレームの作品。
a0142810_213485.jpg


a0142810_2144050.jpg
モチーフは、家の紋章と
ラテン語の家訓など。


[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-16 20:44 | art & design
この夏、コルシカで一緒にヴァカンスしたパオラ&ジジと、
トラットリアNonna Rosa (ローザおばあさん)に。

友だちが経営するこのレストランは典型的ボローニャ料理のお店。
まずはクレシェンティーネ(中が空洞の揚げパン)にサラミ類盛り合わせ、
ポレンタ(とうもろこしの粉でできている)のフライにゴルゴンゾーザソース、
ポテトのベシャメルソースとトリュフがけ。
a0142810_18204.jpg

とくにクレシェンティーネは丸かったり四角かったり、薄かったり分厚かったり
店や地域によって形も呼び名もかわるものの、エミリア・ロマーニャのもの。
ラードかピーナツオイルで揚げる。
わたしは分厚いのが好き。あぶらギッシュな。
老舗パティスリーBilliのアペリティーヴォででてくるそれなんて最高♪

そしてプリモ。
定番中の定番、タリアテッレ・アル・ラグー。
a0142810_1821439.jpg

これ、大好きなんだけど多くて食べ飽きるっていうのが難点。
結局トルテッリーニ・イン・ブロード(肉のブイヨンにしずんだラビオリ)のほうが好きかも。

セコンドはいつもたどりつけず、デザート。
a0142810_1823331.jpg
クレーマカタラーナ
(クレームブリュレ)、
ジェラートもりあわせ、
マスカルポーネ。


焼き栗はサービス。
a0142810_1833066.jpg

秋ですね。

と、オーナーで友人のディーノ登場。
a0142810_183929.jpg
食後酒をふるまってくれた。

ディーノもこの夏コルシカ
船できていて、
婦人のステファニアが体調が悪くなり、
港で落ち合ってパオラ&ジジと一緒に
病院に立ち会ったのだった。
そしてパオラ&ジジ宅に誘って、
私がランチを振舞ったのだった。

それで「ボローニャに帰ったら
ご馳走するから着てね!」といわれ、
「約束覚えてるかねー」と淡い期待を
してきた今日のディナーだった。


さすがディーノ、約束はちゃんと覚えていて、今日はちゃっかりご馳走になりました♪
a0142810_1854051.jpg

”さようなら”の門をくぐって、「また来ようね」とみんなで約束。
[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-14 23:43 | buono!

ELLE italiaに掲載

イタリアのELLE 11月号に作品発見!
a0142810_334071.jpg


とはいえメインは以前紹介したLUXなサングラスブランド、Raffaella di Montalban
a0142810_3371859.jpg
”サングラスと高価な
イアリングの掛け合わせ”
とは、まさにその通り。

このあたま、先日追加で10個
おさめたところ。
どんどん活躍してほしい。


[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-12 03:17 | art & design

秋の新作@Camera Con Vista

ボローニャの顔、2本の塔からほど近く、
フレンチテイストのアンティーク家具やインテリア雑貨を中心に
高感度な商品がそろうCamera Con Vista
Camera Con Vista Fabricsのカミッラのリクエストで
さまざまな作品を作ってきた。

最新作は、布にイラストをかいた作品。
小さなクッションのようになっている。
a0142810_21274496.jpg


「雲の上での紅茶のチケット」「月のうえの遠足のチケット」など
各作品に引換券がついていて、
ティーパーティーやディナーのインビテーションとして贈るという
カミッラの提案。
a0142810_2129164.jpg

これは「うちでディナー」用。
ちいさなイルミネーションがかわいい。

このテイストのイラストで、クリスマス使用のものも作る予定。
a0142810_21282981.jpg


a0142810_21275939.jpg


[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-11 21:16 | art & design
東京がデザインイベントで盛り上がっていたのを
なつかしいなぁ~と思い出していたところ、
ここボローニャとおとなりモデナでもデザインイベント、Open Design Italiaが開催中と知った。

11月10日は”デザイナーのスタジオでアペリティーヴォ”という、
業界に興味がある学生からデザイン好きな一般人まで楽しいイベントが開催された。

お邪魔したのは、ボローニャ中心から7キロほどのところにあるファビオ・ペドリーニ・デザイン。
a0142810_19353885.jpg

プロダクトデザイナーで発明家のファビオ、
先日は親戚があつまるランチに招待してくれた、気さくなパパでもある。

モックアップがごろごろしているスタジオ。
a0142810_19231394.jpg


ファビオが開発した画期的なトレーニングマシン。
a0142810_19233587.jpg

内容は企業秘密、でもとにかくすごい!
製品化して来年の東京デザイン祭で出会えることに期待したい。

a0142810_20535419.jpg
実は今日は長男ピエロの
誕生日。
スタジオにはキッズもたくさん
来ていて、かなり賑やか&
アットホームなアペリティーヴォに。

サッカー好きなピエロ、
足が生えた”おめでとうピエロ”
オブジェをプレゼント。
足元にミニサッカーボールを
添えたいところ。


おめでとうピエロ!
a0142810_19235298.jpg


[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-10 23:49 | day 2 day

ひなたのゆず

ぐずついた天気が続くボローニャ。
明け方降っていた雨は朝にはやみ、陽がさしてきた。

日向ぼっこ大好きのゆず。
このまどろみの表情!
a0142810_16494888.jpg


ただしくはこうでした。
a0142810_1650187.jpg
太陽がでていると
おとなりさんの玄関先の
マットの上にごろごろしている。
見つけると「うちの前にいなさい!」と
しかるけど、
しっぽ振ってまーす。


[PR]
by grazia_chizu | 2010-11-10 07:20 | day 2 day