ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

カテゴリ:amici / friends( 226 )

おともだち

保育園のときは特に特定の友だちを指名することはなかったみう。幼稚園にはいったら、よくクララ、イレーネ、フラミニィア、と男の子2人の名前が出てくるようになった。

放課後、今日はクララのうちへ。
a0142810_12570934.jpg
ドイツ人の薬剤研究者のママいわく、クララもみうと同じ友だちの名前をいつも呼んでいるそう。幼稚園にいくとクララもイレーネもフラミニィアもいつもにこにこ駆け寄ってくるのに、みうはツンと見下ろし目線で「あなたはわたしの友だちじゃない」とかいうからこっちがハラハラ。怒ると腕組みしてくるりと向こうをむいてから振り向きガンをきかせる。いったいどこで覚えたのやら。ホントにやめてほしい。みんな「双子座だからねー」(手強いよ)と笑う。ちなみにみうとクララは同じ誕生日。でもクララはおっとりしてるけど。
a0142810_12574020.jpg
お姉さんのエンマはゆまと同い年。髪型(2人とも後ろでみつあみしてるのがほどけている)、たまご顔、なーんか似てませんか?

今日も帰りがたーいへんだった。みうが帰りたがらなくて。そして物欲がすごい。エルサの服だとか指輪だとか(なにそれ?)シンデレラのガラスの靴だとか。友だちのものを「これわたしにプレゼントしてくれる?」とかいう。恥 ゆまは全くこんなことなかった。これも「期間限定」だといいなぁ。あ〜はやいとこ終わって欲しい。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-24 12:53 | amici / friends
今年2回目の女子会。今回は念願叶ってユリア初参加。
a0142810_17101494.jpg
ニコリーノが産まれてから初めて1人で夜(ごはん)遊び。カンパーイ!

"若者"でいっぱいの活気のあるバールでアペってからお隣のトラットリアLa Serraへ。
人気のお店は数週間前に予約が鉄則。トリップアドバイザーでトップランキングのここはカテリーヌのパスタフレスカ(生パスタ)のお店のライバルでもある。偵察もかねて念願の入店。
a0142810_17111902.jpg
とーっても食べてみたかったトルテッリーニとトルテッローニはほーんとに絶品、いままででいちばんってくらい美味しかった。

プリモの前にはカルチョフィの肉詰め、セコンドにはウサギのパンチェッタ巻き。まあまあ。

ドルチェを前にして毒舌カテリーヌが歯に絹を着せず「ボローニャのってかイタリアのドルチェはレベル低すぎ。」と爆弾ドカーン。
a0142810_17124231.jpg
「トラディショナルとかいってるズッパイングレーゼは余り物の寄せ集めにどぎつい色のリキュールなんかかけて、絶対禁止にすべき」って。ちなみにちいさなグラスで出してくれたズッパイングレーゼは「レストランからのサービスです」。と教科書通りのかわいいカメリエーラ。毒舌聞こえた、かなぁ。

カテリーヌ、「パンなんて恥。」とボローニャいちのパン屋フォルノブリーザのパンを放り投げながら「これだってぜーんぜんダメ。」とまだまだ続く。これにユリアまで参戦。
a0142810_05105046.jpg
美味しくても日常価格をはるかに超えてるしバリエーションもドイツのパン屋に比べたら比べ物にならないほど少ない。んだそう。

気づけばやっぱり私たちが最後の客。丁寧にご挨拶して店の外へ。そしてまだまだ立ち話。あ〜笑った。初参加のユリアは「最高に楽しかった!今日はいままでなかったところのお腹の筋肉がついちゃった」。パパたち、来月も子どもたちの面倒よろしくね〜

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-16 17:19 | amici / friends
来週あたりからスキー休みをする人も多い。みうのクラスメイト、フラミニィアも山ヴァカンスにいくそう。カルナヴァーレ(カーニバル=謝肉祭)にはまだ早いけど、放課後仮装パーティに誘われた。ハロウィンもカーニバルも好きじゃないけど仲良しのフラミニィアのお誘いにコスチューム無しだけどお邪魔した。
a0142810_06242827.png
金髪クリ毛で目が青いフラミニィアに何枚もあるエルサの服を借りて目がキッラキラのみう、フラミニィアのお兄ちゃんルカの芸にハーモニカ吹きながら大笑いする3歳児たち。かわいいじゃーん。このお宅がまたひろ〜〜くて素敵だった。フラミニィアそっくりのママ、サラは小児科の薬剤師とわかった。知ってたら飛び火の相談してたかも?!


