ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

カテゴリ:art & design( 287 )

ゾウのシャワー

5月の個展用の作品。
作りかけのゾウを壁にかけておいたら、幼稚園から帰ってきたみうが「シャワーするの」と鼻の下でシャワシャワ。
a0142810_14311613.jpg
これぞ子どもの発想力。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-14 14:30 | art & design

サメ

自分の誕生日プレゼントにとサメのオーダー。
a0142810_14283013.jpg
150cm。ワルっぽくていい。
a0142810_14290586.jpg

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-12 14:27 | art & design

鯉に牡丹

長〜く困難な大学生活を終えて、もうすぐ卒業する妹へと卒業のプレゼントのオーダー。
a0142810_15482901.jpg
滝を登る勇ましい鯉に可憐な牡丹は私も大好きなモチーフ。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-04-04 16:57 | art & design

花くま

この間フラワーフォームで作ったくま6体。
a0142810_13035899.png
フラワーベアになってお届けされたようで。
a0142810_13042247.png
なかなかのインパクト。
a0142810_13042861.png
こうなるともとの形はわからないなぁ。もっとざっくり作ってもよかった。笑

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-26 13:01 | art & design
a0142810_04571459.jpg
幅2mの地図は新しくオープンするB&Bへ。
泊まりにきた人の出身地に印をつけて行ってもらうそう。最初の宿泊客はカナダからだそう。世界中のフラッグがつくといいな。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-13 04:56 | art & design

パパくじら

海が好きなお父さんに、3兄弟からのお誕生日プレゼント。
a0142810_02160976.jpg
海の中にいるみたい。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-03-09 02:15 | art & design

オアシスくま

友だちのフローリストの近所にいったので顔をだしたら「そうだちづなら出来るかも!」と相談されて、フラワーフォームでくま作り。
a0142810_16582035.jpg
やすこちゃん実家の有光包丁1本でできた。
a0142810_16590517.jpg
どこからどう見ても、くま。
a0142810_16595680.jpg
面白そうだったので仕事放ってやったよーといったら、大喜び。子どものバテジモ(キリスト教の洗礼)に6体いるんだそう。えーそんなに!割りの合わない仕事だけど夏にたくさん手がける結婚式のディスプレーで使う鉢植えをたくさんくれるって聞いてるので快く引き受けさせていただきまーす。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-23 16:57 | art & design

海の音

...I prefer the sound of..ocean
a0142810_16394479.jpg
…英訳のほうが和訳より雰囲気がいいので。:)

海の家に飾られるフレーズ。デリバリーまでマッコウクジラとインスタレーション。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-02-13 16:38 | art & design
何カ月ぶりにボローニャで過ごす日曜日。昨日に引き続き今日も気ままにアート巡り。
a0142810_17113688.jpg
正午すぎ、MAMboのカフェでべべと合流、サーモンサンド片手に新聞を斜め読み。
a0142810_17270103.jpg
現代日本特集で恵方巻きのことも書いてあった。そうかもうすぐ節分だ。

カフェのあとは気になる展示をしているところを自転車ではしご。

なかでもよかったところを覚え書きで。

ボローニャのグラフィックや建築系の人は必ずお世話になった印刷所(だけではない)エリオス。1966年創業、残念ながら6月に閉店になった。創業者で彫刻家ジュリオ・ジュリアーニは、なんとドライブイン印刷所を作ってしまった。
a0142810_17145777.jpg
車で入って小窓からプロジェクトをドロップインして駐車場に入ると青焼にしてくれてそのままドライブアウトとか、超モダンな発想。もちろん店内でプロジェクトに相談をすることもできた。このシステムは15年間続いたそう。
a0142810_17130692.jpg
工事はパオロのお父さんの会社が担っていたと聞いていた。

巨大な彫刻のモデル。こんな彫刻が置かれたジュリオの田舎のヴィラでは夏にコンサートが行われるそう。是非行ってみたい。
a0142810_17161189.jpg

こちゅらも同じ時代の建物。設計はカルロ・スカルパ。
a0142810_17212113.jpg
すてきなおもちゃ屋さんが入っていたけど昨年閉店。店内には泉があったり彫刻的な柱があったり遊び心いっぱい。
a0142810_17503499.jpg
お金を投げるべべ。笑
a0142810_17193367.jpg
今度はどんな店舗が入るだろう。

