ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

カテゴリ:buono!( 376 )

おいしい日曜日

今日もいい天気。
a0142810_02423199.jpg
朝はビアンカとフリゾンの卵で目玉焼きではじまる。
a0142810_02431703.jpg
近所の豚肉屋さんの新鮮なレバーと庭のローリエを豚の脂肪のネットで包んで焼いた。
a0142810_02445131.jpg
ゆまみうには不評だったけど、あ〜美味しかった!
a0142810_15104196.jpg
ジャガイモのホイル焼きバターのせはこの食べっぷり。
a0142810_15111175.jpg
このあと高さ40cmはありそうな業務用鍋で豚骨スープ作り。

げんこつはないけど豚足、しっぽ、どこぞの骨入り。

下ゆではしなかったけど臭みもなく6時間でお〜いしいスープに。

明日はこれをラーメン仕立てにするのだ。楽しみ〜!

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-23 02:41 | buono!
何事も始めたら長続きするほうかといえば、
…そうでもないほう。

それでも続けているのは天然酵母のパン作り。
a0142810_15451600.jpg
昨年秋だったかな、友だちに分けてもらった天然酵母を培養して作っている。週一度、そろそろパンが無くなるかな、というころ、午前中に酵母を仕込む。90gの酵母にぬるま湯75g、小麦粉90gをよく混ぜ、あたたかいところで発酵させる。夕方、よく発酵したら、ぬるま湯300ccと砂糖を混ぜ、粉500g強を混ぜ込んでいく。粉は約半分は強力粉(tipo 2)、半分はライ麦、そら豆粉、ファロ麦などその日によっていろいろ。塩は入れたりいれなかったり。麻の実やゴマ、ひまわりの種を入れることも。これをバウレット(長方形)の型にいれて一晩発酵させ、朝焼き上げる。
2次発酵はさせず、こねるのも5分ほど。それでもしっとりもっちり好みのパンに仕上がる。手抜きでもおいしくオーガニックのパンができるのが続けられている秘密だろう。

ちなみに始めたものの続けなかったものの(数あるなかの)ひとつに、ゴールデンミルクがある。
1月に始めたゴールデンミルク。美味しいし健康に抜群にいいらしいというので1日1杯どころでなく2、3杯飲んでいたせいかは定かではないが、胃痛に見舞われた。胃が固まって背中を伸ばせず前かがみになる感じ。ターメリックを取りすぎたのだろうか。量の問題なんだろうなぁ。これをやめたら胃痛もなくなったので、そのまま飲まなくなってしまった。なんだか残念。そのうちまた少量で始めるかも。


[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-20 15:43 | buono!

クイック丼ぶりランチ

かれこれ1年以上前からお昼はパオロが作っている。男のパスタはなかなかうまいのだ。パスタのあとわたしが気まぐれサラダを作って2品料理がいつものコース。

ここ最近お昼に帰って来ないので1人でクイック丼ぶりランチ。
a0142810_05020154.jpg
前日の残りの雑穀米は冷えたままどんぶりに。そこに茹でた芽キャベツやブロッコリー、茹でたお湯に酢をたらし自家製たまごをおとしポーチドエッグ風に。麻の実などナッツに麻の実オイルと醤油をたらしたらベジ玉子丼のできあがり。あ〜納豆入れてネバネバ丼にしたいなぁ。納豆を作りたくてドライ納豆を送ってもらったもののまだ実践していない。とおくないいつの日かやるのだ!


[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-15 05:01 | buono!

マヨのおかげ

週4(いや5かな)は煮物系ごはん。カレー味味噌味クリーム系トマト煮込みと同じような材料で味付けを工夫。

あきたらオーブン焼き。
a0142810_17541389.jpg
具を準備している間にニンニク、ジャガイモと玉ねぎを先にオーブンに。焼けたら具(この日は蒸したカボチャにほうれん草、前日の残りのレンズ豆と野菜煮込み)を乗せて、薄切りのカルチョフィ、チーズ、パン粉にオリーブオイルをかけてオーブンに。その間にマヨネーズを作って野菜を蒸して、出汁入り雑穀米を炊いて、はい出来上がり。

ゆまみうは最近カボチャがキライーと、イヤなこというけどほうれん草で緑にカモフラージュ。さらにマヨネーズかけていいよ、というと食べる。自家製たまごのマヨネーズはおいしいのだ。

さてみう。プリンセスに憧れている。いつも「白雪姫の服作ってー」とか「ガラスの靴作ってー」(こりゃ大変)とか願望が非常に強い。仕方ないのではかないけどヴィンテージで買ったヒールを与えたら大よろこび。しばらくこれでもってくれるといいけど。
a0142810_17554388.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-09 17:52 | buono!

大根フリット

いつもに八百屋に大根が並ぶようになった。それでおせち料理のレシピを検索しているとき見つけた大根フリットレシピを試してみた。
a0142810_16513370.jpg
しょうゆ(に潰したニンニク追加)につけて10分ほど、片栗粉と小麦粉をまぶしてフリット。言われないと大根と気づかれない味に変身。グルテンアレルギーのお隣さんには片栗粉だけで作ったけどぜんぜんオッケー。素晴らしいべジタリアンレパートリーが増えた。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-23 16:50 | buono!
今年はじめのガールズナイトアウト。前回行けなかったペルシャ料理のお店Parsに。

ペルシャ人の友だちが以前作ってくれた炊き込みご飯ケーキ(甘くないよ)みたいなのが忘れられない美味しさだった。それが唯一のペルシャ料理体験だけど、なにやら美味しそうだ、美味しいに違いない!とおもっていた。

さて人気店Pars、今日も満席。メニューはたくさーんあってどれもおいしそう〜 とにかくお米を食べるらしい。
a0142810_17205595.jpg
カテリーヌとフランチェスカは来店済みだった。カテリーヌが絶対に食べたいというブドウの葉のまきまきもののとナスのクリームのほかは、可愛くて超かんじのいいおねえさんが「私に任せて!」。頼りになる!