[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-08 06:23 | amici / friends

クロエのバースデー

雨の日曜日。昼過ぎに森まで作品を取りに来る人を待って、早々に下山。いつも週末にある誕生会には行ってなかったけど、今日は別。1カ月前から釘を刺されていたカテリーヌの次女クロエの誕生会に。
a0142810_16401369.jpg
小さいときはクラス全員に声をかけて誕生会をすることが多く、人数が多いと屋内の場所を場借りることになる。これがまたねぇ。苦手。
a0142810_16571591.jpg
パーティ上手のカテリーヌ、夏生まれの長女のミラは公園で、冬生まれのクロエは自宅でパーティ。
a0142810_16405320.jpg
お友だち何人いたかな。風船で動物や剣をつくったりフェースペインティングがあったりちゃんと出し物もあってえらいわ〜。
a0142810_16423384.jpg
みうはたくさーんのおもちゃに埋もれて夢のよう。
a0142810_16432810.jpg
毎回帰りは大騒ぎ。泊まっていっていいよ、っていわれるといつもそうしたがってこれまた大変。夜いまだに度々起きるのでまだお泊まりは無理じゃないかなぁ。でもこの夏にはお泊まりデビューさせたいな。カテリーヌよろしく!

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-05 16:38 | amici / friends

ジジにエール

犬ともと今年はじめのディナー。出がけに鬼は外福はうち!をして、アドリアーナとジジの家へ。
a0142810_05241886.jpg
アドリアーナ(右奥)は週明けからお父さんと弟家族が住むコロンビアに50日間の旅に出る。昨年末に亡くなったお母さんの供養もかねて。ジジ(左から2番目)ははやくもしょんぼり気味。

スプマンテのコルクを抑える針金で作ったジジもなんだかそんな心境を写しているようないないような。
a0142810_05340188.jpg



[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-03 05:22 | amici / friends

ニコリーノんちで

ナターレまえ最後のニコリーノんでごはん。
a0142810_06102059.jpg
ユリアはわたしたちにプレゼントを用意してくれていた!サン・ニコラウスにお祝いしたからそれでおしまいと思っていたよ。ありがたや。
a0142810_06110673.jpg
カルロは今日患者さんの冷凍食品マーケットオーナーから冷凍の魚介を3キロもらったとかで、魚介三昧のディナーを用意してくれた。

a0142810_06130167.jpg
至れり尽くせり。もうイブの気分。

私はチーマディラーパの一品と、ドルチェにバターミルク(牛乳にリンゴ酢で代用)とシナモンのケーキ。
a0142810_06133495.jpg
はじめて作ったけどふわっと美味しくできた。

ナターレまであとすこーし。やることまだまだい〜っぱい。がんばるぞ!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-12-20 06:09 | amici / friends

サン・ニコラウス

12月6日はサン・ニコラウス。サンタクロースの起源はこの聖人とか。ドイツやベルギなど北の国では夜ドアの外に子どもたちはブーツ(たくさん入るように)と、ミルクなど飲み物とビスケットなど食べものを置く。朝になるとブーツにプレゼントやミカンやナッツ、金貨のチョコレートなどがいっぱい…というわけ。
a0142810_15321074.jpeg
今年はニコリーノのうちで。
a0142810_15331524.jpeg
カルロはイカ、エビ、タラなど魚介(とカエル!)のフリットを作ってくれた。
a0142810_15342630.jpeg
そしてお得意のカルチョフィ蒸し焼き。中にはカルチョフィの茎がぎっしり詰めてある。サイコー♡
a0142810_15361479.jpeg

そうこうしているうちに、扉の外で物音が。「ニコライ、レオ、今年はいい子にしてたかな?」ってなところでニコリーノは「あっ、ダビデのパパだ絶対!!」なーんてもぉ〜!(来年は来てくれないかもよー!?)
a0142810_20055645.jpeg
さてさてサンなんちゃら(笑)は何を持ってきてくれたのかなー。
a0142810_20065140.jpeg
わたしからはおべんとう箱セット。日本からいつものようにSAL便で送ってもらったけどこれが1ヶ月経っても着かない。でも日本郵便からのトラッキングでは税関通って発送されて保留って。え?保留?中央郵便局に行ってみるとなんとあった。それも「不在」だなんて。不在届け入ってなかったぞ。最近うち界隈担当の(イタリア郵便と提携している宅配会社会社SDA)兄ちゃんが変わった。いままでは持ってくる前に電話してくれたりしてたけど、今度の担当者はタバコくわえてやってくるしどうもやり手っぽくなかったな、そういえば。特に12月は宅配屋はクオリティが下がるようで困るわ。みんなイライラしてるしね。

