ボローニャ在住、造形アーティスト小林千鶴のブログ。


by grazia_chizu
カレンダー

2016年 02月 05日 ( 2 )

ニコリーノとゆま

久々にニコリーノのうちに。
a0142810_18081086.jpeg
カルロの友達が作ったという50年もののバルサミコ酢をかけたパルミジャーノは格別な美味しさ。
a0142810_18130956.jpeg
子どもたちの席があるのにみうは私のお皿から。なんでも大盛りが好きなの。
a0142810_18140123.jpeg
大はしゃぎのこの方たち。
a0142810_18154455.jpeg
9月から同じ小学校にいくふたり、2クラスあるけど同じクラスになったら大さわぎしそう..!?

[PR]
by grazia_chizu | 2016-02-05 18:07

ロイアーネーゼに

パオロのトラックで森へ。
a0142810_03370195.jpeg
この盛り上げて平らにした道の下にはパオロの工事現場からでる瓦礫が埋まっている。
a0142810_03391896.jpeg
これをショベルカーでならして土をかけて道にする。おかげで道のところはぬかるまず、雨のあとでも問題なく家までいける。
a0142810_03520503.jpeg
ハッピーな人。


ロイアーノの市役所、デスクには3人のおばちゃんたち。今まで見たコンサート話しで盛り上がっていた。そのうち1人に住民票移転の手続きをしてもらう。1軒目の持ち家で家購入から1年半以内に住民票を入れれば(住んでいるか確認しに来る)税金が大幅免除になるのでわたし名義にしてありわたしだけロイアネーゼになった。
a0142810_03530782.jpeg
住人4300人ほどのロイアーノ、幼稚園〜農業高校まであり、大きい病院もある。スクールバスや放課後のアクティビティー申請書など。そのうち必要になるかな。ALBERI(木)には、木を切るときの申請書が。16ユーロの手数料だって。自分の敷地内でも立っている木を切るには許可がいるんだって、知らなかった。うちの森の木を切るとき申請した?とパオロに聞いたら、去年立っている木を切った時は申請したけど、最近切ったのは雪で根こそぎ倒れた木だから申請はいらないんだって。ふーん。

ロイアーノといえばのバール&レストランBenvenuti(ようこそ)でカフェして
a0142810_03540728.jpeg
帰り道、米兵が待機していたところを見学。
a0142810_03562464.jpeg
見えにくいけど穴があっちこっちに掘ってある。ここに入ってたらしい。防空壕?
a0142810_03582516.jpeg
ここで1944〜45年の冬を過ごした米兵。散髪してたり服着たロバがいたりなんか平和。
a0142810_03595163.jpeg
"ドイツ軍からふんだくったものを味見する米兵"
a0142810_04011290.jpeg
いつも通ってくる川の向こう側、黄色いところがドイツ軍、緑が米軍占拠エリア。一年間にらめっこしていた独米、うちの森にも米軍がいたけど戦場にはならなかったって。よかった!
a0142810_04023162.jpeg
左下にみえるのがうち。手前の森にはシカが住んでる。米兵もこの景色をみてたんだね。
a0142810_17555570.jpeg

ここでロイアーノおしまーい!の看板のむこーうに見えるのはボローニャの町、のスモッグ。灰色の雲に覆われている。盆地なので濁った空気がたまるボローニャ、ローマやミラノに次いで空気が汚い町なのだ。週末だけでも森に来るとすっきりするのはそんなことも関係してるに違いない。
a0142810_04034674.jpeg

[PR]
by grazia_chizu | 2016-02-05 03:34 | casa nel bosco