ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:amici / friends( 231 )

ボローニャの歴史ある市立劇場テアトロコムナーレで仲良しのやすこちゃんの初のオペラ舞台。
a0142810_23292558.jpg
お題目はLa Serva Padrona、奥様女中。18世紀前半に書かれたオペラでジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ作曲のオペラブッファ(オペラの一形態、訳しておもしろオペラ)。
a0142810_15464390.jpg
女中やっちゃん、なんともはまり役!下っぱ使用人(人気コメディアン、ヴィート)を利用してパトロンと結婚にこぎつけるというお話。
a0142810_15575092.jpg
ソプラノ歌手のやすこちゃん、いつもは1人で(もしくは演奏者と)舞台に立っていて、動きもからみもあるオペラは初めて。よーくがんばった!!
a0142810_15580729.jpg
歌に動きのメモメモ。これ覚えるなんて!持って生まれた才能なんだな〜。
a0142810_15585089.jpg
シアターのホワイエ(休憩スペース)で行われた舞台。えーなんでシアター自体の舞台じゃないのーと思ったけど、ここならでわの動きと距離感がよかった。
a0142810_15543277.jpg
イタリアではオペラも身近。このシアターでもいい舞台がたくさんある。もうちょっとゆまみうが大きくなったら是非連れてきたい。



[PR]
by grazia_chizu | 2017-05-02 23:28 | amici / friends

ウェディング

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-30 23:28 | amici / friends
パスクァの翌日も祝日で今日もぞくぞくお友だちが美味しいものを持ってきてくれた。
a0142810_17001172.jpg
山のおうちからいったん戻ってきたというベアは、朝揚げたてのクレシェンティーニをカゴいっぱいに!
a0142810_17005660.jpg
これにフレッシュチーズやリコッタ、いちじくやさくらんぼのマルメラータをはさんでいただく。そういえばサラミがなかったけど充分だった。
ラヴェンナの実家帰りのフランチェスカは厚手のピアディーナやほうれん草やチーズを二つ折りで挟んで焼いたカッソーネ(これはリミニのほうでの呼び方だったっけ)をたっぷり持ってきてくれた。もうおなかいっぱーい!

子どもたち5人は四方八方駆け回り、まぁ賑やかなこと。パパたちとオタマジャクシがどうなったか見に行った間ママたちはお茶とおしゃべり。3人とも78年生まれで偶然状況が重なっていたりしてあ〜よく笑った。
オタマジャクシは子ガエルになってたって!来週は見に行こう。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-17 16:59 | amici / friends

ゆずやさんで。

久々の女子会。いつものメンバーで念願のゆずやに。
a0142810_15594811.jpg
去年の夏にできたボローニャ界隈唯一の本物の日本の家庭料理屋さん。運営する大和撫子おかあさんたちはみんな友だち。1ヶ月ほど前に予約の電話をしたら金曜夜の部は19時と21時2回転で21時の部はパスクァまでいっぱいですと。それで19時の部に。

フランチェスカは日本出張から帰ったばかり。まず鶏肉のフライ(照り焼きソースがからめてある)、シャケの照り焼きをリクエスト。あとなすの味噌炒め。カテリーヌはワカメを食べたがったけどなかったのでアンティパストミストのもずくをすすめた。ごはんものはうなぎ丼を。どれも美味しかった。餃子は肉肉しかったな。キャベツたっぷり好きな私は今度みんなで作ろうと提案。カテリーヌ(ベルギー)はそれじゃ私はワッフル、ユリア(独)はカルトッフェル・プッファー(じゃがいものおやき)を、フランチェスカ(伊・ラヴェンナ)はピアーダを教えてくれるって。たのしそう〜!



[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-07 15:58 | amici / friends

広場でオンネア!

みうの幼稚園の友だち、テオのママ、マユはサンフランシスコ育ちのフィンランド人。

私と同じ78年生まれ。30代最後の誕生日は、学校のあとサンフランシスコ協会の広場で乾杯するから寄ってね。と誘われて、子どもたちでいっぱいの広場に。
a0142810_13340891.jpg
Onnea はフィンランド語でおめでとう。

最近広場は緑地化されて長方形の椅子というかオブジェというかがたくさん置かれた。いろいろ言われているけど遊具がなくても子どもたちは駆け回ったり登ったり飛び降りたりいつも楽しく遊んでいるし私はいいと思う。もっと遅くなると広場で飲んだり音楽したりする若者でぎーっしりいっぱいになる。これはあたたかいきせtづはいつも。長らく工事で閉鎖されている間に毎週火曜日にあった花市が移転してしまったのは残念だけど。
a0142810_13345607.jpg
日曜日に夏時間になって19時をまわってもぜーんぜん明るい。いい季節になったなぁ。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-29 13:32 | amici / friends

おともだち

保育園のときは特に特定の友だちを指名することはなかったみう。幼稚園にはいったら、よくクララ、イレーネ、フラミニィア、と男の子2人の名前が出てくるようになった。

放課後、今日はクララのうちへ。
a0142810_12570934.jpg
ドイツ人の薬剤研究者のママいわく、クララもみうと同じ友だちの名前をいつも呼んでいるそう。幼稚園にいくとクララもイレーネもフラミニィアもいつもにこにこ駆け寄ってくるのに、みうはツンと見下ろし目線で「あなたはわたしの友だちじゃない」とかいうからこっちがハラハラ。怒ると腕組みしてくるりと向こうをむいてから振り向きガンをきかせる。いったいどこで覚えたのやら。ホントにやめてほしい。みんな「双子座だからねー」(手強いよ)と笑う。ちなみにみうとクララは同じ誕生日。でもクララはおっとりしてるけど。
a0142810_12574020.jpg
お姉さんのエンマはゆまと同い年。髪型(2人とも後ろでみつあみしてるのがほどけている)、たまご顔、なーんか似てませんか?