ブドウの葉の中は酸味のあるお米のサラダみたいなのが包んであった。
a0142810_02471184.jpg
ナスのクリームは、皮ごとグリルして冷水に浸けて皮をむいたかんじでスモークされてておいしい〜!スキムミルクとミント入り。
a0142810_17193257.jpg
蒸した羊にそら豆とハーブライス、トリとサフランとオレンジライス、カモのザクロとクルミソース。とライス。どれも新鮮な組み合わせ。美味しかった!もう一度食べるなら羊かなー。

ちなみに漆黒のアイラインがきまって占い師っぽいマダムいわく、料理はそれぞれ個性があるので混ぜずに食べるよういわれた。インド料理と大きな違いだ。

デザートもすっかりお任せで。ピスタッキオ、アーモンドパウダー、クルミとだーいすきなものが使われまくり。ペルシャ料理やっぱりいいわ!!
a0142810_02551867.jpg
オーガニック白ワイン1本にペルシャのお茶をいただいて3人で88€。大満足。また是非来たいお店決定!

[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-18 17:18 | buono!

ゴールデンミルク

またまたなんだか忙しくなってきた。
今週から5時(台)起きを習慣にしようと決めたところでもう1つ、習慣にしようと決めたのがゴールデンミルク。
a0142810_17234469.jpg
アユルヴェーダでよく使われるターメリック(ウコン)。その効能は、錆びない体を作る、炎症を抑える、消化器官促進、肝臓の働きを良くする、コレステロールを下げるなどいいことばかり。料理にもよく使うけど温かい飲み物の方が効率的にとれるしなにより「ゴールデンミルク」って美味しそう!とかなり前から気になっていた。

作り方はとっても簡単。まずはターメリックのペースト作り。
1/2カップの水、1/4カップのターメリックパウダー、小さじ1/2のブラックペッパーをぐつぐつ煮てペースト状に。このペーストは40日冷蔵庫で保存できる。(写真中央がその瓶詰め)

それを1カップのミルク(牛乳、アーモンドミルク、ライスミルクなどなんでも)、小さじ1のココナッツオイル、小さじ1/4のターメリックペーストを火にかけあたため、カップに入れて少し冷ましてからハチミツを入れる。
a0142810_17554369.jpg
ハチミツは加熱すると体にいい成分が失われるのであっつあつには入れない。

これ、むしろパオロに飲ませたいところ。きっと嫌がると思ってすすめたことないけど、薬だっていったら飲むかな。よし、明日から習慣にさせよう。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-17 17:23 | buono!

行きつけ

日本からの友だちが来るといつも馴染みのレストラン、チェザーリに。
a0142810_17582779.jpg
ボロネーゼならここが最高!!というわけでは、ない。家から近く、なによりオーナーやスタッフもよく知っていること。子どもがいるとレストラン選びは融通がきいて居心地がいいことがいちばん大事な条件になる。

イタリアのレストランはイタリア人同様波があるもの。そういうものだ。時間はかかったけどこのカッポーネ(去勢鶏)、美味しかったなー。
a0142810_17591759.jpg
そうそうパンナコッタはいつも最高に美味しい。
a0142810_18115029.jpg
いつもありがとう、また来るね!



[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-13 17:56 | buono!

ジューサー

2週間の冬休みが終わって今日から学校、日常が戻った。

もう1ヶ月前に届いていたけど時間に追われて使っていなかったスロージューサーをついに使ってみた。
a0142810_18341523.jpg
夏前から畑の野菜を子どもたちに生でたっぷり食べさせたりジュースデトックスに欲しいなーと購入を検討していたスロージューサー、結局選んだのはイタリアのブランドClasseのVivo。1分43回転のほか、決め手はBPAフリー、プラスチックを使わず安全な素材を使用していること。モーターやその他部品の保証や交換もしっかりしていることも。

手始めにこんなものを入れてみた。
a0142810_18350370.jpg
あとビーツ。
a0142810_18353462.jpg
右がジュース、左が繊維。繊維も細かいのでこのままオリーブオイルとおいしい塩でサラダにできるくらい。
a0142810_17463870.jpg
ビーツが入ると色も鮮やか。おいしいおいしい。セロリの葉っぱの苦味のせいで子どもたちには不評だったけどいろいろ使えそう。絞りかすは今夜のスープに。

期間限定セット価格230€(くらい)で購入、スムージーやソース用のフィルター、ガラス瓶や瓶や袋に真空にできるキットもついてきた。葉っぱものもいけるから春になったらオルティーカやボラジもやってみよう。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-09 18:32 | buono!

ザワークラウト

北イタリアはウディネにいるお姉さんのところから帰ってきたユリアが「オーストリアのファーマーズマーケットで新鮮なザワークラウトが手に入ったの!」とごはんに誘われた。
a0142810_17325666.jpeg
じゃじゃーん。本場ホンモノのザワークラウト。酸味のあるキャベツ(なんだって!酢+発酵したものかと思った)を細切り、塩漬けにしたもので、スーパーにあるような瓶詰め、真空のものとは全く違うそう。
a0142810_01244547.jpeg
スペックにクローブなのスパイスといっしょにぐつぐつ。甘いカラシやホースラディッシュといただきまーす。
ケーニヒスベルク風肉団子も美味しかった。
ユリアの家に誘われるとたいていカルロがごはん作ってくれるのでユリアの郷土料理フルコースは初めてだった。そういえばわたしも全品和食ってふるまったことないかも。今度作ってあげよ。


[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-23 17:32 | buono!