ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu

カテゴリ:Scuola ( 3 )

小学校のフェスタ…

夏休みまであと1週間。ゆまの学校で年度末のフェスタがあった。
a0142810_16464729.jpg
ナターレのフェスタがあまりに酷くてまったく期待していなかったけど、やっぱり同じようなレベルだった。違いは大人は入場料4ユーロ取ること。先生たちがサングリアをふるまっていたけどなんだかなぁ。18時すぎに始まっていたけど私たちが訪れたのは20時すぎ、学校のTシャツとゆまが大好きなジャーナリストねずみジェロニモ・スティルトンの本を一冊買った。

暗くなってから砂絵と音楽のパフォーマンス。
a0142810_16472768.jpg
上手は上手だけそ、歌がオジサン向けでやけにノスタルジック。最後はアウシュビッツがテーマの歌でみんなくら〜くなったところで退散。もう22時近くですがね。明日は学校あるのにいいんでしょうかね。生徒たちが歌でも詩でも踊りでも披露する、とかそーんなことは公立の学校ではないんだろうか。日本の学校とは雲泥の差である。は〜

[PR]
by grazia_chizu | 2017-05-31 16:46 | Scuola

あかりのお祭り

みうの幼稚園で毎年恒例あかりのお祭り。
a0142810_06375845.jpg
あちこちにキャンドルが飾られ、薪でマシュマロを焼いたり大人にはホットワインがふるまわれたり、だれかのパパのロックなショーがあったり。自由でいいな。

さて昨日みうと作った交換用のお楽しみプレゼント。ちゃんと梱包されて「〇〇ちゃん/くんからのプレゼントです」と書かれ、くじ引きで交換された。
a0142810_06385805.jpg
みうには「オーマンが作った」怖い恐竜のツノで作った無敵のナタ、があたった。
案の定「やだー!」だって。
それでピエトロが同じく「やだー!」といっていたキラキラ流れ星と交換!
a0142810_06393073.jpg
よかったよかった。

ちなみにゆまの小学校でもフェスタがあったけど、これがまたチャリティ売店ばっかりでひどいもの。だれも何の披露もしない。がっかりだった。クラスのママにつかまり、「あなたアーティストなんですってね!来年のフェスタには是非クラスに何か作らせて!」だって。さてどう逃げようか・

[PR]
by grazia_chizu | 2016-12-22 06:37 | Scuola

ぺちゃくちゃ

ボローニャのチェントロにあるゆまの小学校、1年生は2クラス、1クラス23人。クラスの大半は外国人で36%は経済的に楽じゃない家庭とか。学校では残念ながら音楽も美術も授業はない。びっくりだけどこれはイタリアでは普通のこと。それでやりたい人には学校のなかでお金をかけて習い事のようにすることはできる。スポーツも無料ではないけど90%の家庭がokだったら先生が来て教えてくれるとか。でもその間払えない子は自習?いろいろ考えさせられる。
a0142810_17231860.jpeg
幸い担任の2人の先生たちはアクティブで、近くの博物館に連れて行ってクラスのチャットにこんな写真を送ってきてくれたりする。

このチャット(時代だなぁ)、先生が入ったものだから、また別のチャットグループが作られ、誕生日会やら子犬のもらい手やらなにやら先生へのナターレのプレゼントやら、ありとあらゆる会話が繰り広げられる。当然みうの保育園にもチャットグループがあり、ひっきりなしにメッセージが入ってもう大変。先生が写真を送ってくれたときも「かわいい!ありがとう!〇〇のママ」なんてのが何十通も来るのとになる。私はたいてい無言で会った時に言うようにしている。

そしていまもじゃんじゃんチャットのやりとりが。なになに、「最近子どもたちの衣服紛失が多いので服にはすべて名前を書いて家でも確認しましょう」とか「ところで明日ショーペロ(スト)ある?」とか。はぁー

[PR]
by grazia_chizu | 2016-10-24 17:22 | Scuola