最後のメモは、光の魔術師マリオ・ナンニの光のミュージアム邸宅。
a0142810_17573991.jpg
中庭には天までとどく詩のはしごに、"浄化"の作品。

これは光のロープが生き物が呼吸するかのようにゆっくり点灯したり消えたりする作品。
a0142810_17585858.jpg

1700年代築の邸宅もすばらしい。
a0142810_18004560.jpg
小さなキッチンではスタッフ手作りのケーキやビスケットにカフェも振る舞われた。真鍮のシンクもいい。
a0142810_18014570.jpg
住居は上階にあって、大きなキッチンは木張りだそう。それはそれは素敵だろうなぁ。

こうしてホンモノにうっとりしていること、ゆまみうはサンタルカンジェロから森に遊びにきたヴェロニカの弟ジャンマリアと思いっきり遊び、夕方には映画館にいた。スピルバーグ監督のやさしい巨人の映画。いまではわたしが夜出かけるとかいちにちいないとかって日を心待ちにしている。映画やトラットリアでポイント稼ぐパオロ。いいじゃぁないですか。

[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-29 17:10 | art & design
ボローニャじゅうアートで盛り上がるアートシティーホワイトナイトの土曜日。ゆまみうはパオロと森へ。わたしはひとり悠〜々アートシティー散策。

ボローニャでお気に入りのひとつ、パラッツォポッジのミュージアム。化石や標本のなかにひょっこりこんな展示。
a0142810_23593566.jpg
半目開きゴリラの首とか。ちょっやだね。でも展示場所がマジカル。

この美術館は17世紀の地図もたくさんある。地球儀は1688年のもの。飛行機がない時代にどうやって描いたんだろう。すごいなー。
a0142810_00020087.jpg
一角で日本画展も。北斎もあったけど、渡辺省亭の作品。初めて見たけど動物も植物もいきい〜き。いいもの見た。
a0142810_00030431.jpg
サントステファノの7つの教会群内では
a0142810_00042313.jpg
礼拝堂のなかに光のインスタレーション。
a0142810_00053252.jpg
最近あちこちで見かけるけど場所って大事だなーとつくづく思う。

現代美術MAMboではドイツはあベルリンのアーティストJonas Burgert展。劇場的な構図で迫ってくる作品群。
a0142810_00070449.jpg
上階では常設展。ボローニャの静物画の画家といえばモランディー。その世界からインスパイアだれたマットなガラスをおもわせる作品に夕焼けのスカイライン。
a0142810_00080413.jpg
マッジョーレ広場に面する市役所うえの美術館についたのは夕闇が訪れる少し前。
a0142810_00091206.jpg
ここではキアラ・レッカの作品が。
a0142810_00101371.jpg
造花の葉っぱにふわふわに花らしきものはウサギの耳やらしっぽ?やら。食肉にされる動物のあまりものを使った作品はアーティフィシャルな素材とあわされなんともキッチュ。つるつるに磨かれた石の彫刻、とおもえばこちらも食肉にされた動物の内臓でできている。
a0142810_15212199.jpg

マッジョーレ広場に降り立ったらベルギー人の友だちカレン率いるの劇団のゲリラパフォーマンスが。
a0142810_00114401.jpg

それからスフォリアリーナで気の置けない友だちとアペリティーボして
a0142810_00124694.jpg

弁護士エリーザのスタジオギャラリーのオープニングに。
a0142810_00134417.jpg
ここで先ほどわかれたユリアから自転車が盗まれたと連絡があり、隣のとなりに停めたわたしの自転車も心配になりいったん駐輪場に確認に戻った。図書館サラボルサわきの駐輪場、人通りが多いのに自転車盗難率が高いと聞いたのはこのあと。やだなー。

帰宅したのは0時過ぎ。家族ができてから1人で過ごす2度目の夜。いつもみうにひっつかれて寝るのであったか抱き枕がないのが妙なのと、今日見たたくさんの作品とたくさんのおしゃべりがあたまのなかをぐるぐるしてなかなか寝付けない。それもたまにはいいってもの。


[PR]
by grazia_chizu | 2017-01-28 23:56 | art & design