なんてことはさて置き、待ちに待った荷物にはカルロとユリアへのプレゼントも入っていた。カルロにはGlobalのナイフ。ユリアにはカバン作家カガリユウスケの名刺入れ。この夏カガリユウスケのバッグがとってもいい!と写真を見せてくれてから私も興味があった。革にパテを塗って壁のような質感を作り、経年変化を楽しむというコンセプト。気になるのでまずは小物を見てみたいと、私も同じものを自分にプレゼント。あーほんとに届いてよかったー。ね、サン・ニコラウス。

[PR]
by grazia_chizu | 2016-12-06 15:29 | amici / friends
今夜はガールズナイト。
a0142810_05395225.jpeg
いつものようにカテリーヌのお店スフォリア・リーナでアペってから

駅の向こう側、ボロニーナにあるエチオピアレストラン、ハベシャ(Habesha)へ。

べべのフードブログにも紹介されていて気になっていた。
ボロニーナにあるハベシャは今年3月オープン。明るいオーナー夫妻の人柄か、着々とファンを増やしているようで、気づけばほぼ満席。
a0142810_05405984.jpeg
シェフ、ジェルマニシュはエチオピア出身、夫はイタリアの植民地でもあったエリトレア出身。戦争や問題が絶えない2国の料理もビールもここでは一緒にテーブルに並ぶのだ。
a0142810_05420177.jpeg
1つのお皿から手で食べる私たちはフランス、ベルギー、イタリア、日本(とドイツもいるはずだった)と気づけば多国籍。
a0142810_05424038.jpeg
エチオピアビールのお味は…イマイチ。笑
a0142810_05432344.jpeg
いろーんな料理を酸味のあるパンで包んだこれはまたナイフフォークがないと食べにくい料理。ゆで卵も丸ごと。お国変わればだなー。

気づけばもう0時。あーっという間のガールズナイト。「料理も美味しいしオーナーもいい人。あのインテリア、私が手入れしてあげたい!」とカテリーヌ。ほんとね、まずはまっ白な蛍光灯外すことだね。次はペルシャ料理かな〜

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-17 05:39 | amici / friends

ニコリーノ6才だ

ニコリーノの誕生日。プレゼントは日本から余裕で届くはずがまさかの届いてなかった事件。
それで急遽思い立ったのが、顕微鏡。将来なりたいものはパパカルロみたいに「科学者!」っていうんだからね。われながら名案。でも今日の今日でどうしようと探し回っていたら、なんとパオロの倉庫にあるって!

そして無事中古のこども用顕微鏡をプレゼント。じゃじゃーん。
a0142810_03055704.jpeg
さっそく玉ねぎの皮をセット。なつかしいなぁ。

カルロは18番のカルチィフィの蒸し焼きに
a0142810_03065726.jpeg
チーマディラーパのペストのオレッキエッテ。
a0142810_03080066.jpeg
ユリアのチョコレートケーキでハッピーバースデー♪
a0142810_05234618.jpeg
パパの背中を見て育ってるんだなー。
a0142810_05252071.jpeg
ちなみにこの坊や、誰でしょう。
a0142810_05354739.jpeg
もちろんカルロ。ニコリーノそっくり!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-11-16 03:03 | amici / friends

お迎えジジ

ユリアと杜の家の屋根裏で作業していたら
a0142810_14435396.jpeg
すっかりゆまとニコリーノのお迎え時間になっていた!

大慌てでボローニャに向かうものの40分はかかる。絶対間に合わない。ダメモトで犬とものジジに電話してみたら、行けるって。ゆまのお迎え代理人で登録しているけどニコリーノは登録してないから無理かなぁ、と心配したけど同じクラスの子のお母さんにも事情を説明しておいて、なんとか2人ピックアップ成功。

みうもピックアップしてもらって、ちょうど横断歩道を渡るところの信号で遭遇!
a0142810_14451269.jpeg
ジジお疲れさま、ほーんとにありがとう!!

[PR]
by grazia_chizu | 2016-10-19 17:42 | amici / friends