今日も帰りがたーいへんだった。みうが帰りたがらなくて。そして物欲がすごい。エルサの服だとか指輪だとか(なにそれ?)シンデレラのガラスの靴だとか。友だちのものを「これわたしにプレゼントしてくれる?」とかいう。恥 ゆまは全くこんなことなかった。これも「期間限定」だといいなぁ。あ〜はやいとこ終わって欲しい。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-24 12:53 | amici / friends
今年2回目の女子会。今回は念願叶ってユリア初参加。
a0142810_17101494.jpg
ニコリーノが産まれてから初めて1人で夜(ごはん)遊び。カンパーイ!

"若者"でいっぱいの活気のあるバールでアペってからお隣のトラットリアLa Serraへ。
人気のお店は数週間前に予約が鉄則。トリップアドバイザーでトップランキングのここはカテリーヌのパスタフレスカ(生パスタ)のお店のライバルでもある。偵察もかねて念願の入店。
a0142810_17111902.jpg
とーっても食べてみたかったトルテッリーニとトルテッローニはほーんとに絶品、いままででいちばんってくらい美味しかった。

プリモの前にはカルチョフィの肉詰め、セコンドにはウサギのパンチェッタ巻き。まあまあ。

ドルチェを前にして毒舌カテリーヌが歯に絹を着せず「ボローニャのってかイタリアのドルチェはレベル低すぎ。」と爆弾ドカーン。
a0142810_17124231.jpg
「トラディショナルとかいってるズッパイングレーゼは余り物の寄せ集めにどぎつい色のリキュールなんかかけて、絶対禁止にすべき」って。ちなみにちいさなグラスで出してくれたズッパイングレーゼは「レストランからのサービスです」。と教科書通りのかわいいカメリエーラ。毒舌聞こえた、かなぁ。

カテリーヌ、「パンなんて恥。」とボローニャいちのパン屋フォルノブリーザのパンを放り投げながら「これだってぜーんぜんダメ。」とまだまだ続く。これにユリアまで参戦。
a0142810_05105046.jpg
美味しくても日常価格をはるかに超えてるしバリエーションもドイツのパン屋に比べたら比べ物にならないほど少ない。んだそう。

気づけばやっぱり私たちが最後の客。丁寧にご挨拶して店の外へ。そしてまだまだ立ち話。あ〜笑った。初参加のユリアは「最高に楽しかった!今日はいままでなかったところのお腹の筋肉がついちゃった」。パパたち、来月も子どもたちの面倒よろしくね〜

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-16 17:19 | amici / friends
来週あたりからスキー休みをする人も多い。みうのクラスメイト、フラミニィアも山ヴァカンスにいくそう。カルナヴァーレ(カーニバル=謝肉祭)にはまだ早いけど、放課後仮装パーティに誘われた。ハロウィンもカーニバルも好きじゃないけど仲良しのフラミニィアのお誘いにコスチューム無しだけどお邪魔した。
a0142810_06242827.png
金髪クリ毛で目が青いフラミニィアに何枚もあるエルサの服を借りて目がキッラキラのみう、フラミニィアのお兄ちゃんルカの芸にハーモニカ吹きながら大笑いする3歳児たち。かわいいじゃーん。このお宅がまたひろ〜〜くて素敵だった。フラミニィアそっくりのママ、サラは小児科の薬剤師とわかった。知ってたら飛び火の相談してたかも?!


[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-08 06:23 | amici / friends

クロエのバースデー

雨の日曜日。昼過ぎに森まで作品を取りに来る人を待って、早々に下山。いつも週末にある誕生会には行ってなかったけど、今日は別。1カ月前から釘を刺されていたカテリーヌの次女クロエの誕生会に。
a0142810_16401369.jpg
小さいときはクラス全員に声をかけて誕生会をすることが多く、人数が多いと屋内の場所を場借りることになる。これがまたねぇ。苦手。
a0142810_16571591.jpg
パーティ上手のカテリーヌ、夏生まれの長女のミラは公園で、冬生まれのクロエは自宅でパーティ。
a0142810_16405320.jpg
お友だち何人いたかな。風船で動物や剣をつくったりフェースペインティングがあったりちゃんと出し物もあってえらいわ〜。
a0142810_16423384.jpg
みうはたくさーんのおもちゃに埋もれて夢のよう。
a0142810_16432810.jpg
毎回帰りは大騒ぎ。泊まっていっていいよ、っていわれるといつもそうしたがってこれまた大変。夜いまだに度々起きるのでまだお泊まりは無理じゃないかなぁ。でもこの夏にはお泊まりデビューさせたいな。カテリーヌよろしく!

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-05 16:38 | amici / friends

ジジにエール

犬ともと今年はじめのディナー。出がけに鬼は外福はうち!をして、アドリアーナとジジの家へ。
a0142810_05241886.jpg
アドリアーナ(右奥)は週明けからお父さんと弟家族が住むコロンビアに50日間の旅に出る。昨年末に亡くなったお母さんの供養もかねて。ジジ(左から2番目)ははやくもしょんぼり気味。

スプマンテのコルクを抑える針金で作ったジジもなんだかそんな心境を写しているようないないような。
a0142810_05340188.jpg



[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-03 05:22 | amici / friends